目を閉じて徐々に降下してく 無関心な水の中 少しずつ遠のいていく声

June 07 [Wed], 2017, 23:43
欲しかったものが手に入って
それが当たり前になって
以前から比べるとそれは
とんでもないほどに紛れ込んだ状況なのに
やっぱり慣れてくると
もっともっとって
欲に塗れて
人間ってなんて醜い
というか、私自身がとても愚かであることに気づく。

そうしてまた馬鹿みたいなことを口走っては、きっと相手を困らせている
どうすればバランスする関係になるのかしら
そもそもやっぱり向こうは要求するものなんてないのかな

最近の私といえば
うっかり認識してしまった顔面をある場所でたびたび見かけてはもやっとし
ましてや接触している瞬間を目撃しては、もはや怒りさえ覚える状況で
そもそも何様よ、という立場ではあるけど
というか、あんたらも一体なんなのって思ったりして
血迷って口走って、自己嫌悪に陥りながらも
冷静になって、あんなこと言って嫌いになったらどうしようと悩みつつ
いや、どう考えてもおかしいよね?と改めて思ったりして
心臓に剛毛生えてますよね?どう考えても。
というかいろいろ話聞いてたけど、多分だまくらかされてるかなって思った
人の性格ってやっぱりどこか顔面に出ると思ってるので
あの顔で、そのご意見?ああふざけてるなぁって感じ
どう見たって気の強いしたたかな顔しているじゃないですか
笑わせないでよ
まぁ騙されているというか、ずっと長年はぐらかされて来たのでしょうねと、もう寄生虫ばりの嫌悪感さえ覚えるけど
と言ったら、きっと本人はそうじゃないと否定すると思うけど
女の勘は女に働くし、女の悪事は女にしか伝わらんのよ
でも、そこまで浅はかじゃないので、直接接触しようとかは全く思わないし
心の中では早く決着つけてよと思うけど、急かすことはしないしできないし
とはいえ状況が気にならないわけでもないので
もう一体どうしたものかなと

一方でやることはやっていて
というかそれは大丈夫なのでしょうかとたまに思うんだけど
思うことは
え、もしかしてそういう腹くくりできてるんですか?
もしくは無いの確定しているのかしら?
って思ったりもしつつ

うーん。

しんどいのかしら。
でも100%満たされるよりは、よっぽど幸せだとも思っちゃうし
なんか、もうちょっと求められたいなって思ったりするし
久しぶりにしばらく会わない日がちょっとだけ続くから
それで足りなくなってくれたら
嬉しいなって思っちゃう。

わたしがわたしで 誰にも奪えはしない 世界が壊れてしまっても これまでこれから その後が続けばいい

February 27 [Mon], 2017, 22:50
最近は徐々にペースが出来てきて
向こうもだいぶ片付いてきたのか
それともこの部屋はやっぱり二人で過ごすには狭いのか
そんなこんなで広めの部屋で二人で過ごす時間が増えた

まだ決着がついていない中で
一時的に入ることは許されても
夜を越すことはないだろうと思っていたから
一晩も二晩も過ごせたことが嬉しくて
私用の歯ブラシが置き場所を得たのも嬉しくて
お揃いのお茶碗を買ったり
洋服が置けたり
そんなほんの少しずつ自分のものが置けるようになって
実はすごく嬉しくて
オセロのように、ひとつひとつ色を変えていけるようなそんな気分で居ては
たまに痕跡を見つけては
くーっとなって
でも、仕方ない。まだ、まだ?人のものだ。

それでも人様の家の人様のモノの中に
異質が混ざり込んで色を変えていくようなその感覚がなんとも言えなくて
一緒にお風呂に入って、一緒に寝て
その瞬間、この時間はわたしと彼だけの空間で、息を吸っているんだって
エスカレートしていく行為も、恥ずかしさがいつまでも拭えないのに
過剰になっていくあの感じもたまらなく好き
この大きな目はわたしだけを映して
長い腕はわたしだけを抱いて
体温も全部、この瞬間はわたしだけが感じられてるんだって
そんなことを思っては気持ちが満たされて
嘘みたいにすぐ眠りについては、あっという間に朝がきてしまう
だって信じられないくらい心地良い

足りないくらいがちょうどいいと言ったりするけど
足りなすぎて飢えてしまいそうだけど
このいつまでも満たされない感覚のおかげで
いつまでも好きでいられるんだって思ってる

それでも
早く、早く、わたしだけのものになって



幻の駅には 取り残されている 魔法があるのよ

January 20 [Fri], 2017, 1:00
あんまり体調が良くなくて
症状もあんまり良くなくて
正直すごく怖い気持ちで数日過ごして
どうしよう、どうしようって
思いつめていたら
色んな人の優しさに触れて、緊張してた気持ちがすっと溶けていくようだった。
簡単に頼れないのは、いつも前の方でしっかりしなきゃと勝手に使命感に駆られ生きてきたから
頼り方も甘え方も分からず、気付けば一人で思いつめて
最終的に爆発してしまうようなそんな生き方をしてた


頼っていいんだよって言ってくれてほんとに嬉しかったし
おいしいごはんと、好きな食べ物とで満たされてあったかい気持ちになった
欲を言えば、やっぱりもっとずっと一緒にいたいけど
でもこの数時間だけで、気持ちが前向きになって
優しい気持ちに包まれて、嬉しいのとちょっとさみしいのとで泣いちゃうくらいがちょうどいいのかな


小さなしあわせを大事にして生きていこう。





咲いていた 花を照らした 祈りでは届かない距離だ

December 27 [Tue], 2016, 22:50
もう一年終わるんですって
早いですね
年をとるにつれ、年々早くなっていくって本当なんだな
生活がルーチンになっていって
徐々に刺激がなくなって、というか多少の刺激では何も感じなくなって
躱すこと、諦めること、受け入れることを学んでは
ま、そんなもんだよね、と感情の起伏がゆるやかになっていく。

そんな中でも今年は色々と新しいことが始まったりなんかりしたタイミングではあったんだけど
正直失敗したなーと思うことはあり
というか、こんなこと普通起こるかよ。というまぁ短い人生においてはレアな体験だったし
もう二度とごめんだねーと思うようなこともあった

というわけで、仕事面がぐずぐずだった。
もう、これどうしようもないけどね。
私のせいじゃないしね。ほんとに。まったくもう。
かたやプライベートは最高だったのかと問うてみても、なんともわかんないね。
心の中で期待してた、ほんとの契約終了には多分至ってないのがなんともなんともだけど、
徐々にペースに慣れてきて、不安でつぶされることはなくなってきたかなーと。
いなくても大丈夫な耐性はついてきたと思う。
でもいてくれたら嬉しいけどね。
あえてなのか、好き、が言えないのはなんだろね。
だいぶ前に言ってくれた、ラブあるよに生かされてるのだよー
なんてね。
言葉はなくても一緒にいられる時間が幸せだからそれで十分。
一緒にいるとき、たくさん笑えるし
クリスマスも、すてきなごはんで最高で、
しかも雰囲気出してみる?って泡頼んでくれたり
よく行く服屋で、買ってあげるって、コート買ってくれたり
言うたら全くそういう期待しなさすぎて、まさか!みたいな感じでじみにじみにじわじわすごく嬉しくて
今書きながら、今更ながら
わたしちゃんとこの嬉しい気持ち伝えられているのかしら?とちょっと疑問に思った。
ちゃんと伝えてみようかな。
始まってから途切れることなく
おはようと、おやすみをくれる彼が大好き。

いろいろほんとにあったような気がするけど、
均したら、ゆるやかにしあわせな一年だったと思います。
来年もゆるく。
小さなことを大切にできる一年にしたいな。

あなたが思い出置いて旅立っても 昨日の続きのような人並みの朝は訪れる

November 07 [Mon], 2016, 21:09
私に必要なものは、あとは既成事実なんじゃ無いかって
よからぬことばかり考えて
でもいざそういうことになってしまったら
向こうは受け入れてくれるんだろうか
なんてありもしないことを考えている

会えない時間が辛い
突然やってくる真面目な話タイムが辛い
前もってちゃんと言ってくれれば心の準備ができるのに
あんまりしたくない話なんだろうなと思っては深く聞けずに
本当だったら、引っ越し決まるってそれイコール紙提出するの?って聞きたいし
そうじゃなかったらむしろ終わりにするきっかけがどんどん遠くなって
一生このままになっちゃうのかなって
わたしいつまで待てばいいのかな?

元々聞いてもいない、そんなに願ってもいない終わりのことを
一生懸命終わらそうと努力して
ゆるゆるとそれを続けられるくらいなら
いっそ話し合いなんてもうやめて、この環境のまま
ずっとそのまま、ただ会える時間を維持してくれれば
それでいいのに
わたし、別れてほしいなんて、一度も言ったこと無いよ
でも、もう少し一緒にいてほしいっていうお願いが
イコール、わかれてよ、になっちゃってるのかな
そういうのも聞けないで
ただただ我慢することが増えて
いつか爆発しちゃうのが怖い

ライブだって、スタジオだって、飲みだって
いくらでも好きなだけ、好きなだけすればいい
自分の時間は必要だし、わたしにだって必要だし
でもなんかバランスが取れてないの
わたしは一番に会いたくて
でもわたしにだって生活はあって
あるかも分からない予定に期待して
結局は空白の一日ばっかり増えていく
そうして紛らわすように、外に出てみたり誰かと会ってみたりするけど
でもやっぱり想うのは彼のことで
ふっと涙が出てくるよ

わたしは永遠に一番にはなれないのかな
どういう気持ちで終わりを迎えればいいのかな

いばらのみちだねって言われて
ほんと、その通りだね
とてつもないいばらのみち
いつだって突然捨てられる恐怖に怯えながら
毎日くる連絡にほっとして
真面目な話にぞっとして
最初のころの純粋な楽しい気持ちが
どこかすごく遠いことのように思えて
今はただ不安しかなくて
出口の無い迷路に迷い込んじゃったのかなって
足を踏み入れた後に気づいては
前にも後にも進めないでいる

わたしを愛してくれてる?
時間がもらえないなら、せめて言葉がほしいよ

私の心の中にあなたがいる いつ如何なる時も

October 16 [Sun], 2016, 18:43
これで何度目かの"真面目な話"
お題目は言われなくともわかるんだけど、やっぱり"ごめん"が怖くて。
たまたまだけど、調子が悪かったこともあって、会える日が少なくって
数えてみたら、この関係が始まってから、こんなに会わないのは初めてだったようで
もう枯渇しきっていてどうにかなりそうだ。

始まりの場所に足を運んでは、あの時のことを思い出したりして、
時の流れは早いなと思ったりしながら
ただただ会いたい気持ちを募らせている

季節柄の不安のせいもあるけど、
わたし、きっと、ちゃんと、あの人のことが好きだ
好きで好きでたまらない

でも、ごめんって言われている手前
困らせたくないし、言ったら今は我慢してと言われているようなもんだし
物分りの良いていを取っていても、心の中はぐちゃぐちゃだ
次はいつ会える?早く会いたい。会いたい。

もし本当にすべてのことに決着が着いたら
わたしのこと一番にしてくれる?
もっと一緒に居てくれる?

終わりに向けた話し合いだとしても、
今一緒に居てる人が羨ましい

今まではこれくらいの日数をすごすと、それなりにペースができてきて
なんとなく自分として落ち着いてしまっていたけど
今回ばかりは100%になれていない分、
まだどきどきしたり、不安になったり、ご飯が食べられなくなったり、
想い続けては、どうにかなってしまいそう。

早く会いたい。早く触れたい。

どんなに泣いても 満たせない想いが溢れ出すよ いつも

September 20 [Tue], 2016, 0:02
ただ離れることが淋しいから泣きたくなったんじゃなくて
ごめん、のその先が怖くて
話をつけてくる、のその結果が怖くて
正直期待なんて全く出来なくって
もう限界って言う割には、何年も膠着状態なのは
あの人が結局優しすぎるんだと、それもなんとなく理解できて
だからこそ、話し合った結果が望む形じゃなかった時に
それは、きっといきなり終わりを迎えるようなものなんじゃないかって
間違いなく幸せな結末は望めないんだなと理解して
そのまま変わらず関係を続けることなんてできるんだろうかと、思ってしまう
それでもやっぱりあの人は優しいから、今までと変わらず接してくれるんだろうけど
いつか息をすることさえ苦しくなって、もう限界って思う日が来るのが怖い

だから、ごめん、なんて言われたら、
もうこれからは一緒にいられないって言われたような気がして
一人でも大丈夫にならなきゃって思うのに
一緒に居る時間が長すぎて、一人でどうしたらいいのかもうわからなくなっちゃった

実際は、
本当はもっと一緒にいてあげたいのにごめんなって
そのために話つけてくるって
そう言ったんだけど
文字通り受け取れない自分が捻くれてるのかな

今日だって普通に連絡くれるけど
でも、何が行われているのか全く知らないわけじゃないし
送られてくる当たり障りのない言葉が怖い
ああ、やっぱり、結局だめだったのかなって

そうじゃなくたって、ただでさえ一番気の滅入る季節なのに
今までが幸せすぎたつけが回ってきたのかもしれないね

それでもわたしはあの人のことを想ってる


くらくらくら
するくらいに
溺れて、包まって、融けてしまいたいよ

言葉で言えない私の悪い癖

August 08 [Mon], 2016, 1:25
好きだと言ったら負けてしまう気がして
喉元まで出かかっている言葉をうまく出すことができない
そうして上手に伝えられずに、
なんだか遠回しだったり嫌な言い方ばっかりしちゃって
もやもや、もやもやしている

でも、そもそも、本当に好きなんだっけ?
っていうのが正直分からなくて
単純にそっちの相性は良いよなと自覚して
あとは絶妙に好きなものが似ているとか
そんなことを思い浮かべたりしながら
人として、彼の人格を、愛せているのだろうか?
と、ふと考えたりする

まるで大学生の夏休みのように
いろんな欲を貪っては
満たされていくような気がして
離れた瞬間、低血糖症に陥るかのごとく
無いと、もう耐えらんないくらいにはずぶずぶだ

まじめな話、としてくれたそれは
TVドラマかよ!と突っ込みたくなるような
非現実な感じがして、とはいえ事実としてはそういう状況で
でも、泥試合を数年続けている彼が
様々な要因があるとはいえ、決着がつけられるとは到底思えないんだけど
期待してもいいの?ってばかみたいに聞いては
うん、と言ってくれたその言葉に
本当に少しだけ、淡い期待をしている自分が居てることは事実だ

もっと素直になれたらいいのに

もっと想いを伝えられたらいいのに


今はただ、一緒に居たいだけなの








丸めた背、歪んだ目、そうやって正しさを教えて

July 26 [Tue], 2016, 0:09
自分が惚れっぽいだけなのか、
関心が薄いから誰でも良いだけなのか
生理的に受け付ける、受け付けないの判別だけで
関係を持てる、持てないが決まっている気がして
関係がもてるんだったら、それは好きってことでいいよね?って自分に言って聞かせて
そうして人と付き合ってきた

だから二人で飲みに行けるくらいなら
正直どうなったっていいやーっていう感じでいてるけど
向こうがそうする意味をあんまり考えずにいたけど
なんか、やっぱりどこか
罪滅ぼし的な、罪悪感的な
そんな感情が見え隠れして
そういうのはむしろ私からしたらくそくらえと思う程で
あれ、私ってなんか可哀想だった?って、
自分じゃそんなつもり全然無かったんだけどって
プライド高いから余計に傷つくというか腹が立つ

そりゃ、向こうのほうが立場は上だし、
色んな意味で優位に立っていられることは否定しないけど
だからって中途半端な情けをかけられることだけはごめんだ

そういう感情が一番嫌い
私とは別の次元で生きてほしいのに
同情されるなんて。

同情できるほど、浅い女じゃない
感情を合わせようとするなら、
じゃあ一緒に死んでくれるの?
と、どす黒い膿みたいなのをその綺麗な面に投げつけてやるぞこの野郎と
唾吐きながら叫んでやるーと思うわけです

欲がないのも、物事に慎重になったのも
一生懸命しまいこんでいる本質がまた現れるのが嫌だから

欲がないわけじゃない
ほんとはもっと、こうしたいとかああしたいとか色々あったけど
もうそんなのめんどくさいし
それと引き換えに、精神の安寧を失うのはもう嫌だ

一時の快楽に溺れて、それに気持ちが乱されることは
若干あーと思うとこもあるけど、
多分1週間も経てば内出血のごとくさーっと引いてくのでしょう

とはいえ、いけないことと分かっているつもりなので、
しばらくは連絡しないようにしよう、
多分無いけど、向こうから連絡来るまでは絶対に自分からしないようにしよう
と、酔った勢いで一度連絡しちゃいそうになったけど
それも堪えたのに、なんかあっさり向こうから連絡来て拍子抜けした

きっと向こうからしたらそんなもんなんだ
ということも分かった
そりゃそうだ
彼は、普通に、尋常じゃなく、好かれるし
そもそも既婚者だ



あいまいさ覚えちゃいないよ
それでも忘れやしないのさ あの日の事
どうせここにいるなら また踊りましょう


グッド・バイ

July 21 [Thu], 2016, 23:41
このふざけた物書きも気付けば10年目
恐ろしい
10年前と書く内容は多分変わっているけど、
自分自身の成長のなさよ

狭いコミュニティの中でしか生きられない私は
いつまでたっても同じことの繰り返し

いつものように、食欲が完全に失せていて
昔は、胸がいっぱいでごはんが食べれないんだ、と思っていたけど
多分そうじゃないんだね
自分に引いていて、起こりうる事故を恐れている

初めは目を合わせられないほど苦手だった人も
今じゃふたりで飲みにもいけるし
おざなりによろしくもなる

というかそもそもなぜ、こんなことになったんだっけ
それなりに顔の広い人なんだから
こんなわざわざ身近なぽんこつに手を出さなくとも
と、思ったりして
なんだかそんなに欲求不満に見えたのかな、私
という残念な感じもあったりして

でも、たまにふざけあったりするのは
ゆるやかに楽しいから
これはこれでまぁいっか
って思って
ぼやーっと食欲が戻ってくるのを待とうと思う

そんな今日この頃



ドアを叩くみたいに 雨の降る音が聞こえている
悪くはないのだけれど こんな朝さえ普通になったよ

一人にしないで
離さないで

明日のことは忘れて また朝が来るのを待とう
服を脱いでふざけあって また朝が来るのを待とう

誰にも言わずに 忘れないで



P R
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
アイコン画像りこ
» 盗んだ赤い糸の先を 教えて (2011年08月28日)
アイコン画像りこ
» 僕と契約して、魔法少女になってよ! (2011年08月28日)
アイコン画像330
» 盗んだ赤い糸の先を 教えて (2011年08月11日)
アイコン画像330
» 僕と契約して、魔法少女になってよ! (2011年05月01日)
アイコン画像JKK
» とてもいきなりですけど (2009年08月26日)
アイコン画像*a-chan*
» 偽りの優しさと泪 (2009年07月21日)
アイコン画像さみーさん
» 偽りの優しさと泪 (2009年07月16日)
アイコン画像*a-chan*
» 無事! (2009年03月27日)
アイコン画像みそ
» 無事! (2009年03月25日)
アイコン画像*a-chan*
» 男性声優声優からのラブレター (2009年03月24日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
いいおとなになりました。