あの頃のこと. 

April 19 [Thu], 2007, 23:37
玄関を出たら正面に新幹線が見える.
アパートの階段を降りると必ず、
どこから持ってきたのかわからない
チャリがおいてある.
あなたはただの一度も文句を言わず
そのチャリの後ろにあたしを乗せて
どこにでも連れてってくれた.

あなたの家の近く.
大通り、細い裏道.
あなたの通う学校も.

あなたの背中越しに見たその街の景色は
今でもまるで写真みたいに鮮明に
あたしの記憶の中に焼き付いてて
すぐにでも行ける場所みたいに感じる.
もう二度と行けない遠い遠い場所なのに.

仕事帰り、夜眠る前、頭に浮かぶ.
あなたのキレイな横顔、笑い声.
まるでさっき会ってきたみたいに.

会いたくなって胸がムカムカする.
考えたくないこと.
忘れたいのに、忘れたくない.


夢みたいだった思い出.

自分は 

April 19 [Thu], 2007, 23:19
基本的にサバサバしてると思う.
でも、それはアレからの自分.

もともとは典型的にめんどくさい女だった.
今思うと自分で具合が悪くなるわ笑.

こうなってしまったのが
いいのか悪いのかわからないけど
昔の自分なら乗り越えられてないはず.

その点、あの子おかげかも.ありがたい.
あの子と会って自分が変われた.

今も想わない日はないけど、素直に心から
幸せになってって思う.
ほんと、キレイ事じゃなく、素で.

思い出して落ちる日もかなりある.
でも、誰にも言えないからいいのかも.
口に出すと甘えてしまいそうだしね.

自分にしかわかんないことだから.

思い出して落ち込む自分・・・めんどくさ!!!笑


だからブログやってみた.
あの頃のこと、今思うこと、書くだけでも意外に
スッキリするかもだしね.
同じように恋愛で落ちてる子をはげませたら
いいかもやな-とか思いました.はい.
お疲れ!!!!
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ま-.
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる