欲望の僅差

November 04 [Sun], 2007, 5:59
あー、あー、あーーーーー!と叫びだしたい、気分でした。
あぁ、解った、解ったーっ、と、難航していた、方程式を解いた、気分のような。



愛しい、と呟いた時に、若桜の中に、ふと浮かんだ情景があって。
それは、あの、賑やかな寮の事で。実際、すごい賑やかだなって思ったのは、イベントの時、ぐらいしか無いんですけど。
それでも、浮かぶ情景は、皆で、騒いでるような、いつでも静かとは無縁の。
(若桜がロールまわしてるところは、いつも静かだったという事実はあるのですが)

 愛しい日常は、彼方にある。触れようと思えば、俺は、いつでも触れられる。

あの寮は、いまを生きる場所で。今も尚、あるべき場所に、あって。
贅沢にも、若桜は、触れたいと思う時に、其れに触れる事が出来る、世界に、いるのです。
一時の青春を生きた場所。
其処に確かに存在するから、離れる事が、出来たのだと、漸く。
若桜が生きる日常も、確かに愛しいとは思いますが、多分、それは実際に其処に居る瞬間には解らないもので。
傍から見ている、事が、出来るから、継続してずっとずっと、あの場所を愛しいと思うんだな、と。
若桜が生きる日常は、愛しいというよりは、自分が其処に居る限り戦場です。
触れ続ける事で、摩擦して、磨り減って、時々誰かに傷を拭いて貰ったり、癒してもらったりして、傷を背負いながら、生きる場所。なのだと。
捨てたんじゃなくて。いつだって、邪魔な劣等感に、負けた訳でも、なくて。
一緒に居る事が違うんだと、マイナスな意味で思った訳でも無く、常に触れられると思ったから、だから、離れる事だって出来たんだと、今更、ながら。


ペンダントトップ

November 04 [Sun], 2007, 4:06
動かしていて。
嗚呼、本当に、キャラの心情って、ロールに滲むんだなぁ、って思っていました。
寂しそうな、悲しそうな。
嬉しいんだけど、それを、嬉しがっては、いけない様な。常盤的には、そんな、心持ちでした。



もしかしたら届かないかもしれないお守りを、どうしよう、とPLは内心思いつつ。
トキ、と呼んでくださる方は、一人しかいなくて、そう、呼ばれる事を、とても喜んでいました。
その呼ばれ方が、常盤としては、一番の救いだったように、思います。
希望は捨てません。
また、いつかどこかで、会えたら。
だから、さよならじゃないよって。
少しだけ自分の意志を押し付けすぎたかもしれないあの手紙は、もしかしたら、届かなくても良かったのかもしれません。



ペンダントトップを、頂きました。
わ、ぁい…!!嬉しいー!
入れ違いに、なってしまった、手紙に、嗚呼…と思いつつ。
常盤はうきうきとチェーンを選別して(光物大好き)、翌日から早速付けていそうです。
趣味が、良いなぁと、思いつつ。
一言に、花言葉を親切に入れてくださっていたのも、また、感激で。
ありがとうございました。
基本的に、自分で選ぶ装飾品は大ぶりで派手なモノが多いので、常盤にしては珍しいモノ付けてるなって、古馴染み達は思いそうな。
でも、似合ってるねって、言ってもらえそうです。ふふ。
そっか俺って案外こういうのも似合うのかもね、って、常盤にとっては新しい発見。
その後、自分の好みのレパートリーにシンプル系も入りそうな予感です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユキ
読者になる
唄好き
散文と絵描きと写真は趣味
声と言葉が限界のアウトライン
怠惰と欲望に停滞する日々
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる