韓国、38度線上でほほ笑む、水着姿の女性兵士

April 13 [Fri], 2012, 14:39
1988年7月。
ソウル市内を出たツアーバスは、先ずイムジン河を渡った。
道路の上部には橋のような建築物。
北が侵攻してきた時に、道路上に落下させ妨害させるマリー 出会い系のだとの説明だった。
イムジン河を渡ると道路は急に狭くなる。
国連軍の管理下にある地域に入った。
建物に入り、この地域で障害を負っても死亡しても、自己責任であると書いてある紙に署名を求められた。
ここまで来て、いやだと言うわけにもいかないが。
北の方向に、巨大な鉄塔が目に入る。
北朝鮮の国旗がはためいている。
ガイドは、息子が、お父さん金日成の誕生日に、世界一大きな国旗をプレゼントしたと説明する。
やがて板門店だ。
北に向かって手を振ってはいけません、笑顔を見せてはいけません、写真を撮られて、南の人たちは、本当は北が好きなのだと宣伝に使われると脅かされる。
帰途、再び板門店に戻る。
そっと建物の裏手に回ってみた。
プールがあるじゃないか。
水着姿の女性兵士が大窒ネ姿で、日光浴している。
プールの水の青さ、バスの中で聞かされた北の悪辣さと女性兵士の水着姿が頭の中で整理できず、混乱してしまった。
写真と続きはホームページへ。
ピースのホームページ異国の街では
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ayv3kwxy14
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ayv3kwxy14/index1_0.rdf