勘違いするな、俺はその変態とは無関係だ

June 02 [Thu], 2011, 2:00
俺と同じ駅で隣に座った俺と同い年ぐらいの男座るなり何なり話し掛けてくる。携帯、落としてるよあ、ありがとう。ものすごい上から目線のタメ語で来たからイラっとしてタメ語でかえしてやったんだがまぁ、それまでは良かった。しかし少し経って問題が起こった。ハタから見たら俺達はどう見えるだろう友達に見えるよな友達に見えたりしないよなそいはおもむろに新聞を広げ、あのオッサンとかが読むエロい新聞を広げたいいいぃぃぃやあぁぁぁぁこんなギャル男カブレの友達に見られたくない絶対にそんなに節操のない男に見られたくない俺としたことが滅多に使わないタメ語をたまたま使った奴がエロ新聞を読むとは他人の目が俺のガラスのハート、否、俺のミの心臓に突き刺さる。何かを否定するようにサマセットモームのお菓子と麦酒を広げる。ダメだ全然集中できなくておもむろに日記を書く大切なのは生き方だやるか、または、やられるかハムレットがオフィーリアをほんとに愛していたのかなんてどうでもいい今は目の前にあるこの不幸を呪い、安全を手に入れることが先決だそして今奴が立ったいや、別に男のアレが立ったわけじゃない。席を立ったんだ良かったーと、言うことで俺の朝は忙しなくすぎて行った。今日は履修登録だからバイトの時まではかなり時間を持て余すどうすっかなぁあー学校とか、かったりぃ五年も行って得られたのは何もない失ったものは莫大な金だ分煙の為に喫煙所をなくして個室を作るぐらいなら学費を安くしろクソ野郎どもめ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aywj7vwwbg
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aywj7vwwbg/index1_0.rdf