シングルマザーの安心ライフ

June 12 [Tue], 2012, 15:36
最近増加の一途をたどるシングルマザー、今では130万人以上とも言われています。

増加した原因は、離婚の増加もありますが、親権者に母親がなる場合が圧倒的に多くなったためと言われています。
1960年 では父親が親権者の場合が約半数でしたが、1996年には、母親が親権者になる割合が78%と比率が逆転しています。


しかし、平均年収をみると、父子家庭422万円に対して母子家庭は229万円と圧倒的に女性が不利です。

年収を増やすためにはさらに長時間、働かなければならない、となると子供と一緒にいる時間がどんどんなくなってくることになりますね。


そこで地方自治体が主体となって育児、医療等に対し助成金などの支援が行われています。





■児童扶養手当 :母子手当と言われる児童扶養手当とは、離婚後の母子家庭(死別母子家庭・非婚母子家庭も含みます)が受けられる国の経済的援助のことです。

■児童手当 : 早い話、低所得者のママは児童手当をもらう事ができます。(^◇^)

■JR定期券割引、バス・電車無料乗車券 : 児童扶養手当を受給している人に交付されます。

■ひとり親家庭等医療費助成 :児童扶養手当を受給している人に交付されます。

■所得税・市府民税の軽減: 児童扶養手当を受給している人に交付されます。

■その他お金に関する公的支援制度 【水道料金等の減免】  

■母子寡婦福祉資金:事業開始・事業継続・住宅の各資金の他さまざまな貸付を行っています。保証人が必要ですがあきらめる前に相談をしてみましょう。

■生活福祉資金:母子寡婦福祉資金を借りていない方を対象として生活の安定や経済的自立を図るため,各種資金を貸しているそうです。

■日本育英会奨学金等  
 高校生や大学生で、経済的な理由により修学困難な方に奨学金を貸してくれます。(”優れた資質”という制限?があり)

■高校入学資金貸与制度  
 選考により入学金(7万円)を無利子で貸付してくれます。

そのほかまだまだ公的支援制度や補助制度があります。
むろん同時に適用されない支援や収入制限などもありますが、母子家庭に受けられる公的援助をよく調べ、少しでも家計の助けとなる支援制度で利用できるものは利用したいものです。


:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。*:.

お子さんといっしょにいながらしっかりとした収入源を得たいと思いませんか?

月々の消費分の値段がリーズナブル。

買い込みも一切なし。

ムリな勧誘や、強制的なセミナーも禁止。

友達を誘う必要なし!インターネットとメールだけで展開が出来る!

年会費、入会金なし。

商品はその筋の専門家でも唸るほどの優れもの。一級品。

月々の消費分の値段がリーズナブル。

買い込みも一切なし。


そんなアットホームで、消費者思い、かつすぐれた頭脳が集まった
  結果を出し続ける、結果にこだわる集団のビジネスです。





完全在宅ビジネス資料無料進呈!