連続腐女子向け小説       【金八 丸山しゅう×小塚崇史】 

2006年08月10日(木) 13時07分
今、俺は一人暮らしをしている。僕の実家の近くの古いアパート。
自分で仕事して、自分で何でもしている。 でも、一人は寂しすぎる。

昨日、大家さんに呼ばれて家に行くと

「しゅう、同い年の子が暮らしたいって言ってるんだ。でも…空きねぇし
 一緒に暮らす事にして良いかな?家賃も何も半分ずつで。なっ?」

と急なこと言われた。自分も、一人は嫌だし、同い年って事でOKした。


とりあえず仕事を休ませてもらって午前中に掃除とか色々した。
どんな子かなぁ…男って行ってたけど、不良だったらどうしよう。


とか色々考えていた。そうそう、崇史は何してるかな、とか3Bはどうだろう。とかも。
っすると時間はあっと言う間に過ぎて

-ピンポーン-

とチャイムが鳴った。


「はーい」

いつものように出て行くと

「あ、初めましt…」

と聞き覚えのある声が。
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:b-ambitious
読者になる
Yapme!一覧
読者になる