脚壺マッサ 

December 28 [Thu], 2006, 9:46
昨日は溝口にある日帰り温泉「喜楽里」によってきた。
温泉、塩サウナと、体を温めた湯上り爽快な気分で足つぼマッサージを受けてみた。

すると、施術前に
お店:「アロマオイルが3種類ありまして、どれになさいますか?」
ボク:「どんなのあるんですか?」
お店:「ブルーベリーとグレープフルーツと、 ノキです。」
ボク:「・・・。、イノキッ!?ですか?」
お店:「・・・・・。 ノキです。」
ボク:「あっ、あぁぁぁ・・・。ノキですよね。ですよねー。ですよねー。

そんなやりとりをしながら、もし仮に「イノキの香り」というものが存在するとしたら
それはいったいどうんな香りなんだろう・・・・。

などということは微塵も考えずに、素直に施術を受ける素直なボクでした。

痛気持ちいいって、一見相反するようでいて実は隣り合わせだったりするのでしょうか?
マズ美味いとか、悔嬉しいとか、嬉悲しいとか、好き嫌いとか、若年寄とか、とっちゃん坊やとか・・・。
日本語って難しいデスネ。


そんなこんなで 

December 27 [Wed], 2006, 14:35
そろそろパーチーしませんか?
最近騒いでなくてフラストレーションとトランスレーションの違いすらわからなくなりそうなボクです。

ただ単純に「騒いで笑う。」
はぃ。それでだけ。

そんな行為が必要じゃーありませんか?
いや、いいんですよ。

美味しそうなハンバーガー食べりゅツアーですとか
秘湯万歳いい湯だなツアーですとか
深夜に映画を見てポップコーンぶちまいてみたりですとか

いまボクがココにいる。
2006年もおなかいっぱいでした。
という軌跡を残しておきたいと思うボクでした。

そろそろ年末? 

December 27 [Wed], 2006, 12:27
昨日の嵐のような天気からうってかわって青空が広がっている
ウチの会社は、なぜだかすでに来年度のカレンダーか飾られて
いて、スケジュールや予定が組み難いことこのうえない。

ましてや、あと4日しか2006年が残ってないと思うと
微妙におセンチな気分に浸ってみたりする。

2006年はいったいどんな年だったのだろうか?
と思い返してみても、記憶障害で思い出せない・・・

ので

これから2006年を満喫してみよう!
そう太陽に誓うボクでした。

お昼言ってきまーつ。

予定は未定と申しますが 

December 26 [Tue], 2006, 11:12
年末はスノボと温泉の旅に出かけてみようかと思案中・・・。

スノボは、滑るよりも景色を見ながらビールを飲むことに喜びを感じていたりなんかして。

お昼を過ぎるあたりから、頭の中は温泉モードに突入したりなんかして。

ちょろっと調べてみたら、ことしは雪山に雪があんまりないみたいでして。

温泉メインで考えると、お次のお風呂は乳白色のにごり湯で硫黄泉あたりに惹かれてみたりして。

ハンガーガー食べたい 

December 25 [Mon], 2006, 18:19
突然ですが・・・メリークリスマス。
というわけでもないのですが、ハンバーガーがとっても食べたい今日この頃です。

たぶんきっかけは、来年からマックがメガマックを発売する。といったニュース記事のようなものをみてからか・・・。

否、以前にニューオータニに行ったときに通路にあったハンバーガーの写真を見て感動体験が、いままさに鮮明に蘇ろうかとしていたのかもしれない。



THE PERFECT BURGER ・・・ 確か3150円くらいだったっけ?
たかがハンバーガー、されどハンバーガー。

マックの80円ハンバーガーだったら39個買えるけれど・・・。
下手に39個もハンバーガー購入してもテイクアウトも大変そうだし。
いちどに39個は食べきれそうもないし。

で・も・ね。
お一人様で、薄明かりの店内で、背後に影のありそうな男がひっそりとハンバーガーを注文して
ハンバーガーが目の前に出されるのと、時を同じくして満面笑顔でニヤニヤしながらハンバーガーを
食べている姿というものは・・・いかがなものかと・・・。

で、あの頃から遣り残した感があったボリュームありそなハンバーガー。

思い返せば、社会人になって品川のバーガーキングでアメリカンなハンバーガーというものに感動し
地元にも出店してバンザーイと喜んだのは遥か昔。
気がつきゃお店は閉店。つか、バーガーキングが日本から撤退。

そんなハンバーガーの存在も時の流れとともに薄れ
最近は脂っこい食事よりも、あっさりしたものを好むようになったのかと思いきや!
思いきや!!ですよ。

マックのメガバーガー発売というニュースが、ボクの燻っていたハァートに火を灯けてしまいました。

ということで、ボリューム感のあるジューシーなハンバーガーが食べたいでっす。
まぁぶっちゃけ、マックのメガバーガーはマックな味だと思うので・・・。

お台場のマッスルパークにあるモンスターバーガーの跳び箱バーガー
これもボリュームありますね。

でも、個人的欲求を申しますと・・・・・。
ボクが食べたいのは「跳び箱」ではなくて「ハンバーガー」ですっ!!

ということでお次!

青山、渋谷、五反田、神田、丸の内、お台場
横浜は赤レンガ、ベイクォーター、鎌倉
さいたま新都心にイクスピアリと多店舗展開中のこのお店!
KUAAINA

ここっもおいしそうじゃないっすか?
はいっあーん。 で、はわいあーん
そんな感じしません?
しないですね。ごみんなさい。

つか、つか、アメリカンダイナーっぽいお店だと
ヴィレッジヴァンガードDINER
が阿佐ヶ谷、吉祥寺、下北、西荻って。。。色々あるじゃないっすか

あぁ・・・ハンバーガーが食べたいヅラ・・・。

美味しいハンバーガー情報募集中♪

ちなみに今朝起きたら・・・
枕もとの靴下にはハンバーガーはもとより、ポテトやドリンクのサービス券すら届いてなかったよ
ま、ハンバーガーの食べ残しが入ってても難なんですけれど・・・。

木枯らし一号   ぴゅーーー 

November 13 [Mon], 2006, 2:04
ん?

この週末、何の映画みたっけ?

んーっと、んーーーーっと


みてましぇんっ!

ということで、映画でも見てこようかな?
と思い立ったのが午後9時。

ネットでこれから間に合う映画館を探したら小田原に発見〜♪

小田原の映画館は久しぶりですね。
せっかくだから防寒決め込んでオートバイでいってみよー!
としこたま着込んでみた。

はて?
このままの格好で映画館にいたら茹で上がるのではなかろうか?

そんな疑問を抱え込みながらもオートバイに跨って第三京浜を流してみた。
冷たい空気が心地イイネ!

と思っていたのもつかの間。
第三京浜から横浜新道に入る頃には、冷たいから寒いに替わってました。

原宿交差点を過ぎて、道路看板に小田原の文字が
・・・35km

あれ?そんなにあるの?
ボク頑張っちゃいまーす。

ってメットの中で叫んだ気がしたのですが、気がついたら進路を湘南方面に向けてました。

いや、やっぱり冬は温泉でしょ、そうだしょ。
だとしたら、この寒さだし湯冷めしない距離で・・・
そだ、川崎に行ったことない温泉あったじゃん。
そうそう、そこに行こう!
と一人脳内会話を満喫しつつ、134号を湘南方面に。

江ノ島を過ぎたあたりで、久しぶりに見る三浦半島のプチ夜景にプチ感動を覚えつつ
空を見上げれば満天の星空が、ボクを応援していてくれる気がしました。

珍走するオートバイともすれ違いながら、横浜を抜けて川崎を目指す。
途中、信号待ちをしてて青になったので進もうとしたら背後から「お゛ぃ!」という
どちらかというと、ささやくというよりは怒鳴り上げるような声が・・・。

驚いて振り返ってみると、ビーバップハイスクールの金ちゃんのような青年が
新聞配達仕様のカブにまたがりながらガンとばしてました。

思わずコチラもアイコンタクトをとってしまったら、湘爆スタイルのボクのスマイルが決まったのか
金ちゃんは目線をしたに逸らせてしまいました。

「はっ、これはもしかしたら珍走団へのスカウトかもしれない・・・」
カブにのった金ちゃんにスカウトなんて・・・

もぅイヤーーーーーー!
とアクセル全開で逃走してしまういたいけなボクでした。

って、こんなときに限って目の前の信号が青から黄色、そして赤!
えぇ〜〜〜

バックミラーに金ちゃんの姿は見えなかったけれど
思わずウィンカーを出して後方確認して路地に逃げ込む小心者のボクでした。

なんだったんだろう?
最近、きちんとブログの更新が出来てないボクに、やさしくネタを与えてくれた優しい金ちゃんに
表面上の感謝を申し上げつつ川崎へ。

たしかこのへん・・・
と適当にオートバイを走らせる。
やっぱり衰えた野性のカンはなかなかもどらないのかなー?

ん?
お風呂場のにおいがするぞ!

とにおいの方にオートバイをはしらせると、そこにひっそりとまるで隠れ家のような温泉地を発見。
こんなんじゃお客さん集まんなくなくない?
ほら、駐車場も空きが目立つよ。
と余計な心配をしつつ身支度を整えて受付へ

すると、フロントの女中さんが目を丸くしながら
「こ、これからご入浴ですか?」

って、ここにご入浴以外に来る人はいるのだろうか?
と考えながらうなずくと

「もぅ終わっちゃうんですよー」

ですって。

またしても営業終了〜。

気を取り直して、溝の口の温泉に行こう!
とオートバイを走らせていると、だんだんと気力メーターがエンプティになってきた。

ま、いいや。
かーえろっ。

ということで馬事公苑の蔦谷にてバイク雑誌を購入して帰宅するボクでした。

いやー、無駄なツーリング。
いいですねー。

来週は楽しく過ごそう!
そう心に誓うボクでした。

テレビのニュースで・・・ 

November 12 [Sun], 2006, 14:03
先日、食事しながらテレビのニュースから流れる音声を聞いていた。

「高校野球で活躍した、高校で野球部の生徒が失恋していたことが発覚しました!」

思わず口に含んだコーシーを3、5〜6滴吹き飛ばしてしまいました。
ビックリして画面を見たら「喫煙発覚」って、そうですよね。

いくらなんでも高校生の失恋はニュースにならないですよね。
とテーブルを拭き拭きしながら紅葉がみたくなるボクの日常でした。

タイムアウト  

November 08 [Wed], 2006, 10:21
最近気になるキーワード。
時間切れ・・・。

この前の日曜日
ふと軽く出かけたい衝動にかられて近所のお風呂屋さんを探してみた。
ネットで地図を頭に入れたら、いざ出発。
目的地までは40分位かな?
だいたい予定通りに付近に到着。
が、肝心の地図が頭に入ってない。
目で見て、見たよ♪って意識はあるんだけど
どこへ進めばいいのやら?
とりあえずは野生のカンを頼りに右往左往してみる。
どうやら、野生のカンも衰えたようだ。
そんなこんな彷徨っているうちに、目的地の営業終了時間が
音も立てずにやってきた。
はい、終了。 タイムアウトでっす。

放心状態のまま、やりきれない気持ちで少しさまよった挙句
別のお風呂屋さんが脳裏をよぎる♪
うん。決めた。
こんどは目的地までの道順もOKっすよ。
冷えるカラダ、焦る気持ちを抑えつつオートバイを走らせた。
順調に目的地に到着♪
が、ときすでに遅し・・・。
5分前に受付終了の時を迎えてました。

えぇい、このままひきさがったら男が廃る(んですか?)
ということで、新規開拓を夢見てオートバイを走らせた。
が、気がついたら自分の頭の中と逆方向に進んでいる事実を
目の当たりにした瞬間。

おとなしく退くのも勇気!
とわけのわからん理由をつけて家路に着くのでした。

でもって、昨日。
友達とクルマで出かけてみた。
あてもなく北のほうに向かってクルマを走らせる。
一般道をひた走り埼玉を抜けて群馬に突入。
目的のないドライブだっただけに、なにかしら行き先やら目的がないと
このまま新潟までもいっちゃいそうな雰囲気。
そうだ!群馬に温泉あったはず!
(お風呂くらいしか頭に浮かばないチープな頭に食傷気味)
頭の中のナビゲーションを作動させる。
たぶんこっちのほう?
頼りない記憶を頼りにクルマを走らせた。
見たことあるようなないような景色を見ながら走っていると
ピンッ!と来るものがあった。
わかった、こっちの先に温泉があるぞ!
のらりくらり走るトラックに行く手を阻まれながら
無我夢中でクルマを走らせた。

この交差点を曲がると!
というところまできたときには、やはり営業時間外・・・。

時間ってムツカシイネ

不健康食品 

October 30 [Mon], 2006, 17:40
わけもなくお昼をずらしてみた。
いっそこのままダイエットなんて思ってみたものの3時ころになって
無性に小腹が空いてきた・・・。

会社の備蓄食料をあさってみた。
戸棚の奥にインスタントラーメン発見。
流しの下に小さな土鍋も発見。
よし、今日はラーメンだ!

が、不覚にも賞味期限が目に入ってしまった。
2006.05.30
なぁに、乾燥物の半年なんてたいした問題じゃなかとですよ!
と自分に言い聞かせながら開封。

したところで、戸棚にまだ比較的新しい別の即席ラーメンを発見
無意識にそちらの麺を調理してました。

小腹がすいていたのか?
調理しながら味見してたら麺がなくなってしまいました・・・。

勢いあまって古いほうの麺も調理してまいました。

って、ぜんぜん普通に食べたれたんですけれどね。

そういえば、小さい頃、即席麺とかって体によくない像!って
大人たちが言ってたきがしたけれど

それって事実であるなら、体によくないとわかっているものを販売し続ける
のはどんな心境なのだろうか?

事実でないとすれば、かなりの営業妨害活動をくらっているようにも思う。

って、そんなこと気にしてたら賞味期限切れの食材が美味しく食べられなく
なっちゃうし、ふと思っては見たものの、たいして気にはならないことなんだけど。

週末なので 

October 28 [Sat], 2006, 1:30
週末。
明日も普通に出勤日ですが・・・

そんな社会(会社?)に反抗すべく、金曜日の夜になるとたとい次の日が出勤日であろうとも
家で大人しく土曜日の出勤に備えている事実が非常に悲しくなり出かけたい衝動にかられる。

出かけるといっても飲みに出歩くのはさすがに次の日に応えるので(大人の飲み方が出来ないボク)
バイクやクルマに乗って出かけることが多い。

富士山5合目や、ぐるり三浦半島1周の旅、湘南海岸を失踪、はお散歩コースとなっている
しかし、そんな深夜徘徊も10年近くやってるとさすがに新鮮味を欠いてくる。
そして温泉(健康ランド)巡りや、オールナイト上映に行くことが多くなってきた。

で、今日は府中で映画を観てみた。
微妙に近い距離を選んでしまうところに、日ごろの疲れやカラダの衰えを微妙に感じたりしながら・・・

深夜の映画観賞のお供は決まって、アイスティーかウーロン茶。のLサイズ。
ポップコーンは一人で食べるとかなりのボリューム・・・というか飽きてしまうので飲み物のみにしている

でも、去年くらいまではなんともなかったのに、ここ数ヶ月くらいは映画の中盤あたりからトイレに行きたくなることが多い。最初は「くぉぉ〜・・・」となんとか我慢できる範囲だったけれど
最近は下半身の痺れ、今日に限っては、カラダ中の毛穴から不吉な汗が噴出してきた。

こうなってくると、映画のストーリーどころではなくなってくる。
感動的な間も、悪夢のような間に感じてしまう。
「わかった、わかったから、話を先に進めてくれ!!!」と心の中でスクリーンのなかの役者陣に懇願する。

だいたいは、こちらの期待を裏切りスロウでほんわかやんわりと物語は進んでいく。

そんなにトイレ行きたいならトイレ行って戻ってくればいいじゃん。
さすがに、自分でもそう思う。
荷物を手に取り、席を立とうとするが、そんな時決まって、もう一人の自分が自分に問いかける。
「ここからが見所だよ!」すでに、作品の内容など通勤電車の隣の客人の会話程度にしか聞こえてないのに「そうかそうか!危うく見過ごすところだったよ」と自己完結しながら、一人身悶える。

はて?我慢プレイに願望があるのか?俺?などと、映画のストーリーとはかけ離れたところに意識が存在している。

というか、意識的にトイレから意識を遠ざけないとかなり危険な状態にあった。

って、今日の場合はそこでなぜだかお茶だかコーヒーを注ぐ音が聞こえてきた。
じょろじょろじょろ・・・・
「おい!まてぇ〜!」と心の奥底で叫びながら全身から汗のようなものが噴き出す。
トレーナーの裾で頭と首の汗をぬぐいながら、エンドロールの登場を待ちかねるボク。

意識が遠のきそうになりなったところで待望のエンドロール。

すかさず、持ちやすいようにまとめてあった荷物を抱えて猛ダッシュ!
したいところを、刺激をあたえないように早歩きでトイレに向かい、事なきを得るボクでした。


こんな週末の過ごし方、あなたもいかがですか?

さすがに今度からはMサイズにサイズダウンしようかな?
としこたま悩みながらも、ドリンクカウンターに立つと無意識にLサイズを注文してしまうんだろうな
と未来の自分に反省するボクでした。

おやすみなさい。
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:b-flat-masa
読者になる
Yapme!一覧
読者になる