20k 圏内に残された動物たち 

2011年06月01日(水) 8時02分
3/11 東日本大震災。
皆で力を合わせて、被災された方達を支えなければいけないのに、国の対応はいまいち。ましてや、20k圏内の警戒区域に人が立ち入れなくなって、残されたペット、家畜は、多数が餓死して死んでいると聞きました。信じられない!チェルノブイリや、新潟県中越地震で孤立した旧山古志村の時は、人間と一緒に動物達も避難したというのに。

首相官邸、民主党、自民党、公明党や関係各所、マスコミ等に助けて頂く様に、メールしています。一日でも早く、動物も救済もされる事を切に願っています。

猫ブログをみていると・・・ 

2010年11月12日(金) 16時57分
2年前から、いろいろと猫ブログをのぞいていました

日々繰り返される人や動物の虐待、殺人、苦しみや悲しみ。
当たり前の事だと思うには、悲しくて辛くて、一時期、人間不振になっていました。

でも、日々おとずれる毎日。その中で希望を捨てずに頑張って活動している人達がいる事も知って、救われました。私も、自分に出来る事はしたい!と日々思っています。

今、一番の私の目標それは、犬猫の殺処分をなくす事。犬猫の生体販売をなくす事です。この目標が実現するまで、諦めません。国やいろいろな業界に訴えて、世論が変わるようにしたいです

げんちゃん 永眠 

2007年06月21日(木) 13時38分
げんちゃん、今年の2月23日に亡くなりました。

夕方、出かけようとしたら、いつもと違う
お風呂場の入り口に寝そべっていたげんちゃん。

数時間後に帰ってきたら、
おトイレの中で、息絶えてました。

触ったら、まだ少しあたたかかった。

死に目に会えなくて、残念です。

でも、よく頑張ったね、げんちゃん。

たくさんの楽しい思い出、ありがとう、げんちゃん。

ゆっくり休んでね、げんちゃん。

げんちゃ〜〜〜んっ!! 

2007年02月18日(日) 9時03分
昨日、病院へ行ったら、げんちゃん、
あと1週間の命と言われてしまいました・・・。
月を越せないかも・・・って。

ショックです。

もう体重も2キロきってしまい、危ない状態とのことです。
なんとか、点滴して、数ヶ月くらいもってくれたらなあと思います。
今までよくがんばってきてくれたので、げんちゃんなら、このまま
ほぞぼそと生きていけるんじゃないかとも思います。

とにかく、げんちゃんが最後の日まで、
幸せに、暮らせていけるように、
最大限の努力していこうと思います。

げんちゃん、頑張って〜〜〜っ!!

げんちゃん、頑張って。。 

2006年09月16日(土) 12時09分
犬も猫も動物全般大好きです

今、家に猫3匹飼ってます。でも、その内の1匹が今年の5月に腎不全になってしまいました。
病気と闘ってます病気の治療方法は点滴との事で、なんと!看護婦でも動物関係の資格もない私が、自宅でげんちゃんの背中に針をさして点滴する事になってしまいました

始めは動物病院の先生に針のさし方を教えてもらって、5〜6回練習してから、いざ自宅で点滴
超〜怖かったですでも、なんとか出来ました。1回につき輸液の3分の1(多分150ml位)を点滴しなくてはいけないらしく、初日は100ml位しか入らなかったかも・・・。

最初は針をさすのが手間取ってなかなか刺せなくて、げんちゃんは途中で動いたりして、母と一緒に悪戦苦闘でした場所を間違えると点滴がおちてこないので、またやり直したり・・・・。何度もさすのは可哀想だから、2回位やってそれでもだめだったら次の日にまたチャレンジしたり。点滴しないと生きていけないので、可哀想でしたが背中に針をさして点滴しています。調子がいい時は2〜3日おきに点滴して、調子が悪いときは毎日点滴してという感じです。

でも、げんちゃんは日増しに弱っていってる気がします
げんちゃんは、6年前、通勤で利用している駅の改札前で、子猫でガリガリでうろうろしている時に、見るに見かねて家に連れて帰った猫ちゃんです。結局その日は会社を休みました・・・。

保護した当初、鼻がぐずぐずして体が弱っていました。6年たった今も動物病院の先生に伺ったのですが、鼻のぐずぐずは治らない、という様なお話でしたので、(もしくは大手術で治るかも?どちらか忘れてしまいました・・・)様子を見ながら一緒に過ごしていたのですが、来るべきときがきてしまったという感じです。

でも、やれるだけの事はやってあげたいので悔いの無いようにしたいと思います!発病したときは1週間位何も食べなくて、水ばっかり飲んでいましたが、今はちびちび数回に分けて食べるようになって食欲もでてきたみたいで良かったです相変わらず水もがぶがぶのんで頑張ってます。

発病して4ヶ月過ぎようとしていますが、自宅で点滴治療頑張ります

世の中には、人も動物も病気で闘っていたり、看病を頑張っている人達がいますが、悲しいけど生まれたからには、人生必ず「死」はやってきます。でも、諦めたら、何もかも終わりです「拾う神あれば捨てる神もある」人生捨てずに頑張っていれば、何かいいこときっとある
たとえ、いいことが何もないと思えて仕方なくても、人生捨てずに頑張った人は最終的には幸せなんじゃないのかと思います。(根拠はないですが、感覚的に・・)
「頑張って生きる」事が「人生」なんじゃないのかなぁ・・と思います。
P.S もちろん遊びもありきです

↓白黒の猫ちゃんがげんちゃんです ↓げんちゃん(上)とむーちゃん(下)

↓とめちゃん(一番長生き、現在14歳位かな?)
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:とめちゃん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・ペット-猫5匹飼ってます♪
    ・旅行-海外旅行が好きです★
読者になる
最新コメント
アイコン画像みきんこ
» げんちゃん、頑張って。。 (2006年09月16日)