保育について

January 25 [Sat], 2014, 7:25
最近、どこの園でも特別な配慮を要する子が増えている。そうなると、保育する上で職員間の共通理解というのが欠かせない。配慮を要する子であっても周りの人がその子の個性を理解して接することで、生きにくさをかなり解消できるはずなのだが。この共通理解というのがなかなか難しい。同じ保育者同士なのにわからない人には本当に伝わらなくて苦労することがある。うちの園ではこどもについてのケース会議が少なすぎる。たまにやっても「この子はこう」と状況の聞き取りに留まり、どうしていったらよいかまで話が及ばないので非常にストレスがたまる。もっと深い話し合いに向かおうとアクションを起こすが、受け取り手(主に園長)に興味がないのがわかるのでやる気がなくなる。実に面白くない!イライラ!本当の意味でプロになる必要がある。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nagi
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:3月6日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:新潟県
  • アイコン画像 職業:その他
読者になる
保育のこと、子どものこと、合唱のことを思いつくまま、のんびりと…
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像nagi
» ピアノ (2013年05月06日)
アイコン画像命独音
» ピアノ (2013年04月20日)
アイコン画像nagi
» 演奏会無事に終了 (2013年03月24日)
アイコン画像命独音
» 演奏会無事に終了 (2013年03月24日)
ヤプミー!一覧
読者になる