恋愛 

January 12 [Wed], 2011, 1:31
恋愛ってすごい。

相手がいるだけで、膨大なパワーをもらえてしまう。
自分が相手をすきで、相手も自分がすき。それだけで満たされる。
相手と気持ちがつながらなくなった途端、すごくすごく不安になる。
なにがだめだったの?って問いつめるけど、答えは出ない。
なんで涙が出ないのか。涙が出ないって、これは本気じゃなかったのかって、そんなわけはない。
自分が相手のために使ってきた時間、労力等はほんもの。空回りなんかじゃない。
幸せだった時間は嘘じゃない。幸せだって思い込もうとしていたわけではない。幸せだったんだ、本当に。
信用できてもできていなくても、恋愛は恋愛。

相手のために料理を振る舞った。
相手と会話した。言葉なしのコミュニケーションもした。
相手のためにプレゼントを選んだ。
彼からもらったプレゼントに涙した。

全部全部ほんもの。
そのときを一生懸命生きているからできること。
相手と別れた時に、いままでの時間はなんだったんだろうって思う。
けど、それは決して無駄ではない。

つきあっている間に感じたこと、考えたこと。
別れてから悩んだこと、考えたこと、・・・。
全部全部、恋愛をしなければ経験できなかったことだ。

相手の気持ちをこんなに考えた、その機会がほかにある?

無駄になんかならない。
未来なんかわからない。

ふられたら、つらいときは、いっぱい友だちを頼ればいいんだよ。

例え話を聞くことしかできなくても、友だちはいろいろ考えてくれる。
そして何より、いつでもあなたの味方。
例え叱咤激励されても、優しく慰められても、
そこに愛を感じるもの。

反面教師 

October 06 [Wed], 2010, 0:16
 人の失敗を自分の成長に繋げることは可能である。
 今日、正直傷ついたことがあった。誰にもわからないようにしたし、混乱したけど我慢した。それってすごく成長できてると思う。KDもきっと今日の私の動揺には気付いていない。
 まず、TK。本当に滅してくれたらいいのにと思ったけど、その考え方は違う。そんな考え方をしてしまった私が、今日滅して、成長するから、そのきっかけをありがとうの気持ちだね!研究室に入ってきた途端、「なんやTCおらんのかあ!TCに会いたかったのに!」ってそれはないよ。少なくとも私がTKの友だちである以上、他の友だちに会いたかったのにあんたしかいなくて残念ととれる発言は、そんな発言をしてしまう人自体が失礼ながら残念すぎる。そして私はそんな残念な人間にはなりたくないので、そういう時の対処法を考える。だってきっと彼に悪意はないし(きっと!)、彼が不足しているだけだ。もし、私がめっちゃKDに会いたかったとする。それで研究室やらラウンジやらをのぞいて、彼はいなかったけど、逆にTKがいたら、「なんや、KDに会いたかったのに、おらんのかあ!」なんて絶対に言わない。そこに悪意はなくても、絶対にそんな表現をしてはいけない。相手が繊細だったら、被害妄想だったら、その時に何かで傷ついている人だったら、さらに傷つけることになる。あり得ない。そんな人間になりたくない。絶対。
 つぎ、YK。これもまたあり得ない。SKがお弁当を買って自分の研究室に来てくれたのに、みんなでお弁当を買いにいくならまだしも、「外で食ってくるかも」それはないでしょう。SKがどれだけ仲良くて、そんなことにも動じない性格だとしても、SKといっしょにお弁当を買ってきた人がいたらその人のことも考えて発言するべきだし、SKがほんとうに傷つかないとしても、自分の研究室にわざわざお弁当を買ってお昼休みにきてくれたのなら、「ダッシュで買ってくるわ!」これくらいの姿勢が当たり前だ。それをみていた私が、カラオケの話になってYKが入りたいオーラを出したのに気付かないフリをしたのは、これは完全に私のミス。だから、「もとからメンバーやで」と言っておいた。ごめんね、でも、うまくフォローしたでしょう。そして3限目の授業で、さらっとSKに真ん中の席を譲った。反対側の端に座る私のとなりに来たくないからみたいに思えた。もちろん彼にそんな考えはないし、ただ単に真ん中がいやだったとか、気分だとか、なんだか知らないけど事情があるのはわかってるけど、もういちいちそういう風に私が考えちゃう要素を作らないでよ!!!と思った。
 そして気付いた。いちいち考えちゃう私がまだ満たないんだ。みんなに言われた被害妄想、発揮しちゃったね。
 TKにもYKにも、全くもって以上に述べたような考えはない。ただ、私が被害妄想しちゃっただけ。それでこんだけボロカス書くのはおかしいかもしれないけど、私は、もし、私みたいにいろいろ考えちゃう人が、実はあの中にいたとして、その人を絶対に絶対に傷つけたくないし、悩ましたくない。気配りって本当にたいへんだけど、気配りができる人になることが、まず目標。そしてもう1つ気付いたのは、さっきから述べているように、私は人より繊細だということ。被害妄想と言っても、被害妄想をするにはそれなりの原因が必要であり、それなりの原因を自分で作ってしまう私は、その時々に状況をよく見て考えているということだ。自分がそんなんだから特に、他人が少しでも傷つくようなことがないように、気を配るのはこれからは私の役目だ。
 そして今日学んだことの中で、最も大切なことは、常にこの考え方を忘れないこと。イライラしたり、ショックだったりすることが、生きていればたまにあって当然だ。その時々に、自分を不利にしてしまうような(KDと別れる前の私のような)行動に出てはいけない。こんな風に、ちょっと待てよ、あとで冷静に考えようって一拍おいて、1人になった時に整理すると、案外本当にただの被害妄想だったりするし、寛大な心でみることができて、自分の欠点や長所も発見することができる。これはでかい収穫だ。

思いきり 

September 29 [Wed], 2010, 22:45
 泣きたい時は泣けばいい。
 思いっきり泣けばいい。だけど、実家では泣けない。親が心配してくれて、どしたん?って聞かれると答えられない。別にどうしたもこうしたもない。泣きたいだけ。保護したメールをみたら、医心館行かなくても涙がポロポロこぼれてきた。今日は止まらない。でも卒研をやらなくちゃ。
 つきあっている時と、そうでないいまの差を、この2日間で痛感している。そりゃ、昨日も今日も彼に会った。今日は偶然だけど。会いたいなあって思ってたら、偶然会えた。それはすごく嬉しかったけど、それが逆につらかった。昨日はみんなでいたので、彼にも会った。ねえ、好きだよ。知ってるって言われるのかもしれないけど、言いたい。好きだよ。でも、つきあってないんだから、そんなことしたらダメ。弱ってるって思われたくない。弱っててもいいけど、弱ってる私を見せたくない。だって強くなるために別れたんだ。強くならなきゃ、元には戻れないもん。明日、医心館に行こう。それで、気が済むまで泣こう。問題は、いつ行くか。明日は1から5限までつまってるし、友だちといる時間もあるから、泣きに行けるだろうか。今日通った時に、行けばよかったかな。でも、午前中は泣きたいってならなかったんだ。頑張れてたのかな?いや、泣きたいってなってるいま、頑張れていないわけじゃない。頑張ってるやん、あたし!なんで泣きたいの?あたしには彼が必要。それをいま、痛感してるね。本当に、本当に、愛してる。それを伝えたい。でも伝えられない。つらいね。去る者追えない私、去る者追うのは、こんなにつらかったんやね。でも、私は成長するまで追いかける。いつか絶対に、絶対に、追い抜いて、追いかけさせてやるんだから!
 今日は、ASと四条に遊びに行った。寝不足がたたって、京都駅まで寝過ごしてしまったので、もったいないけど、乗り換えた。それが、彼女を待たせない最善の策だった。なんでもしゃべった。それは別れてるって言えるのかと、ASは疑問符をいっぱい浮かべてた。別れてるんだよ、だってこんなにつらいもん。でも、あたしの目標はクリスマス!クリスマスまでに、成長したって自分を振り返られるようになって、彼に告白しよう!その計画やん、前から!泣いている暇はない。泣く時間とそうでない時間をちゃんと分けよう。英語だってちゃんと今日ほら、勉強したやん。卒研やろう、うん!

さすがにね 

September 28 [Tue], 2010, 21:35
 メール無視はつらいよ・・・
 いや、すべきでなかったんだ。でも、今日すっごくうれしかったから、感謝の気持ちを伝えたかった。伝わったのかわからないし、お返事を待ってる自分がすでにおぞましくさえ感じるけど、ここで負けたらダメ!耐えろ私!だって彼のことが好きでしょう?こんなことで悲しむくらい、彼のことが好き。そう、好き。学校が始まって、いっしょにいられる時間が多くなった。研究室に来てくれた時は、すっごくうれしかった。もちろん、カップルらしいことはあれ以降いっさいないけれど、でも、次がまためぐってくるかもしれないし、その時に自信を持って彼に甘えることができるように、いまは必死ですべきことをやるしかない。そうでないと、彼に優しくしてもらった時、泣く資格ないよ。
 昨日の反省点、むだ毛処理を怠ったこと。だってまさか、昨日は彼に会えるとは思ってなかったんだ。って、言い訳するとそうなるけど、それは本当に言い訳にしかならない。いいわけない(笑)会えてしまったこと、雨が降っていたから、傘にいっしょに入ることになったこと。それは偶然であるけれど、その偶然にも万全の対策が必要だった。手抜きはいけない、乙女だもの。彼が冗談でそれにツッコミを入れたことはわかっている。でも、私は激しく後悔した。彼をおとしたいくせに、服装は十分に気をつけていったくせに、お化粧もしていったくせに、基本的なところを怠っていた。反省。
 今日の反省は、たくさん。帰りにYKがきて、あたしをおいてバイクのKDとしゃべりだしたことは、正直また惨めな気持ちになりかけた。KDに話をふられて、つい、聞いていなかったふりをしてしまった。ほんとは全部聞いてたよ。YKがKDに「遊ぼうぜ」って言ったの聞いてたよ。それがあたしに対してではないって、また被害妄想しちゃった。あの場で言ってんだから、あたしも含まれてるに決まってんのに。YKは、本人の目の前ではみるような人ではないし、私もはみられる覚えがない。要するにはみられてない。被害妄想した自分、ほんとバカ。ほんっまにバカ。阿呆ドジ間抜け!!
 さあ、切り替えよう。これを書き終わったら、日記を書こう。目標2日分(たまってるもんね)。そして、英語を読もう!今日は卒研って気分じゃないから、卒研は明日の朝やろう!パソコン持ってくのは重たいから、ノートにやろうねえ。だって明日はスポパだもの!そしてあゆさんだもの!
 そして10月私バイト入りすぎ。え、週3・・・?でも、がんばろう!全部やりきる自信ある!卒業研究を中心に、100%をうまいこと配分して、毎日を充実させよう。

 だ っ て 私 は 、 彼 が 好 き !

なんてことない 

September 25 [Sat], 2010, 23:46
 なんてことないバイトだけの1日のように思えた。
 けど今日は、一生懸命だった自信がある。

 まず、朝ぐっすり寝て旅行の疲れを取った。だるさとかがなくなって、けっこうしゃっきりした。しゃっきりしたのでオフラインの日記を書いた。思ったより、たまっていなかったけど、一番苦しい時をやはりスルーして書いていた。書くべきか、否か。書いた方がいいかもしれないとも思う。けど、それよりも今は前をむいて進んだ方がいい気もする。自分に最も有効なのはどの選択肢か。きっと、前に進む方だ。進もう。
 今日は日能研だった。12時半から。6年生の授業が始まるまで、いろんな生徒の相手をした。TK、MN、などなど。宿題が終わっていなくても、必死で終わらせる根性のあるMN。だって怒られるんいややもんって、本当にそれだけの理由で突き動かされているように本人は言うし、実際にそうなんだろうけど、それでもやり遂げるMNはすごい、将来有望。6年生が授業に入ったら、5年生がひとり自習をしていたので、その相手をしていた。わからなかった育成テストの直しをしていた。私は彼のいいところを見つけた。作図がすごくきれいなところ。さっそくほめた。
 彼が帰ってからは、生徒がいなかった。なので、裏で算数や理科を解いていた。普段は解くのなんて面倒くさくてしなかった。実際算数は、事前に解いていなくても、ほとんどの問題は応対することができる。理科は、NSに聞きなさいと言って逃れることもできる。でも、私は光、音などの範囲を勉強しながら理科の栄冠を全部といた。プリズムはどう説明すればいいのか、本当に私の理解であっているのかが不安だったので、載ってそうな資料は全部調べた。実際あまり載ってなくて、役に立たなかったけれど、勉強になった。質問もされなかった。聞かれた理科の計算問題は完璧に教えることができた。
 授業の合間、10分くらいの休憩時間にも質問に来る生徒がいた。しかも3人も。それに対してチューターはあたし1人。でも、全ての生徒を満足して教室に帰すことができた。すばらしい。
 17時頃に来た5年生のOKは、はじめてしゃべったけど、すごく明るい子。絵を描いたら喜んだ。喜びすぎて笑いすぎだったくらい。「誰にも言ってへんけど」ディズニーファンであることも教えてくれた。そして喜びすぎてお迎えの着信に5回とも気づかず、とうとう塾に電話がかかってきた。笑顔は人を元気にする。
 その間にMCが来ていた。MCと裏でしゃべっていた。元気出してください!!って言ってくれた。まじ、癒し系だ。ごまたまごの話とか、TDLの話とか、いろいろしていた。
 自習の時間ももちろんベストを尽くした。自習室に入りきらなかった子も、くまなく応対した。私にはできた。MCとの帰り道もすごく楽しかった。MCがトークうまいのか、私たち気があうのか。
 
 塾のバイトができるのも、数えてあと4ヶ月のみ。年を越す前に、NSに言わなくちゃ。
 未来は明るい。

つづき 

September 23 [Thu], 2010, 0:43
 最後にKDに連絡をしてしまった。まあ、1週間空けることができたし、その間にこんなに学ぶことがあったので、KDにあっても恥じることは1つもない。毎日しっかりと振り返り、成長しようとする姿勢はすばらしい。この姿勢をずっと続けたい。
 日能研にははやく連絡しなければと思いつつ、時間割が決まったのが今日なので、明日行って伝えようと思う。明日は阪口組。実りの多き会合にすることを目標に、また1週間頑張ろう!!

ゼミ合宿 

September 23 [Thu], 2010, 0:07
 今回は反省点とほめてあげられる点がたくさんある。
 まずほめる。2泊3日、よく頑張った。失恋したばかりでつらいし、団体行動が苦手なのに、よく2泊3日もみんなとテンションをあわせることができました。すばらしい。本当に、成長してる。みんなと程よくしゃべっていた点も良かった。常に細心の注意を払って、協調性を失わないようにしていた私、よくがんばった。本当によく頑張ったよ。TCの言動に悩んだこともあったけど、よくめげなかった。よく責めなかった。私が悪いのかなってけっこう考えた。それも偉い。非を認めることができている。歩いている時に、ひとりでも被害妄想しなくなった。いまはひとりがいいんだ、それでもあたしは鄭ゼミの一員だって思うことができた。これはすごい進歩だ。
 反省点は本当にたくさん。気になることから挙げていく。
 TCに言われた、「他の人のことも考え!」最大限に考えて、最善を尽くそうとしていた私はなんだったのか。全然認められていない。TCが勘違いしているとMCは言っていた。それもあると思う。私はみんなのことを考えずに先に下山していたのではなく、勢いよく下って、ジャマにならないところでみんなを待とうと思っただけだ。でもあのときに、先に行って待っているのではなく、しんどそうな子を気遣って、荷物を持ってあげるなど(断られるかもしれないけど)するべきだった。ゆっくり一番後ろからついていくのだってよかった。私は、体力があることを認められたかったのが少しあるかもしれない。それを出してしまった。話題にしてほしかった。そういう気持ちが少しでもあること、そしてそれを優先してしまったことはすごく恥ずかしい。でも、そればかりだと勘違いしたTCに腹が立ち、同時に怖いという感情を抱いたのも、無理はないと思う。私はあのとき、心の中で、どこで待っていようとか、いろいろ葛藤していたのに、一括された。そりゃあ怖くなる。いままでの努力が全部パーだもの。でも、TCにだって悪いところがあった。それを、許容できなかった私も悪い。それはなにか。夜の宴会の時に、有名人なら誰に似ているかを、順番に言い合っていたとき、私だけさらりと飛ばされた。TCの一言で。あれはすごく傷ついた。そういう気持ちを配慮できなかったTCとゼミのみんな。それは私が時に感受性が豊かだから感じた感情なのかもしれないし、よくはわからないけれど、もし逆の立場で、誰かがさらりと話題の中から飛ばされた時は、いち早く気づいて、その人の番をきちんと作ってあげようと思った。話題に入るのはすごく難しいことだが、話題に入っていても、気配りを忘れないことが大切だ。それが、MHとかYK、KDはできている。すごい。
 そして発見するようにつとめた、みんなのいいところ。
 WCは、完璧に幹事役を務めてくれた。そして、話をしていても、時に天然で、時に突っ込みが、すごく面白い子だった。しっかりとプランを立て、提案することができていたし、楽しい場には必ず参加していた。私の相談にも乗ってくれた。何でもしゃべってしまいそうな、そんな雰囲気を醸し出す子だったし、所々で人をほめることができることは、彼女の魅力であると思う。
 TCは、空気を作ることができる。常に全員に気配って、リードする。マイペースを崩さずに、きちんと自分の意見をみんなの中で述べることができ、まとめることができる。話題に入っていくのもお手の物。分け隔てなく誰とでも、我を忘れずにしゃべることができるところは、すばらしい。気遣いもできている。部屋の鍵や忘れ物はすべて彼女が進んで管理した。
 MCは、他人を立てることを忘れない。そして、「わかるわかる!」と同調してくれるので、相手に自信がつくように会話することができる。自分のことはさておき、他人を立てて会話しているし、かわいく場を盛り上げることができている。また、出しゃばりすぎずにいるところ、女の子らしさを常に忘れないところもすごい。
 MYは、冷静さを保ちながら、気配りはさすが同女生、すばらしかった。ぱっぱと行動に移すことができる。登山はすごくしんどそうだったけど、よく頑張っていたし、みんなに迷惑をかけないことを第一に考えて常に行動しているところがすごい。写真を撮る時など、ぱっと自分で役を買って出るそのはやさは人一倍。
 FKは、面白いし、しゃべりやすいオーラを醸し出している。ひとりだけ男の子で、しかも先生と同じ部屋。この合宿はすごくしんどかったと思うけど、それを面白く私たちに話してくれることができる。先生と相部屋は相当気を使って、しんどかったろうけど、それでも先生のことをよく見て、できることをできるかぎりして、その上先生を尊敬している点は本当に見習いたい。
 YCは、また違った意味でマイペース。でもそれは、周りとどうかできるマイペースであり、話題を進行させることができる。そしてそれを一生懸命語るから、さらにみんなでしゃべることができる。そういう、単語が少なくても、思い出せなくても言い出して、話を繋げることは、私にはできない大技だ。
 SCは、独自の世界を持っており、それがすごく雰囲気がいい。そしてすごく頭がいい雰囲気がした。いや、実際にすごく頭がいいと思う。それは、話の仕方からわかるのかな。すごく面白い子だし、魅力的。ひとりで歩いていても平気。隣を歩いていて、話題がなくても平気な雰囲気をかもしている。
 KZは、おしゃれにすごく気を配っているのがわかるし、反応がかわいい。発想がみんなと少し違っているのかはわからないが、それでも言うことはすごく適格なので、新鮮味があった。他人をさりげなくほめることができる。見習いたい。
 私はどうだろう。そんなすごい集団に、混ざれていた。それならば、私にもいいところがあったはず。うさびっちのTシャツやヘアバンドなど、自然と話題にしてもらえるところは多かった。あ、それはみんなの魅力かな。なんだろう。とりあえず、本を1冊読み終わった達成感と、協調性を怠らなかった達成感はある。盛り上げ上手ではあったと思う。うん、だからみんな話題をふってくれるんだ。自分からそんなに発さなくても、そうして扱ってくれるのは、それなりに私に魅力があるからで、それが明確にわからなくても、漠然とでも、自信を持っていい。

ねむすぎる 

September 18 [Sat], 2010, 20:30
 頑張ったから眠い。いいことだ。

 今日はボランティアだった。そこで私は、ミスをたくさんしてしまった。反省。
 ひとつめ、カメラ係を任された時、何のための写真を撮ればいいのかを聞かなかった。どんな写真を撮ればいいのかを、考えなかった。これは生徒さんたちの重要な卒業アルバムの写真であり、廊下に飾られるポスターのための写真である事が、帰って母に聞いてからわかった。廊下のポスターになるだろう事はわかっていたし、カメラ係というからには、各生徒まんべんなく撮影する事はできたが、卒業アルバムのための写真という事まで、当初は頭が回っていなかった。楽しんでいる様子を撮るだけなので、私が撮った写真が卒業アルバムには全く使えないわけではないが、そこは反省。
 ふたつめ、畿央大学の方々をうまくリードできなかった。写真を撮る事に必死で、母に指摘されるまでその事にも気づけていなかった自分が恥ずかしい。頭が回らない人たちの事にも頭が回っていなかった私は馬鹿だった。TCはあんなにくるくる動いていたのに、自分はどうだったのだろうか。客観的な視点から今日の自分を振り返りたい。でも、ベストを尽くした事には変わりない。
 みっつめ、ジャージをはいていかなかった事。これは最大のミスだ。
 よっつめ、これは仕方のない事だが、カメラを充電しておかなかった事。確かにカメラ係なんて聞いてもいなかったし、オリンパスのカメラがあそこまで質が悪いとは思わなかった。職に就く前にオリンパスのデジカメも触る機会を持てた事は、すごく勉強になった。そしてさらに興味がわいた。お客さんひとりひとりにあった接客が、家電量販店では、本当に求められるなあと思った。家電は、意識もせずに日常的に使うものもあれば、それが思い出を残す重要な役割を果たす時もある。そして目的によって、求められる機能は全く違ったものであるため、機能を熟知し、お客様ひとりひとりにあった商品をご購入いただく仕事は、すばらしく重要であり、素敵な仕事だと思えた。
 いつつめ、これが今日の最大のミス。TCがしんどそうなのに全く気づく事ができなかった。本当にごめん。

 良かった点もある。ASやKSなど、私はボランティア活動の中でも、友だちに囲まれている。買い出しにいくとき、一人じゃなかったし、お昼ご飯もみんなで食べた。浮いてしまう事はなかった。それくらいの社交性を、私はすでに身に付ける事ができている証。ISだってそうだ。でなきゃあんなにかわいがってもらえるはずがない。

 村上春樹の『ダンス・ダンス・ダンス』最高に面白い。

反面教師と 

September 18 [Sat], 2010, 0:34
 いつも家に帰ると母が私に1日の仕事の話をする。いわば愚痴タイム。私はそれに聞き入る。理解はしているけれど、相づちは、無難な程度にしか打たない。だって私は社会人ではないので、よくわからない事もたくさんある。変な解答をしてしまって、もし変な風にとられてしまったら、お互いの心境によくない。それは私の気遣いができるという長所でもあり、頭が母の話全部に対応しきれていないという過疎さ、短所でもある。今日、いつも通り23時に帰って晩ご飯を食べていた私に母は1日の愚痴を話した。仕事、たいへんそうだなあ。最後の年になって、本当に大きな仕事をしているなあ。それを毎日頑張って対処する母は、本当にかっこいい。母の話が一通り終わり、私が今日の話をした。まず、KDについては、ほとんど知ろうともしない。つきあい始めたときからそう。私がこうやって必死に毎日を生きているのは、彼に認めてもらいたいからという点もあり、私にそう思わせる彼はそれほどの人物である事が、母にはまだわかっていない。だって私が、母に彼の話をしないから。だってそれは、頭から批判されて不愉快だから。で、私の話を始めた矢先、母が入った洗面所から、お風呂のシャワーの音が聞こえてきた。
 え?あり得ない。私の話は毛頭聞く気がないのか。
 いや、母は悪くない。私に話術がないのと、お風呂に入ろうとする母に気づけなかった事が悪いせいだ。そう言い聞かせたけど、しばらく怒りは治まらなかった。怒りを覚えたのは久しぶりの事だ。いや、こんな事でイライラするなんて、私は心が狭い。直さなければ。成長するために。だって私は母になんと言われようと、KDといっしょになりたいと思っているから。

 今日は学校に行った。約束していたけれど、TCは来なかった。私が学校を出る時間に、間に合わなかった。まあ、明日会えるからいい。KDといっしょにいた。思い出して、泣きそうになる事もしばしばあったけど、なんとか隠した。彼は、つらければキスもハグもしていいと言った。私はしなかった。まだその時ではない。
 私は強い。
 彼といる事はすごく幸せだった。そして彼が本当に、私が成長して戻ってくるのを温かく見守ってくれている事を、今日は肌で感じた。注、キスもハグもしていないけれど。だから私は、卒業研究を必死て考えた。近鉄で行けば、出発時間を遅らしてもう少し彼といてもバイトに間に合う事はわかっていたし、電車の時間なんてすぐに調べる事ができた。でも、私はいつも通り15時に学校を出た。駅まで送ってくれそうな彼を断った。いまはまだその時じゃない。彼は学校の正門まで見送ってくれた。私は1回しか振り返らなかった。本当は見える限り振り返りたかったけど、いまはその時じゃない。前をむいて歩かなければ。

 アルバイト先の先輩PSに、年末年始のライブに誘っていただいた。迷わず行く事にした。自分へのご褒美。もちろん、いまから頑張る自分へ、だ。
  
 今日の事で、彼が待っていてくれる事がいたいほど伝わってきたし、彼が浮気なんかしない事も、わかっていたけど再確認させられた。でもだからって、私は気を抜いてはいけない。将来楽しく明るく過ごすために、ここで気を抜けない。一生懸命生きる事は、23時に力つきるほど実はしんどい事ではあるが、それがすごく楽しい事である事も私にはもうわかっていた。

 明日はボランティア。TCに近況を全部聞いてもらいたいし、TCの近況ももちろん聞きたい。人の話を聞く事は、自分の成長につながる。聞き上手になりたい。

よくがんばったよ 

September 17 [Fri], 2010, 0:03
 「どうやって成長するのか悩む事自体で、成長していると思うよ」とWCが言っていた。
 それは大きいかもしれないと思った。これだけいつもいつも必死で何か考えて過ごす事を、いままでしていなかった。成長する事についてが多いけど、それが元になっていろいろな事を考えているようになった。例えば、学部にいる時はある程度気を抜いていたのに、それもなくなって、つねにオチにつっこめるように、さらに面白い会話にしようと努力していたり、周囲への気配りをもっとするようになったと自分でも感じる。気配りは、物理的なものではなく、精神的なものにも及んでいる。人をほめると自分に返ってくるってどこかで聞いたけど、あれは本当だ。気がつけばほめるようにした。気がつくように努力するようにしている。常に気を張りつめているため、23:30には眠気に襲われるけど、そのために毎朝6:00か6:30には目覚められるようになった。早起きは三文の徳。布団にいて二度寝もしたいけど、ずっと布団にいるといろいろ考えちゃいそうだから、行動しろって言う、TCのことばを実践している。その代わりに、電車やバスで心地よく寝る事ができるようになった。
 化粧は欠かさない事にした。薄い化粧しかしていないけれど、オンとオフと切り替える大切な行事と考える。周りの人に、ちょっとでもいいものを見てほしい。別にショックを受けて少々やつれ気味なのを隠しているわけではなく、そういう思いから化粧をする。岡本真夜みたいな、心からきれいな女性になりたい。吉田美和だってそうだ。
 今日は、MZとしか約束をしていなかったが、WCと会ったし、YNにも会った。北海道あんなに広いのに、おみやげが被っていた!それですっごい面白かったし、あんなに笑ったのは久しぶりかもしれない。私がみんなを必要としているように、みんなもあたしを必要としてくれている。だから大学へ行く度に、友だちに囲まれている自分がいるんだと、自信を持とう。
 塾は、必死でやろうと思ったが、今日は小学生を楽しませる事に精を注いだ気がする。でも、ある生徒を注意したことで、助かったと新人のASに言われた。誰かの気持ちを楽にする事ができた事、チューターのお手本を見せる事ができた事も、誇っていい事だ。そして小学生は、本当に私を慕ってくれている。視線で呼んでくれたり、手を引っ張ってくれたり、「せんぱい!」っていって慕ってくれる。MKのお姉ちゃんが、私の絵をそんなに楽しみにしているのなら、すぐ描いて、明日持っていくよ!それが明日の塾の時間までに、やらなきゃいけない事だ。
 今日は午前中少し絶えられなくなって、医心館に行った。思い出して、たくさん涙が出たけど、行ってよかった。KDが掬い上げたタバコがそのままになっていたので、なんとか木の枝でつかんで、ゴミ箱まで持っていった。暑かったけど、ここで一人で泣く事ができたので、午後も頑張れた。今日は泣いたのは、これと、塾の帰りの電車。でも、それだけだよ!頑張っている私は素敵だと思う。三日坊主にならないように、彼を信じて自分を信じて明日も頑張ろう!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ayataso0523
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる