看護師について

June 29 [Mon], 2009, 14:12
看護師について


現在、日本は高齢化社会に向けて進んでいるといわれています。そのため、今後医療業界へのニーズもますます高まるとよくされています。
看護師とは


現在では、患者の身の回りの世話をする人にもいろいろなタイプの人がいることがわかります。例えば看護師のほかにも「准看護師」という職業の人も医療機関で働いています。
准看護師とは


現在では、看護師と一言で言いますが、その種類は多種多様になっています。看護師の中でも細分化が進んでいるということもできるでしょう。
認定看護師

認定看護師になるためには、いくつかの条件をクリアする必要があります。そのうえで、日本看護協会が認定を行って初めて認定看護師になることができます。
認定看護師の条件

看護師の種類の中には専門看護師という種類の人もいらっしゃいます。専門看護師というのは、ある特定の分野における看護活動や看護師のコンサルタントを行うことができる職種の人たちのことを指します。
専門看護師


専門看護師という特殊な看護師の職に就くためには、いくつかの条件があります。いくつかの条件について、すべてクリアしないと専門看護師になることはできません。
専門看護師になるには


現在では、病院に入院するだけでなく、自宅で療養に努めるというスタイルをとっている患者さんも少なくありません。自宅療養の場合、医者と看護師の人が定期的に自宅を訪問して様子をみるということも必要になってきます。
訪問看護師


現在は男女平等が進んできていて、女性が社会進出することも決して珍しいことではなくなってきています。逆に「専業主夫」という言葉が注目を集めていることでもわかるように、男性が本来女性が活躍する場所に進出するケースも出てきています。
男性看護師


ここは看護師の仕事についての情報を総合的にまとめてみたサイトです。

私はかつて、時間の空いたときにパートとして病院勤務していたことがありました。そこで、看護師の仕事のハードさを目の当たりにしてきた人間の一人です。
はじめに

看護師になるには

June 29 [Mon], 2009, 14:08
看護師になるには



看護師になる方法にはいくつかのプロセスがあります。看護師になるためには、看護師の国家試験を受験し合格する必要がありますが、国家試験を受験するためには受験資格を満たしている必要があります。それは、看護系の専門的な教育機関で一定期間の学習をするということです。
高等学校衛生看護科


看護師を目指す人の中で、最も多い進学コースをたどる方法に看護専門学校があります。看護師になるためには看護師免許を取得する前に、看護系の養成期間を卒業する必要がありますが、この教育機関の卒業生の実に8割が看護専門学校を卒業した生徒になるという統計もあるくらいです。
看護専門学校

看護師になるために看護短大と呼ばれるところを卒業して看護師の国家試験の資格を得ることも一つの方法となっています。看護短大のメリットとしては、必要な過程をすべて終えて、卒業することさえできれば、すぐに看護師の国家試験の受験資格を満たすことができるという点にあります。
看護短大


看護師の資格を得るためには、看護大学を卒業するという方法もあります。看護大学というのは、大学の学部の中に看護系の学部が含まれている大学のことを指します。
看護大学


看護師の資格を得るために、まず最初に准看護師の資格を得たうえで、次へのステップとして看護師の資格を取りに行くというルートをたどる看護師の人もいらっしゃいます。
准看護師学校

看護師資格

June 29 [Mon], 2009, 13:34
看護師資格



看護師になるためには、看護師免許を取得することが大前提になってきます。看護師免許は国家資格になっています。
看護師免許について


看護師の国家試験を受験するためには受験資格というものがあります。看護師の国家試験はだれもが受験することができるというわけではありません。
受験資格


看護師の国家試験ですが、年一回行われるのが通例になっています。ちなみに試験が行われる時期についてですが、若干の違いは毎年ありますが、大体2月の下旬ごろに開催されます。
看護師試験の流れ

看護師の国家試験についてですが、どのような形式で行われるのでしょうか?看護師国家試験は、一日ですべてが行われます。
看護師試験の概要

看護師の国家試験は1年に1回行われますが、合格率というものはどのようになっているのでしょうか?合格率によって、ある程度の試験の難易度を知ることができます。
看護師試験の合格率

看護師として就職するには

June 29 [Mon], 2009, 13:26
看護師として就職するには


看護師の免許を取得したら、今度はどこかの医療機関への就職をする必要があります。別に看護師資格を持っていると、どこかの病院からスカウトされるわけではないからです。
情報収集


ある程度看護師として働きたいところが決まったら、今度はその該当する病院に対して資料請求を行いましょう。資料請求をする時についてですが、別に最終候補にまで絞ってから初めて行う必要は全くありません。
資料請求をする


看護師としてどこかの病院に就職するときには、自分であらかじめ現場をこの目で見ておきたいという方がほとんどでしょう。これから働くかもしれない職場ですから。
見学会について


看護師として病院に就職するためには、いくつかの関門を突破する必要があります。その中でも看護師試験の中で多くの病院が採用しているものに筆記試験があります。
筆記試験について


看護師として特定の病院に採用されるかどうかについては、試験をパスする必要があります。病院によって多少の違いがあるかもしれませんが、通常は筆記試験と面接の2つで考査される場合が多いようです。
面接


看護師としての就職活動をしていると、病院から内定をもらうことも出てくるでしょう。では、内定に対して、どのような返事をすればいいのでしょうか?
内定をもらったら


看護師として就職することができる場所はなにも、病院とは限りません。他にも保健所などに看護師として就職するケースもあるでしょう。
保健所に就職する場合


看護師になるために必要なものにはどのようなものがあるのでしょうか?まず看護師にとって、医療に関する知識というものが必要不可欠になってきます。
看護師の医療知識について


看護師として働くには、別に医療についての知識が完ぺきなだけでは職業を勤め上げることができるとは限りません。確かに医療についての知識は看護師にとっては重要ですが、それだけでもないのです。
看護師に必要な能力とは


看護師として働いている人の現状はどのようになっているのでしょうか?現在、看護師として実際に活動している人は、およそ49万3000人といわれています。ちなみに、男性看護師の数はこのうち約11000人といわれています。
看護師の就職状況

看護師の職場

June 29 [Mon], 2009, 13:20
看護師の職場

看護師として働く職場にはどのようなものがあるでしょうか?この質問に対してほとんどの人が「病院」と答えるでしょう。
病院


看護師の働く職場は何も病院だけではありません。特に最近では、病院以外で働く看護師が増加しています。
介護施設


看護師が働くことができる職場の中の人に保健所があります。保健所における看護師の役割も病院の看護師の役割とは若干異なる部分があります。
保健所


看護師として働くことができる職場には、自宅療養をしている患者さんへのケアを重視したところもあります。各家庭ごとに訪問をして看護を行っていくというわけです。
訪問看護


看護師は以上にあげた職場以外でも活躍することができる職場はいくつもあります。例えば、普通の企業に就職することもあります。もちろん看護師として就職することが可能です。
そのほかの職場


看護師の仕事

June 29 [Mon], 2009, 12:25
看護師の仕事

看護師の仕事を具体的に見ていくと、どのようなことが挙げられるのでしょうか?まず看護師の仕事と切っても切り離すことができないのが、医療に関係する業務についてです。
医療関係

看護師の仕事には医療に関係するもののほかにももう一つの大きな柱があります。それは患者の身の回りの世話についてです。
患者のケア

看護師にとって、患者さんの情報を管理するということも重要な仕事の一つになってきます。患者さんの情報をもとにして医者は今後の治療方針を決めていくからです。
患者情報の管理

看護師の仕事は何も病院内で行うことがすべてというわけではありません。中には自宅療養をしている患者さんの人も少なくありません。
訪問看護


看護師は病院では簡易検査を行う仕事があります。検温や血圧、脈拍を測るといった仕事は看護師が中心として行っています。
医師への伝達

看護師の勤務実態

June 29 [Mon], 2009, 12:12
看護師の勤務実態


看護師の仕事のスケージュールですが、基本的には24時間体制がとられています。特に入院患者を抱えているような大きな病院では、いつ患者の容体が急変するかわかりません。患者の養田の変化にいつでも対応することができるような体制を整えておく必要があります。
看護師の勤務スケジュールとは


現在、看護師の勤務スケジュールで多く利用されているシステムが3交代制です。看護師のチームを3つに分け、24時間を3等分した8時間ずつをそれぞれのチームが働くような仕組みになっています。
3交代制について


看護師の勤務スケジュールで2交代制をとっているところも最近では増加傾向にあるといわれています。2交代制の場合、看護師の人は日勤と夜勤と言う2つの勤務時間にそれぞれが振り分けられて仕事をするということになります。
2交代制について


看護師は24時間誰かが勤務についている必要があります。患者さんの容体がいつ急変するとも限りません。サラリーマンのように日中の決められた時間にだけ患者さんの容体が急変するような都合のいいようにはいかないからです。
当直制


看護師の場合、ローテーションで勤務時間を回しているのが普通です。ですから、不規則ながら休日をとることができるような勤務システムになっています。
休日について


看護師を目指す人にとっては避けることができないものに、夜勤があります。看護師の仕事時間はなにも日中と決まっているわけではありません。24時間の管理体制が必要になってくる入院患者を抱えている病院ではなおさらのことです。
夜勤について


看護師にとって、最もきつい時間帯といわれているのが深夜勤です。深夜勤の仕事の流れはどのようになっているのでしょうか?
深夜勤の流れ

日勤の看護師はどのような仕事の流れになってくるのでしょうか?日勤の看護師はまずその前に勤務に就いていた深夜勤の看護師(2交代制の場合は夜勤の看護師)から申し送りを受けます。
日勤の流れ


準夜勤の看護師の仕事の流れはまず日勤の看護師から申し送りを受けることから始まります。そしてしばらくすると夕食の時間になりますから、準夜勤の看護師は夕食の準備や配膳を行うことになります。
準夜勤の流れ

看護師の現状

June 29 [Mon], 2009, 9:56
看護士の現状

看護師を目指している、もしくは看護師に興味がある人にとって、興味のあることの中に、看護師として働くとどのくらいの給料をもらうことができるかという点があるのではないでしょうか?ここでは、看護師の給料についてみていきます。
看護師の給料

看護師の就職環境はどのようになっているのでしょうか?現在のところ、ほとんどの病院で看護師の人手不足に頭を悩ませているといわれています。ですから、看護師として就職するには、それほどの困難さは伴わないとも言われています。
看護師の就職環境


最近では男性看護師の人が増加傾向にあります。それまでは、看護師というと女性の仕事というイメージがありましたが、最近になってその考え方も徐々に薄らいでいるようです。
男性看護師の今後


看護師というとどのような姿を想像するでしょうか?おそらく多くの人が、白衣のナース服にナースキャップを思い起こすのではないでしょうか。たぶんこれこそが看護師のステレオタイプということができるでしょう。
ナースキャップが使われなくなったわけ


病院に近頃いったことがある方は、看護師の姿にちょっとした違和感を感じた方もいらっしゃるかもしれません。それは看護師の人が、パンツルックになっているということです。
パンツルックの看護師が増えたわけ


看護師の人の制服姿は結構世間的にも浸透しているような気がします。「白衣の天使」などといわれているように、看護師の制服姿には安定した人気があります。
ナースサンダルがなくなったわけ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:松原あずさ
読者になる
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/azusakangoshi/index1_0.rdf