泉質別特徴と温泉名?5

July 08 [Fri], 2011, 18:07
【二酸化炭素泉】・特徴 無色透明で、お湯に溶け込んでいる炭酸ガスが、入浴中に泡となって身体につくことから、「泡の湯」とも呼ばれています。炭酸ガスが身体を刺激し、毛細血管を拡張させ血行をよくなることから、高血圧や心疾患に効果があり、「心臓の湯」とも呼ばれています。炭酸ガスは高温での溶解度が低いため、泉温度の低い温泉が多くなります。・効能 高血圧、動脈硬化、切り傷、ヤケドなど。飲泉では、胃腸の運動を高めるため、便秘や食欲不振。・温泉例 日本では数の少ない温泉ですが、山形県の肘折温泉、長野県の棧温泉、兵庫県の湯村温泉、大分県の長湯温泉、熊本県の辰頭温泉があります。【塩化物泉】・特徴 単純温泉と並び、日本では多い温泉です。無色透明ですが、塩辛く、肌がべとつきや、石鹸が泡立たないことの多いお湯です。皮膚に付着した塩分により保安効果が高く、よく温まり湯冷めもしにくいので、「熱の湯」といわれています。外傷や皮膚病などに効果があります。また、ナトリウムイオンは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促進させる働きがあり、女性の更年期障害にも有効とされています。・効能 リュウマチ、打ち身、捻挫、冷え性、腰痛、神経痛、肩こり、婦人病など。飲泉により、胃腸の働きを活発にさせるため、胃腸病や慢性便秘に効果。・温泉例 北海道のウトロ温泉や野付温泉、宮城県の秋保温泉、山形県の東根温泉や上山温泉、栃木県の喜連川温泉、群馬県の四万温泉や塩川温泉、神奈川県の箱根湯本温泉や宮城野温泉、長野県の渋温泉や湯田中温泉、静岡県の熱海温泉や伊東温泉・石部温泉などがあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高橋 愛美
読者になる
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ayikgljm/index1_0.rdf