はじめての子どもの祝い事

April 10 [Thu], 2014, 21:59
子どもが生まれてから100日までの祝い事〜お宮参りで写真を撮るコツ
端午の節句は、ひな祭りを行う桃の節句と比べると質素なイメージがあります。
初節句用の料理は身近な食材を使い、豪華に飾り付けるように工夫します。
鯉のぼりや五月人形などは母方の実家から贈り、父方の実家からは現金を贈るということがならわしになっています。
子どもの支度で大変なお母さんも自身も髪型をきれいにしたいものですが、洋装でも和装でもあまり派手なヘアスタイルや髪飾りはいけません。
ですが子どものものとはいっても高額ですし、流行もあります。
カメラを意識することは不可能であり、子どもの目線をカメラへきちんと向けることは難しいことです。
訪問着と附下は、洋服でいうフォーマル格に相当します。
子どもが生まれてから100日までの祝い事は子どもの誕生を喜び、成長を祈る大きな節目となり、家族の中でも心に残るものとなります。
どうしても機嫌が悪く良い写真が撮れないというときは、お菓子などで気を惹くという方法もあります。
この習慣はかつて宮中や公家、武家で行われていた行事でしたが、明治時代になってから多くの家庭で広く行われるようになりました。
主役はあくまでも子どもですから、両親が子どもよりも派手な装いにすることは避けなければなりません。
子どもを持った家族は、お宮参りをして食事も楽しむというまで一連の予定を楽しみにしているのです。
近年は有名な氏神様にお参りをしたいという事情で、少し遠出をする家族も増えています。
子どもが生まれてから100日までの祝い事ならお任せ!
子どもが生まれてから100日までの祝い事秘伝書
子どもが生まれてから100日までの祝い事ABC
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:azyv6a0r
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/azyv6a0r/index1_0.rdf