介護事務とは? 

July 18 [Sat], 2009, 11:20
介護事務とは?


介護事務と呼ばれている職種・職業は、介護の現場を支える役割と持っていると言われています。
介護専門の事務職


医療・介護の現場に共通して、事務職を担当している職種が存在しています。
それぞれ医療現場では医療事務、介護現場では介護事務と呼ばれています。
医療事務との相違点


介護事務がどういった職種であるのかを、前回までに簡単にご紹介してきました。
では、介護事務として向いている人材像というのは、どのような方になるのでしょうか。
向いている人材


さて、これから介護事務職を目指したいと考えている方へ、ちょっとしたアドバイスのようなものをお届けしたいと思います。
これから目指す人へ


今回は私の知人の体験談をご紹介しましょう。今では介護施設で介護事務職に就いている知人のお話になります。
転職にまつわる体験談


介護事務の仕事としては月末に介護サービスの利用状況を確認し、月初に国保連へ請求業務を行なうだけ。
そんなお手軽なものというイメージでしょうか。
こんな苦労も


介護事務は性別を限定した職種ではありませんから、もちろん男性でも就職することは可能です。
男性でもOK?


介護事務のお仕事というものは、将来性が見込めるものなのでしょうか。
これから高齢化社会が加速していく中で、いわゆる団塊の世代と呼ばれている層の方々が、
徐々に介護を必要とされるケースが増えてきます。
将来性


現在、介護事務に関連する資格が複数登場していますが、これらの資格さえ取得しておけば、
介護事務の就職に全く支障が無いものなのでしょうか。
資格と就職


介護事務に関する資格は複数ありますが、これらの資格を取得していなければ、
就職ができないという職種ではありません。
資格がもたらすメリット


介護事務はデスクワークが中心となるお仕事です。では、きつくはないのでしょうか。
結論としては「介護施設によって異なる」ということです。
デスクワーク中心


当サイトでは、介護事務に関する資格取得や仕事に関する情報を提供しています。
日本が迎えつつある高齢化社会を見越して、介護福祉分野への就職を検討されている方々のために、
当サイト『介護事務 資格取得と仕事ガイド』が、お役に立てばと思います。
『介護事務 資格取得と仕事ガイド』へようこそ!

介護事務のお仕事 

July 18 [Sat], 2009, 11:19
介護事務のお仕事

現在、介護事務として施設で働いている方々は、どういった勤務形態で働いているのでしょうか。
介護施設にとってケアマネージャーともなると、施設運営に対する責任も重いものがありますので、
フルタイムでの勤務が求められます。
勤務の実態


介護事務員が求められている職場としては、どういった場所が考えられるのでしょうか。
高齢化社会の加速と共に日本では介護分野への従事者へ対する需要も高まりつつあります。
こういった需要の中には、介護事務員として介護施設を支える人材も含まれていると言います
必要とされる場所


介護事務のお仕事を選ぶことについてその魅力とはどういったものがあるのでしょう。
介護保険制度が2000年4月より導入されたことで、介護サービスの料金の殆どを国・自治体が負担してくれるようになり、介護サービスを受ける必要がある方々にとって、経済的な意味で助かるようになっているはずですね。
魅力とは


介護事務のお仕事内容として最重要なものとして挙げられるのが介護報酬請求の業務です。
一般的にレセプト業務とも呼ばれています。ケアマネージャーに代わって行なうことになります。
介護報酬請求


現在、介護サービスを提供する施設のうち、訪問介護を提供する施設が大きな割合を占めているとされています。介護事務のお仕事としては、訪問介護に関連する計画作成から、どのスタッフが派遣され、どのような内容の介護が提供されるかという詳細な仕事の内容を把握しておく必要があります。
訪問介護に関わる事務


介護事務が携わる介護サービスの1つに訪問介護と同様に、日々人の移動が関係する介護サービスの種類として、通所介護というものがあります。
これは利用者さんに介護施設へ来てもらうもので、その際には送迎も必要となるのが一般的ですね。
通所介護に関わる事務


介護事務のメイン業務としては、介護報酬請求を進めることになります。
そしてこの中には国保連合会との接点が多く存在します。
国保連合会(国民健康保険団体連合会)は、全国の都道府県知事が認可することで国民健康保険法・第84条に基づいて設立されている機関です。
国民健康保険団体連合会


介護事務として介護施設で働く上で、リハビリテーション計画書の作成というのも重要な業務の1つとなるでしょう。
計画書ですから、提供が終了した介護サービスをチェックする介護報酬請求の業務と異なり、将来の計画を作成するという業務にも関わることになる特徴を介護事務は持っているのです。
リハビリテーション計画書


介護事務職が注意しておくべき点として、個人情報保護と制度改正への対応が挙げられます。
個人情報保護については、介護事務に限られた話ではありませんが職務上、多くの個人情報を扱うことになりますので気をつけておく必要があるものです。
個人情報保護と制度改正


介護事務上で行なう介護報酬計算について具体的な基準などをご紹介してみたいと思います。
少しボリュームがあるので3回に分けてお送りいたします。今回は第1回目です。
介護報酬の計算(1)


今回は第2回目です。介護事務上、介護報酬として請求できるものの1つとして、
「基本食事サービス費」というものがあります。これは毎日の食事に必要となる費用が相当します。
介護報酬の計算(2)


今回は第3回目です。介護サービスというものは、現場スタッフが労力で提供するものだけではありません。前回ご紹介した用具の購入も介護サービスですし要介護者が住まう住居を改修するようなことも、
介護サービスへ含まれる要素なのです。
介護報酬の計算(3)


介護保険の事業者(介護施設)は本来都道府県の指定を受けているものです。
そういった介護施設からの介護報酬請求へ対して、国・地方地自体が保険料や報酬を支払うという制度になっています。
しかし、介護事務上で介護報酬請求を行なう際に、気をつけておきたいものが「基準該当サービス」と呼ばれるものです。
例外的な基準該当サービス


介護事務上の業務である介護報酬請求について、注意が必要となる事象をご紹介したいと思います。
少しボリュームがあるので2回に分けてお送りいたします。今回は第1回目です。
介護事務上で介護報酬請求を行なう場合、介護扶助が行なわれている場合に気をつけましょう。
介護報酬請求で注意すべきこと(1)


今回は第2回目です。介護事務者が介護報酬請求を担当する介護施設としては、老人ホームなどの施設もあることでしょう。
介護報酬請求で注意すべきこと(2)


介護事務職が介護報酬請求を行なう場合、パソコンを使うことが前提となります。
医療事務の現場では、未だ紙ベースで請求書などがやり取りされています。
介護報酬システム


介護事務として毎月、介護報酬の請求を行なうことになりますがその過程ではミスが生じてしまう可能性はゼロではありません。
もちろん正確さこそ腕の見せ所ではありますが、人間に100%を求めることは現実的ではありません。
介護報酬請求のミス


介護事務の給料相場はどのくらいなのでしょうか。これは雇用形態や地域によって格差があるため、
一概に断言することは出来ないものではありますが、正社員の場合は15万円?18万円が相場のようです。
給料

介護事務の現場 

July 18 [Sat], 2009, 11:18
介護事務の現場

介護事務職として就職する可能性のある現場について、ご紹介していきたいと思います。
今回は「特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)」です。
特別養護老人ホームは、利用者さんが入所して日常生活を送る形態の介護施設であり利用(入所)できる条件としては65歳以上が原則となり、訪問介護などを在宅状態で受けることが困難な要介護者に限られています。
特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)


介護老人保健施設は、入院を余儀なくされた高齢者の方について、
その退院後に家庭(自宅)への復帰を促進するという重要な役割を担っている施設になります。
介護老人保健施設


介護療養型医療施設は、医療施設(病院)において急性期へ対する治療が段落し、
怪我・病気が安定状態へと入ってはいるものの、長期間に渡って今後も療養治療が必要と判断されている
お年寄り(要介護者)を介護する施設です。
介護療養型医療施設


訪問介護は、訪問介護員(介護福祉士・ホームヘルパーなど)が、
介護施設から利用者さんの家庭(自宅)を訪問し、必要となる介護サービスを提供する形態になります。
訪問介護


デイサービスセンターは、身体・精神的な障害を理由として、
日常生活のあらゆる行為へ対して介護が必要となる方を介護施設へ集め、レクリエーション・食事・入浴・リハビリテーション(機能訓練)などの介護サービスを幅広く提供している施設です。
通所介護(デイサービスセンター)


認知症高齢者グループホームは、認知症対応型共同生活介護と呼ばれる介護サービスを提供します。
認知症高齢者グループホーム(認知症対応型共同生活介護)


現在、このユニットケアサービスは、介護業界で注目を集めています。
介護事務に携わる場合には知っておきたい言葉です。
ユニットケアサービス

介護事務に役立つ資格 

July 18 [Sat], 2009, 11:16
介護事務に役立つ資格

財団法人日本医療教育財団が実施する認定試験です。ケアクラーク技能認定試験に合格すると技能認定合格証が交付された上で、「ケアクラーク」という称号を授かります。
ケアクラーク技能認定試験

今回は「介護事務管理士」です。


技能認定振興協会が実施する技能認定試験です。介護事務管理士の位置づけとしては、
各介護施設においてケアマネージャーが行っている、介護事務全般をサポートする事務の専門家に相当します。
介護事務管理士


財団法人老齢健康科学研究財団が実施する認定試験です。合格して介護保険事務士となることで、介護給費請求事務・給付管理事務についての、専門家(エキスパート)として認められます。
介護保険事務士


NPO法人医療福祉情報実務能力協会が認定している、介護事務実務士を目指すための講座であり、
講座の修了技能認定試験に合格すると「介護事務実務士」という称号を授かります。
介護事務実務士



内閣府認証の特定非営利活動法人である、医療福祉情報実務能力協会が実施する認定試験です。
介護情報実務能力認定試験に合格すると、認定証書が交付された上で、「介護事務実務士」という称号を授かります。
介護情報実務能力認定試験


直接的に介護事務を取り扱う資格ではありませんが介護事務として併せ持つことで大変役に立つ知識スキルとなります。また、給与などの待遇向上のためにも重要なものだと言えます。
一緒に取得すると有利な資格(1)

今回は「保育士」と「ホームヘルパー」です。保育士は、ちょっと意外と思われる方も多いと思います。
しかし、この資格も介護分野・介護事務で活躍するものなのです。
一緒に取得すると有利な資格(2)

介護事務を学ぶ方法 

July 18 [Sat], 2009, 11:14
介護事務を学ぶ方法

主にケアクラーク技能認定試験に代表される介護事務の勉強は、通学講座・通信講座のどちらでも選択可能なジャンルです。
心構えと効率


さて、前回の記事で独学での介護事務学習は、効率的では無いということをご紹介したと思います。
それは事実だと思います。やはり専門の通学講座・通信講座がベストだと言えましょう。
独学


介護事務に関連する資格の勉強を行なう場合、学習手段には通信講座という選択肢があります。
通信講座

学習手段には通学講座という選択肢があります。介護事務に必要な知識・スキルを磨く場合、
最も効率的なのが専門のスクールへ通って、介護事務講座を受講することだと言えます。
通学講座

特定の技能・知識を習得するために学習を行なう場合、教育給付金制度というものが利用できるケースがあります。もちろん、これは介護事務の資格取得に限ったものではありません。
教育給付金制度

介護事務に関わる知識・スキルの習得のためには、それなりに深い学習が必要となりますので、
一筋縄ではいきません。今回は介護事務の資格取得や業務遂行に役立つ、介護事務関連の書籍をご紹介しましょう。
関連書籍

介護事務の講座 

July 18 [Sat], 2009, 11:12
介護事務の講座

介護事務関連の資格取得を目指した学習のために、通信講座を利用して勉強する方法があります。
今回は「ユーキャン」をご紹介しましょう。
ユーキャンの通信講座で目指すことができる介護事務資格は、「介護事務管理士」となっています。
通信講座 ユーキャン


今回は「ニチイ学館」をご紹介しましょう。
ニチイ学館の通信講座で目指すことができる介護事務資格は、「ケアクラーク」となっています。
財団法人日本医療教育財団が認定する資格ですね。
通信講座 ニチイ学館


今回は「ニック(日本医療事務センター)」をご紹介しましょう。
ニックの通信講座で目指すことができる介護事務資格は、「介護事務管理士」となっています。
技能認定振興協会が認定する資格ですね。
通信講座 ニック(日本医療事務センター)

ヒューマンアカデミーの通信講座で目指すことができる介護事務資格は、「介護事務実務士」となっています。NPO法人 医療福祉情報実務能力協会が認定する資格ですね。
通信講座 ヒューマンアカデミー


今回は「ニチイ学館」をご紹介しましょう。ニチイ学館の通学講座で目指すことができる介護事務資格は、
「ケアクラーク」となっています。財団法人日本医療教育財団が認定する資格ですね。
通学講座 ニチイ学館

ニックの通学講座で目指すことができる介護事務資格は、「介護事務管理士」となっています。
技能認定振興協会が認定する資格ですね。
通学講座 ニック(日本医療事務センター)


ヒューマンアカデミーの通学講座で目指すことができる介護事務資格は、「介護請求事務実務能力認定試験」となっています。全国医療福祉教育協会が認定する資格ですね。
通学講座 ヒューマンアカデミー

介護事務の就職活動 

July 18 [Sat], 2009, 11:00
介護事務の就職活動

介護事務関連の資格取得まで辿り着いた場合、その次は就職先を探す段階へと入りますね。
今、どこかへお勤め中であったとしても、資格取得を契機に転職などの選択肢も広がっていると思います。
探し方いろいろ

さて、前回の記事でも少しご紹介していますが、介護事務職に限らず就職活動の基本(定番)としては、
やはりハローワークを利用することにあると言えます。職業安定所とも呼ばれていますね。
ハローワーク

介護事務職として勤務するための就職先を探す場合、それまでに利用していた専門学校・スクールの、
フォロー制度を利用するという方法もあります。スクールに就職先を斡旋してもらうということですね。
スクールの斡旋

介護事務の関連資格を取得した後や、介護事務職として実務経験を積んだ後に、
独立開業する方も出てきているそうですよ。
開業という選択肢
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:matubara
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる