目が疲れた 

August 11 [Thu], 2005, 15:49
朝の9時くらいからパソコンとにらめっこしっぱなしです。
受験生だろとツッコまれそうですが、今日はその心配なしです。
学校の書類書いてるから何も文句は言われません。

昨日のうちから今日はこの書類を書かなきゃいけないと決めてた
んですが、なんと今日に限って、起きたらすごく目が痛いんです。
疲れてるんです、目が
目を支えてる(包んでる?)筋肉が痛みを伴ってぎしぎしします。
一日8時間パソコン漬けだったときも何ともなかったのに。
たいして勉強もしてないのに…
ていうか昨日は寝て飲んで本読んでただけなのに(いいのかそれで)。

この場を借りて質問なのですが、2000字って話すとどれくらいの
時間とるんでしょうね?
今書いてるのは2000字の、400字詰めにして5枚の書類で、とある
発表に使います。提出用の書類なのですが、それは「発表要旨」
なんですよね。てことはたぶん、それそのままで発表するわけでは
ないんだと思うんですよ。要旨だけ、なら。
発表は一人10分程度とるらしいです。
てことは、2000字って読んでも10分にならないってことですか?
どれくらい書けば10分稼げるんでしょう。

知ってる方は教えてください。ほんとに。
もう、今日と明日で下書き仕上げないと、きっと担任にどやされ
ます…


さっき金八先生にいろんな知ってる顔が出ててびっくりしました。
この歳で金八を一回も見たことがないんですよ。
ていうかまっすー出てるんならシリーズ全部見たかったです。ほんと。

もし自分がそうなったら 

August 09 [Tue], 2005, 20:41
こないだ、図書室で五冊の本を借りました。
うち一冊は、荻原浩氏の「明日の記憶」です。
それを昨日読み終わりました。

手短な説明をしておくと、主人公の壮年の男性が、若年性アルツハイマーと診断
され、病気と向き合っていく話です。

すごく切ない話でした。
主人公は忘れないため日記をつけるのですが、それもだんだんと誤字が多くなり、
簡単な漢字で書ける言葉でもひらがなで書くようになっていきます。

自分に関することだけじゃなくて、周りの人も忘れていく。
どうでもいい人も愛する人も平等に。

読んでいく中で一番考えてしまったのは、もし私がアルツハイマーに
なったら、ということです。
小説で読んでいるようにはいきません。
私は読者だから、主人公が何を覚えていて何を忘れているかを知ること
ができます。だからこそ感動したりもできます。涙も出てきます。
でも、自分がいざアルツハイマーになったら、忘れているのが何かということさえ
分からずに、ただ日々自分は何かを忘れているんだという恐怖に怯えて余生を
すごすのだと思います。

目の前の人が誰か分からない恐怖。
家族なのか、恋人なのか、友達なのか、それともただの通りすがりで、
自分と目が合っただけの存在なのか。

考えただけで怖いのに、この病気にかかっている人たちは今もその恐怖と
戦っています。
本当に、これほど孤独な戦いはないだろうと思いました。
いずれ、自分が何と戦っているかも分からなくなってしまうだろうという
確かな恐怖。それに直面したときに、患者の方は早く忘れてしまえばいいと
願うんでしょうか。それとも、逆なんでしょうか。

私みたいなダメ人間は、真剣に向き合えもせずに発狂するか欝病になりそう
ですけど。



それとは別に、新堂冬樹氏の「吐きたいほど愛してる」も借りました。
それも読みました。

なんていうか、本当に吐きたくなるような愛がいっぱい書いてありました。
人間の醜さをここまで書けるのかと思いました。
私みたいな凡人は、そういうのを書こうとしてもやっぱりどこかでブレーキ
をかけてしまうと思います。
だって人間って、自分をも含みますしね。
そういうへっちょこなプライドっていうか見栄を捨てないと、ああいう作品
は書けないんですよね、きっと。

ともだち 

August 05 [Fri], 2005, 20:20
昨日のブログ、読み返したらすごく感情的ですね。
でもここで整理したらまた伝わる感じが変わってきちゃう気がするので、
このままにします。取り乱してはいましたが、あれが私の思いなので。

昨日のブログのぐだぐだを、一人のともだちに、今日相談しました。
相談っていうか、とても悲しかったんだよ、ということを誰かに伝えたか
ったんです。
案の定、「それ俺に言わんで彼氏に言ってやればよかったやん」って
あきれられましたが。
そのとおりです。でも、そのときはショックすぎて言うことが思いつかな
かったんです。

私は今日相談した友達と、二年近く前にすごく大きな喧嘩をしました。
もう口も利きたくないくらいでしたが、大好きな友達だったので、五枚
ぐらいの長い長い手紙を書きました。
あれは、百歩譲ってもあっちが悪かったんですよ。念のため。

それから何ヶ月かして、謝りに来ました。それで仲直りしました。
会わない間に、すごく大人になってました。



大人になる前のその友達に、彼氏がとても似てます。
彼とは恋人同士になってしまったから、訴えても訴えても分かり合え
なかったけれど。



別れる要因になった私の浮気、浮気って言ったら私に好かれた相手
まで悪いみたいですが、この場合、ただ単に私が好きになってしまった
だけの話で、告白とかはしてないので、相手は全然、浮気に加担して
ません。
その浮気は私が悪いです。これはもう、卑屈とかそういうことじゃなくて、
100%私が悪いです。

でも、その後は、私は悪いことは何一つしてない。
本当に、何一つしてない。
でも浮気したっていう引け目のために、彼氏を無碍にはできませんでした。

それを、今日、友達に聞いてもらいました。
頭はいいんですが、語彙が少ない友達です(笑)でも、言いたいことは
よく分かりました。
ああ、何かほんとに成長したなと思いました。
前はこうやってなだめられて落ち着くのはあっちだったのに、いつのまにか
私もなだめられてました。

今まで相談を聞いてきたぶん、これからはちょっと頼ろうかな、と思いました。

少し悲しかった 

August 04 [Thu], 2005, 13:02

人って、恋人に嫌われないために、その人に「本当のこと言って」
って言われても嘘をつくんだろうか。
「もうメール返さないから」
って私が通告した後に、立て続けにメールが来ました。
最後の忠告、みたいな感じで。
でもその内容が、ちょっと悲しかったです。

服のセンスが悪い。
ムダ毛剃れ。
取り引きを自分のいいようにもって行くな。
約束を守らない。

最近の男の子にすれば当たり前の言い分です。
でも、私は毛を剃らないことを、一番最初に彼に断りました。剃らないよ。
って言ったら、「全然気にしない」って返されました。
服のセンスも、「流行の服とかあんまり着ないからね」って言ったときは
「気にしない」って言ったし、「服のセンス悪いかな?」って聞いたとき
も、「全然」って返されました。
私は、いつも普段着でした。友達と出かけるような服じゃなく。
気を張ってても、いつかきっと、彼には家着を見せることになるだろうからと。
そう考えて、ダサくない程度の服を着ていました。

私を踏み台にするのはかまわないです。
それで彼の視野が、少し広がるなら。
でも、踏み台を降りたら目の前にある景色はまた同じになってしまうから。
そこから踏み出すのに、きっと立ち止まってしまうと思うんです。
手をひいてくれて、一緒に歩く人を探さないといけないと思うんです。
もしくは一人で歩き出さなきゃいけない。

踏み台を作るために、私の悪いところを並べるのはいい。
でも、本人に言うことじゃない。私が打ちのめされなきゃ得られない
踏み台なんて、きっとすぐにもろく崩れてしまう。
自分一人で作ったものじゃないから。
しかも、当事者の私に手伝わせた踏み台だから。

当事者の私に相談しても何にもならないって、分かってほしかった。
そう忠告したときに、受け入れてほしかった。
私には謝るしかできないんだから。

私が彼を裏切ったことで、傷ついたなら、最初からそう言ってほしか
った。むやみに私が悪くないなんて言わないでほしかった。
言うなら、本音を黙っててほしかった。
付き合う中で私に言ってきたことが嘘だなんて、どうして最後に吐いてしまう
んでしょうね。

今まで彼が言ってきたこと、してきたことがすべて嘘になってしまうだけなのに。

部室が暑い。 

August 02 [Tue], 2005, 22:54

暑いんです、限りなく。今日は何をするでもなく、文芸部の部室にたまってました。

名目は、原稿出してない人がいるからその人たちのために一応部室を開けておく、
っていう感じなんですけどね。受験生なのに勉強したくない、部長と副部長、そし
て私が逃げ込んでます

話してる内容が皆さん濃いので、廊下側の窓を開けるわけにはいきません。ので、
すごく暑い。すこぶる暑い。
明日からうちわ持って行くことにします。

うちの部室はなぜかお茶の道具が一式そろってて、紅茶の種類がけっこうあります。
ここらではお茶を飲むことを「お茶をしばく」という方言があるみたいで、それで部員
は「茶ぁしばくー?」の言葉を合図にお湯を沸かし始めます。
高校にたくさんの部はあれども、お茶を沸かして飲むのは文芸部だけです。

最近私がとっても好きな人も部室に来てました。恋心ではないですがね。
すごく可愛くて、果てしなく愛しい。
妹の同級生だから、ヘタに恋愛感情って決められません(苦笑)

よく分からない。 

August 01 [Mon], 2005, 15:00
でも、やばいのかもしれません。でも、私に何ができるだろう。

私は、少し前に初めてできた彼氏と別れました。詳細はまた機会があるときに書く
と思いますが、要は私が彼を裏切ったんです、身もフタもない言い方をすれば、まあ、
浮気をしたんです。

それで、私から別れようと切り出しました。そうしないとけじめつかないと思ったので。

私が、彼といるのが苦しいからというのももちろんです。でも、言い訳じみてるかもし
れないけど、彼と、好きになってしまった人を裏切ったんだから、もういられないと思っ
たのが一番の理由でした。

さっき、その彼からメールが来ました。私が悪いのに、彼はなぜか罪悪感を捨てきれ
ないでいます。ここ2,3日メールが途絶えてたんで、私のこと見切ってくれたかなと
思ってたんですが、そうじゃなかったみたいです。

彼は、全部自分が悪いと思ってます。
私が浮気したときに一番傷ついたのは彼なのに、私を浮気するような不安定な状態に
した自分のせいだと信じて疑いません。
「自分の存在が許せない」とまで。
そして、私に、自分がどれだけ私のことを思っているか、言葉でなく行動で示すと書い
ていました。自分が犠牲になるとか、まだ覚悟は決まらないけどとか。

それって、どういうことなんでしょうか。
私の頭に浮かんだ、最悪の事態は、ただの思い過ごしなんでしょうか。
何をするつもりか聞こうとしました。でも、変に勘ぐってると思われたくなくてやめました。
不吉なことを予想しすぎてるのかもしれません。
でも、自分の存在を憎んでる人が自分の身を犠牲にすることって、私には一つしか
考えられないんです。

頭からそれが離れません。
でも、またそれを実行する日が決まったら連絡すると書いていたので、それまで待つ
ことにします。

甲子園予選 

July 31 [Sun], 2005, 15:17
甲子園の予選、私のとこは今日終わりました。てか今終わりました。

私の住んでいる県で優勝した高校のエースピッチャーは、私の中学時代
の同級生です。
その頃、私はすでにすごく可愛くない人間だったので、同級生の誰かが
「オレ絶対プロ(野球とかサッカーとかそういうの)になる〜」とか言って
ても「ふーん。」て流してました。でも彼の場合、ああ、多分この人はほ
んとに甲子園に行って、将来はプロになるんだろうなと思ってました。

当時からすごく練習熱心でした。部活が終わって家に帰っても素振りを欠
かしたことないらしいし、走りこみもかなりしてたらしいです。
何より野球がとっても好きでしたしね。
人間的には、失礼、いけ好かない野郎だと思ってたんですが(今は性格も
すごく変わったらしいです)、それだけはすごく、誰より尊敬してました。
一つのことを頑張るって、それが好きなら意外と簡単にできます。
でも、好きだと思ってることでも、体力的にきついくらいのことを毎日続ける
って、けっこうできないと思います。
まあ、私がほめる筋合いでもないですけどね。私はそんなに頑張ったことが
ないから、軽々しくほめたりできません。

でも私は彼の友達だとは名乗りません。絶対に。
有名になると、突然親戚とか友人が増えるって言うじゃないですか。多分彼、
今そうなんじゃないかな。
私が当時友達だと思ってなかったんだから、彼の方もきっと思ってない。
だから、「同じ中学よね?」とか聞かれたときも、「うん。同級生」って答えてます。

でも、もし会う機会があったら、社交辞令でもおめでとうって言いたいです。
彼は今、それも叶わないくらい違う世界にいるけど。内面的にも、物理的にも。

とうとう、 

July 30 [Sat], 2005, 18:39
私もブログデビュー…
やるなんて思ってませんでした、実際。やるとしても、HPの日記として使うくらいだと。
ほんとはそうしようと思ってました。
でも、そっちだとオフ友が見てるので、書けないことがいっぱいだと気づいて 

こっちは純粋に、ブログを見つけてくださった読者様だけです。
これからよろしくお願いします


P R
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:azami_azami
読者になる
Yapme!一覧
読者になる