老後の資金準備は…

November 05 [Mon], 2012, 18:54
昨日、ある美容室のスタッフさんを対象に講義をさせて頂きました。
大半が私より若い方達だったのですが、しっかりと貯蓄をし、運用に興味を持って学ぼうと思って下さる方が多く、私としても力になりたいと感じました。
さて標題は金融広報中央委員会が2012年の家計の金融行動に関する世イ査で発表された内容からです。
単身世帯に金融資産の保有目的を尋ねたところ、老後の生活資金との回答が471と最も多くなり、07年に現行方式で調査を開始して以降最多だった病気や不時の災害への備えを抜いたそうです。
目先の病気や不時の災害よりも、将来の老後に不安を感じる方が増えた、ということでしょうか。
また同じ調査では老後の費用について、783の人が年金のみで賄えないと回答したそうです。
私の経験では、年齢の若い方30代前半以前は老後のイメージがないという回答が多いと感じます。
そして年齢を重ねるにつれ老後のことは考えたくない今も大変なのに、将来のことまで考えられないという回答が多くなる傾向があると感じます。
私は現行の国の年金制度だけでは、老後を普通に暮らすことは難しいと考えています。
先日厚生年金基金の廃止がありましたが、あの記事にどれだけの方が対応されたのでしょうか老後への備えは、老後までの時間が長い方ほど、有利に進めることが可能です。
もちろん所得や勤務先、労働形態によっても差は生じますが、よほど貯蓄率の高いご家庭以外は老後の不安は似たり寄ったりなのではないでしょうか。
私は将来の生活格差は、若いうちにどれ同人誌 ダウンロードだけ老後対策をしたかどうかによって生じると考えています。
つまり、少しでも早くから老後資金対策をした方は豊かな老後を、老後資金対策が出遅れた方は出遅れた分だけ豊かさを欠くということです。
私は私自身ももちろんそうですし、私が相談をさせて頂いている方にも労働からも育児からも開放される60代後半からの人生を楽しく豊かに暮らして頂きたいと思っています。
どこかの国の政治家のように、問題を先送りする人生と、しっかりと現実を直視しより早く対策を打つ人生、そして何もせずただ時間の経過に身を任せる人生の、あなたならどれを選択されますか
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aysrsw404r
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aysrsw404r/index1_0.rdf