観劇記録 

August 22 [Tue], 2017, 17:53
2006年
0724 開放弦(G2プロデュース)
0728 開放弦(G2プロデュース)
1223 ナイスエイジ(ナイロン100℃)

2007年
0126 ロープ(NODAMAP)
0309 橋を渡ったら泣け(生瀬勝久演出)
0328 橋を渡ったら泣け(生瀬勝久演出)
0727 お気に召すまま(蜷川幸雄演出)
1006 犯さん哉(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出)
1026 犯さん哉(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出)
1028 犯さん哉(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出)
1117 ハンブン東京(内村光良作・演出)
1208 わが闇(ナイロン100℃)
1222 キル(NODAMAP)

2008年
0125 キル(NODAMAP)
0209 恋する妊婦(岩松了作・演出)
0220 恋する妊婦(岩松了作・演出)
0401 身毒丸(蜷川幸雄演出)
0408 どん底(ケラリーノ・サンドロヴィッチ上演台本・演出)
0730 SISTERS(長塚圭史演出)
0920 シャープさんフラットさん−ホワイトチーム−(ナイロン100℃)
0920 シャープさんフラットさん−ブラックチーム−(ナイロン100℃)
1018 シャープさんフラットさん−ホワイトチーム−(ナイロン100℃)

2009年
0110 パイパー(NODAMAP)

2011年
0824 奥様お尻をどうぞ(KERA×古田企画)
1116 ノーアート・ノーライフ(ナイロン100℃)

2012年
0427 百年の秘密(NYLON100℃)
1213 祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出)

2014年
1001 社長吸血記(ナイロン100℃)
1202 夕空はれて‐よくかきくうきゃく‐

2016年
0518 8月の家族たち(ケラリーノ・サンドロヴィッチ上演台本・演出)
0727 ヒトラー、最後の20000年(KERA×古田企画)

2017年
0211 陥没(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出)
0820 プレイヤー(前川知大作・長塚圭史演出)

劇団四季観劇記録 

June 10 [Sat], 2017, 18:14
2005年
0901 ライオンキング
0917 CATS
1231 CATS

2006年
0105 南十字星
0117 CATS
0216 CATS
0218 オペラ座の怪人
0301 CRAZY FOR YOU
0307 CATS
0324 CATS

0429 CATS
0507 ライオンキング
0514 オペラ座の怪人
0606 CATS
0708 オペラ座の怪人
0811 エビータ
0815 CATS
0822 ライオンキング
1227 CATS

2007年
0114 オペラ座の怪人
0210 コンタクト
0428 ユタと不思議な仲間たち
0511 ユタと不思議な仲間たち
0525 ユタと不思議な仲間たち
0602 CATS
0608 解ってたまるか!
0630 ジーザスクライスト=スーパースター ジャポネスクバージョン
0716 ジーザスクライスト=スーパースター ジャポネスクバージョン
0704 ジーザスクライスト=スーパースター エルサレムバージョン
0816 WICKED
0819 ジーザスクライスト=スーパースター エルサレムバージョン
0824 ジーザスクライスト=スーパースター エルサレムバージョン
0826 WICKED
0912 WICKED
0922 この生命誰のもの
1120 WICKED
1123 アイーダ
1207 ウェストサイド物語
1226 ハムレット
1228 WICKED

2008年
0114 ウェストサイド物語
0302 ユタと不思議な仲間たち
0511 赤毛のアン
0531 ライオンキング
0606 異国の丘
0608 CATS
0624 CATS
0630 人間になりたがった猫
0720 美女と野獣
0805 CATS
0826 夢から醒めた夢
1025 ジーザスクライスト=スーパースター ジャポネスクバージョン
1101 マンマ・ミーア
1116 劇団四季ソング&ダンス55ステップス

2009年
0218 ジーザスクライスト=スーパースター ジャポネスクバージョン

2010年
0613 サウンドオブミュージック

2011年
0715 ジーザスクライスト=スーパースター エルサレムバージョン
0811 CATS
0812 美女と野獣

2012年
0105 CATS
0128 オペラ座の怪人
0222 壁抜け男
0321 ユタと不思議な仲間たち
0327 ガンバの大冒険
0816 美女と野獣
0902 夢から醒めた夢
0915 ライオンキング
1103 ジーザスクライスト=スーパースター エルサレムバージョン
1208 ジーザスクライスト=スーパースター ジャポネスクバージョン

2014年
0327 ライオンキング

2016年
1101 壁抜け男

2017年
0610 夢から醒めた夢(浅利慶太プロデュース)

不穏な幕開け 

April 07 [Fri], 2017, 23:46
二幕始める前は、ともかく人間関係のことばかり心配していましたがー、始めてみると、システムに悩まされております。
絶対おかしい人を壊すシステム。
疲弊していく、余裕のない、この状況。
どうやらおかしいと言う人すらいないらしい。
やばくね?
いやいややばいっしょ。
5日目にして声も大きくなるってもんです。

愚痴は裏で言うって決めてた愚痴は、つまりは悪口想定だったけど、これもう労働問題だから。
私パニック障害になるかと思ったもん。
急に動悸がしたり。
やばいね。
二幕早々に閉幕するかもよ。

昨日も今日も泣いてます。
絶対おかしい。
いつまで持つのでしょう。
誰かに会ったら泣いちゃうよ。

一幕終了 

April 01 [Sat], 2017, 0:11
社会人になってからの第一幕が終了しました。
しこたま泣けそうだったけど、我慢しました。
我慢しない方が良かったのかな。
でも、前向きに、そしてまた会える!って思いたいから。
ここで終わりー!って思いたくないから。

ほんとに一幕幸せでした。
大好きでした。
大好きな人いっぱいいました。
こうして、名残おしーい!と終えられるのは幸せですね。

二幕は二幕で頑張ります。
きっとまたいい出会い、大好きな人現れるはずです。

強いけど弱い人
世論を作る人
厳しかったけれど、、、

まあ有り難いことです。

二幕は品格目指します。
姿勢良くします。
言葉遣い気をつけます。
愚痴や文句は裏で言います。

しばらくはご意見番封印。
世論作るの封印。
人当たり良く頑張ります。



ありのままを受け入れて貰えて幸せだったけど次は求めない。

また会う日まで。

陥没 

February 11 [Sat], 2017, 9:57
備忘録

○ケラさんの舞台は基本全部見たいし、書き下ろしだし、キャストは、グットバイできゅんきゅんさせられまくった小池栄子に、大好き山西さん、山内さん、安定の犬山さん、山崎一さん、緒川さん、生瀬さん、というケラさん舞台でよく見る方々で、それに加え、ミュージカル界の貴公子、井上芳雄、「海はないけど夢はあるー!」もおこだわりも好きな松岡茉優ちゃん、とと姉ちゃんで見てた趣里ちゃん(伊藤蘭と水谷豊の娘なのはさっき知った)、高橋惠子、近藤公園、ブシメシ見てるー瀬戸くんという、全てのキャストに期待が持てる布陣で「絶対見たい!」という思いが並々ならない。
○前回「キネマと恋人」もそんくらい意気込んで、やっとこさチケットとれたのにインフルエンザで公演中止になり、賞とか取る度、見たかった・・:と思いまくってたのに、それも相まってやっと行けて超嬉しい。
○そこしか席なかったから仕方がないけど、1回後方端の席で、役者の表情をもっと見たいと思った。(けど、よく見えないけれど、よく伝わってきた。そこらへんがケラさんが言う小屋の大きさと、演技のオーバーさのバランスなんだと思う。凄い。)
あと、脇役を誰が演じてるかがわかりたい!ってのがあって、乞食は山西さん以外はちっともわからなかったな。高橋惠子の乞食見分けたい!電器屋とか、運転手とかも最初誰かわかんなかったもんな。それだけ役がすぱっと分けられているんだけど。(そんな中確実に二役と分かる山内さん。社長吸血記もそうだった。最高すぎる。)
○凄い笑いたいし、笑いもおきてたけど台詞聞き逃したくなくて、じれったい
○パンフでやまにん?が言ってたけど、笑いへの間口がひろがってるのを感じる。みんなバンバン笑ってた。私はあの、分かってない人を置いてく感じ好きだったけどな。ケラさんこう持ってくなってとこで笑いが起きると、分かってたよというちょっとした反抗心で笑わなかったり。
○私にしてはかなーり珍しく知人を誘い、ケラさん初見の方だったので、まあ一般人ウケするかんじなのは良かったかな。役者はかなり誉めていたけど、ケラさんの良さは伝わったかしら。
○ケラさんが何度も何度も書き直した人物相関図ってのが見たい。ケラさん群像劇がやっぱり上手い。主役の二人はいるけど、どの人物もキャラクターがあぶりだされていて、どれも愛らしい(途中まですんごい嫌いだった大門も、ミイラの件から愛らしい。)
○グットバイほどではなかったけど、私の求めている、思いあってる二人のもどかしい関係にきゅんきゅんってのがたまらない。もう小池栄子の強がり、弱さ、建前、本音、全てがかーわーいーいー。凛としてるのに、可愛くて魅力的。「おっぱいの大きいバカ」っての言わせるあたり、いいよねー。小池栄子目指そ。
○ミュージカル界の貴公子、井上芳雄を初めて見るのが、ケラさんのストレートプレイになるとは思いもよらず、社長の娘の夫でなくなったのに、あふれでる高貴な雰囲気は役柄でなく、中の人のものでしょう。(母子家庭だし、そんな裕福な設定じゃなかったよね?離婚後は湯タンポ屋はやめたのよね?)
それでも、総じて、プリンス感、キラキラ感は抑えられてたように思います。しかし、本音語りの粉シーンと、最後大門に激怒するシーンは、魅力マシマシで、迫力は流石、そしてセクシービームが出ていた。格好いい。もう好き。
しかし、ほんと席が遠く顔はよく見えなかったので、遠目のスタイルが好きというか立ってるだけでセクシー(特に瞳と窓子の話を盗み見してるとこは良かったな)
瞳のセリフの是晴さんの好きなところ「足が長い。顔がいい。」というのはみんなうなずくところ。
○山西さん演じる八雲。ほとばしる狂喜。いや怖いよあの人。理性抑えられてないじゃん。大門の次にやばいでしょ。だからこそ、鳩さんの部屋の風呂にいた乞食をみんな「八雲さんじゃないの?」って言ったのが繰り返し繰り返し思い出して面白い。コーラ全部飲もうとするのとか。やっぱり怖いわ。
○神様二人、三宅マンとリエさん最高ですね。アフレコなかんじがしない山崎さんも流石。憑依したあとは、高橋惠子がリエさんに見えた。山内さんの女演技も大袈裟で笑えた。
まさか、神様と死人(しかも死んでから二年)が出てくる系の話と思わなかったから、どうなるのかとやきもき。ケラさんは、あの見えてない人出すの好きよね。全部見えてるお客だけが楽しめるアレ。好きです。
○山内さん演じる船橋がどう考えても怪しくて、トイレで何があったー?とか、結ちゃんと星空って!って、突っ込まずにはいられないんだけど、ホレチマーウ飲む前の船橋の言葉は信じられたし、結ちゃんもなんもないって言ってたし、なんだ良かった良かったと思ったら「船橋だ!指名手配って書いてある」ってベタだからこそみんな一瞬納得したとこで、女の人の上「美容クリーム」と外すとことか好き。
○マドコマルヤマは勿論好き。緒川さんがパンフで昭和の言葉遣いは丁寧で、その良さをプレゼンテーションできるのがこの仕事と言っていたけど、本当にそれを体現してる。丁寧で美しくてきれいで、だからこそ、とぼけたときのおかしみ。是晴さんのマネしてたのが見られてた時とか最高。あとすぐ話割り込んできたり、カバのぬいぐるみ、ウツボだと思ってたり、泣いてるのはそのぬいぐるみのせいだと思ったり。瞳さんと本当にナイスコンビ。
○是晴さんのどこが好き?って言われて、沢山沢山出てきちゃうとこが泣ける。大門が最初っから、なんでも話す雰囲気とかけ離れていたのが布石になってる。ラストシーン、是晴が未来を語り、それを背中で聞いて、清晴の「どうして泣いてるの?」で終わるラストは最高すぎる。抱き合って終わる!!!みたいなラストじゃないのが余韻で素晴らしい。
○趣里ちゃんは、役柄もあるがプリプリぶりっこの仕草がハマりすぎ。話し方、ハキハキ感に違和感あるものの、芸能人役だから合ってる。ただ中身神様(しかも男)の時も、仕草が可愛かったからな。地がかわいいのでしょう。ホレチマーウ入れるときや、オイラもかわいくて最高だけどね。
○松岡茉優ちゃんは、最初、瞳さんに嫉妬してる感じがよく出てたけど、キャラクターなのか、あの突然笑い出したり、笑顔で嫌味言ったりするかんじが、まあ今時っぽくて浮いてたかな。すごく力みを感じて、茉優ちゃん出ると親目線?なのか緊張しました。
○山崎一さんの亡霊最高だなー。白塗りのカーテンコールも笑えた。突っ込みもボケも出来て最高。
○瀬戸くん。ケラさんはああいうバカで、言うこといちいちボケみたいで笑えるけど、本質を鋭く突くみたいな役作るの好きよね。祈りと怪物の大倉さんとか。
一緒に行った先生が「姿勢の強ばったかんじがアスペの特徴をよく捉えてる」と言って、そっか実社会ではアスペの人になるのかとそこで納得したり。劇中では、周りの人はみんな清晴を認めていて尊重していて、障害者だからこうとか決めつけていなくて、それはもしかしたらフィクションだからかもしれないし、昭和という時代のせいかもしれない。でも清晴と周りの関係はほんとは理想なのかもしれないな。
「(言っただろ?に対して)言っただけかと思った。」とか
「(是晴いないっての言葉だけ捕まえて、目の前にいるのに)いないの!?」とか
「殺しちゃえ!いーぞいーぞ!」とか
面白いけど本質をついてていい。
イケメンスタイリッシュなパブリックイメージを越え、ケラさんが誉めてるだけある技術力を要する素晴らしい演技でした。カテコは清晴で出てきて、カテコくらいは・・・と思ったけど2回目はイケメンに戻っていましたね。

あと清晴に対する是晴の態度も優しくてほんとに素敵。
まだ登場せず、どんなキャラクターかわからないときは「(車の免許とれたの?に対して)とれたんだよ、どういう訳か」って言ってて、ちょっとバカにしてんのかな?仲いいのかな?どんなやつなのかな?と思ったけど、出てきて関係性がわかってくると、別な感じをうけたりする。
○私はともかく、説明しすぎは嫌いで、だんだんわかる人にはわかるってなってくのが好きだから、二人の関係も会話の中で見えてくるこのかんじはとってもタイプ。
○もう1回見たいなー。でも無理だろうなー。

ヒトラー、最後の20000年 

July 27 [Wed], 2016, 23:58
ヒトラーの本物の映像を、2枚目のシングル発売の握手会って説明しちゃう。

マネージャー通すと演出家怒っちゃうよ。江口洋介なんか。。。

雨降ってきたときの衝撃。

妖女ゴルゴンゾーラの装置には思わずすげけと声が出る。

ガブリエル、本人が言うとゲブリエル。

観劇帰りのうざい主婦。観客席にもいるんでは。

遅れてきた仕込み客。

単位パイヤ。

アンネの姉としか呼ばれない。

B12列を執拗にいじる。

カテコで一言はお気にいりの台詞?

ラッスンゴレライ?永野などなどは、アドリブっぽく見せてる。犯さん哉でもあったね。

兵士の大倉さんスタイル良すぎ。かっこいい。

死に際のうわ言が演歌歌手のマネージャー。

なんでチーズ料理にこだわりますか?

ジャンボリーはボーイスカウトの曲だから!

スキャットマンジョンは子守り歌だと思う人
バラード調なB列12番のスキャットマンジョン。

精神カウンセラー佐々木外蔵、ダンサーの弁蔵

二本目の舞台でサブカル寄りな女優

大倉さんが賀来くんと山西さんの親子のシーンは、お客さんシーンだけど、袖でクククク笑ってるというの思い出して、どのシーンかなと思ったら、朝食のシーンとお見合いのシーンだね。
にっころがし食べないし、すぐ話反らすし。山西さんの芝居はほんと説得力あるよね。
でずっと、黒人差別してるのも、ガブリエルが少しひっかかってるのも、ずっとクスクスくる。

蕎麦屋のたて読みは犯さん哉の「みざり ちんこ うね肩」が忘れられない身としては予見できたね。賀来くんの蕎麦屋は全力で頑張ってる感がひしひしと。

器が小さい。台湾料理みたい。

長男個人面談メモ 

February 06 [Fri], 2015, 1:35
幼稚園最後の個人面談
先生に言われたことメモ

怒られるのが苦手
そもそも怒られることをしない
ゲームで負けるのも一回なら我慢できるけど、
三回続けて負けるとこっそり泣いてる
後ろから先生に抱きつくときはうるうるしてる時
年少さんがいる時は絶対に抱きつかないけど年長だけになると抱きつく
プライドが高い
負けず嫌いで、みんなより先に止めるとは
言えない

平仮名は最初はへろへろで時間がかかっていたけれど、年明けから筆圧も強くなって半分くらいで終わるようになった。
自由に絵を描くのが苦手だったけれど、アルバムに恐竜描いて自信をつけたのか図鑑を見ながら恐竜を描いている。

知能テストは一時間半くらい集中していた。
時間で区切られると、悔しがってもっとやりたいと言っていた。
IQ102
メンタルワークは得意な方。
根気強く取り組めている。
人見知りせず、誰とでも仲良く遊べる。
仲良しな子(ttyくん)もいるけど固執しない。


私の感想。
座学系も集中しているようなのでとりあえず小学校もやっていけるだろうと安心しました。

次男二歳目前 

December 15 [Mon], 2014, 22:11
次男がますますしゃべりだし、ますますかわいい。

長男のおもちゃの
ボタンを押すと「ももがさんこ」というのを
「もももなっの」って言うのがかわいすぎ、何度もやっても必ず「もももなっの」と言うのがかわいくて長男も何度も言わせてる。

お風呂に貼ってある日本地図の
名産品も
たこ、いか、ふぐ、のり、りんご、いちご、みかん、
辺りは繰り返したり、ものによっては指差せば言える。
でも、
しゃちほこ、かみなりもん、だいぶつ
あたりはポカーンで言わない。

あと、
みみ、め、はな、くち、は
あたりは、ここは?とか、みみはどこ?とかで言えるし指せる。

トーマスはぱーちー(パーシー)
駐車場って言葉が出ると必ず「ちゅーちゃどー」と繰り返す。
相棒のテーマのメロディ完璧。
とーんーねーる♪と歌うと「ぽっぽー」という(ブンバボ)

二語文は
にーちゃーん!おいでー!

ボール!とってー!
が出たような。

お兄ちゃん→にーちゃん
お父さん→おっとー
お母さん→まま
と、教えても→こう繰り返します。

ありがとうと教えても頭をぺこって下げるだけ。長いらしく、あーと!って教えたら何やら言ってた。

あけて
とって
て(手をつなぎたい)
おいで
だっちょ(抱っこ)
など要求を言えるようになったので、応えてあげやすい。

相変わらずにーちゃん大好きです。
毎日かわいすぎの次男です。

夕空はれて‐よくかきくうきゃく‐ 

December 02 [Tue], 2014, 22:07
初めての別役実なんですよ。
どうもケラさんの好きな人らしい。
ナンセンス、不条理らしい。
楽しめるかな。笑えるかな。
どうやら笑えるらしい。
独特の世界らしい。
理解できるかな。

という不安を抱えて青山円形劇場にも初めて向かう。
なんて素敵な劇場。
もっと来たかった。
360℃ほんとに客席だ。
黒い十人の女見たかったな。

で始まる。
説明しすぎないのが面白いと感じる私でも、驚くほどの説明のなさ。
え?何?何?
って感じだけど、男1(仲村トオルさん。格好いい人って声だけでも格好いいんだなあ。惚れるわ。)が、観客と同じ立場で、わからながってくれるから助かる。
どうなるんだろ、ずっとこのやりとりだけど、って思ってると休憩。えー!

わからなさすぎるのでパンフレットを購入し、すぐ読む。
なるほど、戯曲の面白さを純粋に味わえばいいんだな、色々説明を求めないわけね、と何やら腑に落ちたとこで後半。

後半になってようやく池谷のぶえさんが出てくる。ナンセンス演じてる人も大変だ。
山崎一さん、犬山イヌコさんは、存在自体ナンセンス。台詞にブレがないというか説得力がある。
緒川たまきさんは美し怖い。途中、たぶんアクシデントで髪飾りがずれたけど、美しく直していた。美しいからこそ怖い。
奥菜恵さんはメイクが役柄によく合っていて、目の大きさが際立って怖かった。
マギーさんは飄々としてたな。

別役さんの本は、私の感覚でいうと、
前衛的で、大学で演劇やってる人が好きそうな大衆は理解できないような感じだけど、ケラさんの演出で見れる、見せる、舞台になるんだなと感じた。
あの空気、飲み込まれる感じ、ああいうのがウマイなあ。
不気味なところが際立つというか。
音、回転、立ち位置、それで全然違うもんな。

終わってみて。
癖になるというか、他にも別役さん観てみたいなと思った。
あとは、ああいう繊細な空気感を出せる演出や、役者さんたち凄いな。
帰り道「つまりみんな死にたがってたってこと?」と話してる声が聞こえて、そうじゃないんだよな。つまりとか話の筋書きがどうとかじゃないんだよなとわかった気になる。

分かりやすいものがウケるこの時代に分からないものを作る人達すげー。

座席を立って振り向いたら槙尾さんと目があった。
吸血記良かったですよーとか言っちゃおうかと思ったけど、まさか言わず。
そうそう、始めからケラさんがメモ片手にいましたね。隣りの人びっくりして、メモも興味深そうに見てた。そりゃそうだ。

今日感じたのは、お客さんのどのくらい純粋に楽しめたのかな。そんなみんなじゃないように思うの。で大半は、こういうのも楽しめる俺的なかっこつけじゃないのかね。私も含め。
山西さんみたいに痺れるほど別役さんどっぷり浸かれないわー。
わかる人かっこいいな。

帰り道電車で、パンフレット全部読んで、緒川さんの言ってることは凄いわかって、それが狙いならめっちゃ伝わってたぞーわかってたぞーと思う。

男1が結局死ぬんじゃないかと思ってドキドキしたけど、とりあえず、飲み込まれず誤解されなかったのは良かった。
うん、最後の方は、言ってなくてもよくわかってドキドキハラハラした。
男1とおんなじ気持ち。そしていやーな感じで終わる。くせになるね。

講演会 

November 22 [Sat], 2014, 9:52
昨日は市内の幼稚園連合みたいなとこの主催の講演会に行ってきました。
去年と同じタカハマ先生です。
去年の講演会の感想を幼稚園のお便りで読んで、面白そうだなと思って著作を図書館でリクエストしまくり、片っ端から読みました。
考え方が凄いしっくり言って、自分に合ってるようなかんじがします。

それで今年の講演会なので、ウキウキ申し込み、前から3列目センターあたりに一人で乗り込む。
ハナマルの宣伝みたいなチラシを貰って読んじゃったから、うーんこういう講演会も結局は勧誘の為なわけだよなー、とか最初に衆議院議員の秘書が出てきて、ふんっと斜に構え、そしてタカハマ先生もおじさんで胡散臭いと言えば臭いので斜に構えるとこから始まりましたが、さすが講演会沢山やってる人は話が面白いなあ。前ジャムおじさんの声の人の講演会の時も思ったけど、プロってこういうもんだね。
タカハマ先生なんて、凄いだらだらしゃべりっていうか、横道脱線超特急って感じでずっとしゃべりつつ、説明も私本読んでるからわかるけど、他の人わかってるのかなーと思うような早口だったり、途中、色んなタイプの人物の形態模写するんだけど、それがめーっちゃ笑えて、ともかく笑えるとこがたくさんあるんだけど、でも話の筋っていうか本質っていうか、実のある話なのが凄い。キミマロとはここが違うね笑。
でもほんと、キミマロとあんまり変わらないよね。夫婦間の溝が生まれる図式とか、お父さんの存在が家庭内でいかに小さいかとか、めっちゃウケまくっていたけど、でも解決策みたいなの示してくれるのが流石講演会です。タカハマ先生に追っかけがいるのもわかるなあ。面白いから。

知ってるエピソードも色々あったけど、タカハマ先生が言うと更に面白かったり、子供の心に共感して涙が出そうになったり、本よりもずっと心に来ました。
最後に弾き語りして、泣いてる人もいるけどそれはちょっとね。宗教がかってるような。でもお上手でした。

教員としても役に立つ話も沢山ありました。でも学級崩壊は先生の責任どか言い切っちゃうとなー。まあとってもわかるけど。

子供とは「大人に基準を求める」存在。
わがままラインを越えたら動物的に威嚇。
威圧感、迫力。
「おれの父ちゃん厳しくってさーゲームは買ってくれねーんだー」なんて言いながら、とっても満足、真っ直ぐ育つ。

ってあたり。
私威圧感ばっかりだから、そこはあれだけど、でも厳しくなれないのもダメって言われて、厳しすぎる私としては少しほっとした。

あとメモしたのは、

欲しくても手に入らない経験。
ルソーも、子供をだめにするなら、何でも与えすぎればいいと言ってた。(→ルソーの本読みたい。分かりやすそうなの探そ。)

お小遣いは小学生のうちはいらない。欲しいものを親に言って、親が必要だと思えば買ってやる。(→金銭教育かじったものとしては、うーん。でも与えるにしてもお菓子代とかで少額でいいのかもな。とか考える。)

子供の問題行動。
神様である子供が「おかしい」って教えてくれている。

イライラしてる自分に嫌悪感を持つのではなく、イライラしてる自分を笑っちゃう自分を持つのが、有効。

叱る時は能面のように。(これは私やらなくても十分怖いから、気を付ける。)

デート法(不登校など問題行動が起きたら夫婦でデート)

お母さん同士のへりくだりの挨拶言葉に注意。

家族ぐるみの付き合い(今これ不足中。誰かと出会えるといいな)


あと、検索したいのは
ラポール(心のパイプ)
養老孟司(自分の壁みたいな題名の本)
アスナロ学園イナガキ先生
村上龍さんの大人は疲れてる発言

これは話でほとんど触れてないからちょっと調べてみたいな。

以上メモでした。
こうしてまとめるとメモ捨てられるしいいな。
また読めるしね。

今日からにこにこのママでいられますよーにと、祈ります。
自己紹介
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:azurinpa
  • アイコン画像 誕生日:5月20日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
◆好き◆
・劇団四季
・大倉孝二
・大森南朋
・睡眠
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ