結婚のタイミングで転職してしまう

April 28 [Thu], 2016, 14:04
結婚のタイミングで転職してしまう看護師もたくさんいます。
パートナーとすれ違って離婚するよりは、転職を考える方がいいと思います。今後、子育てを頑張るつもりならば、結婚の際に、時間に融通の利く仕事に転職するのが楽ですね。

ストレスが蓄積されていると妊娠しにくくなりやすいので、注意しましょう。看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、大半の人は賞与が出てから退職するため、6月、1月あたりが狙い目です。看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもあるとはいえ、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、新しい職場で働くまでに3ヶ月は間合いを取って、焦らず比較検討するとよいでしょう。緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで様子を見るのがベターです。
看護師でも転職回数が多いと悪いイメージにつながるかというと、確実にそうであるとは限りません。
自己PRをうまくできれば、意欲と経験があるといった印象を持ってもらえるかもしれません。
しかし、勤務の期間が短過ぎてしまうと、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われる場合もあるでしょう。

看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえず言語化できるようにしておきたいものです。夜間に働くのは避けたい、オフはたくさんあるのがいい、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、望む職場環境は人それぞれです。


看護職員の価値は市場では高い状態なので、合わないと思われる仕事場で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。



看護職の人がジョブチェンジする動機としては、ステップアップと説明するのが良策です。
以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、マイナス要素をあげてしまうと、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。
要因として現にあったとしても素直に明かす意味もありませんので、積極的な姿勢で求職していることを答えられるようにしておいてください。


実際、看護師が転職する理由は、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。

女の人が大半を占める職場ですし、イライラが溜まりやすいこともあって、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。

人によっては、イジメやパワハラが転職しようとする動機となってしまう人もいます。辛い環境の中を耐え忍んで働こうとすると、健康を害してしまいますので、すぐにでも転職を考えましょう。ナースが仕事を変えるときに、立ち止まってしまうのが志望理由です。


どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを肯定的な雰囲気で表明するのはそう単純なものではありません。高収入、休暇が多いといった勤務条件の利点を並べるのに比較して、看護職員の専門性をブラッシュアップしたい等の、やりがいを求めているような応募理由のほうがパスしやすくなるでしょう。看護師にも、子育てのために転職を考える人は多くいます。看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、仕事をする日が多くない仕事だったりが良いですよね。
子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人も多くいますが、お金がなければ育児ができないので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探してみましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuki
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ayntsrcemxwei2/index1_0.rdf