出会い。 

2008年02月24日(日) 22時40分
世の中には、コーヒーが飲めない人は実は多い。


カフェラテやカプチーノは飲めるけどコーヒーはちょっと…というのは良く聞く話だ。


私自身好き嫌いが多いせいか、コーヒーが飲めない人だと思われがちだ。


実はブラックでしか飲めない程コーヒー本来の味が好きなのだ。


ホットならなおさら、カフェラテやカプチーノは飲めない。


そもそもコーヒーとの出会いは言うまでもないが、人生初のアルバイト先のドトールコーヒー。


アルバイト先がコーヒー屋だからといって、コーヒーが飲めない人は意外に多い。


例に漏れず、私もその一人で味を聞かれてもせいぜいこっちの方が苦いです位しか言えなかった。


オープン(開店準備)に入ると、コーヒーマシーンで入れたコーヒー(ブラック)をティスティングしなくてはいけなかった。


飲めない上に味も分からない、更に空腹時となると最悪で一番辛い仕事だったと言っても過言ではなかった。


また、追い討ちをかけるように、その当時本日のコーヒーというのがあり、日替わりで色々な種類のコーヒーを提供していたのだが、味をスタッフに覚えさせたいという教育熱心なオーナーのせいで、それも毎日味見をさせられていた。


そんな日々をおおよそ4年過ごす内に 、いつの間にか豆の違いも味の良し悪しも分かるようになっていた上、ブラックでしか飲めなくなっていった。


それが私とコーヒーとの出会い。

渋谷シャンドン。 

2008年02月24日(日) 22時39分
静かにゆったりお茶をしたいときに困るのが渋谷。


街の中心から離れ、246を青山方面へ少し行くと
町の小さな洋菓子屋さんの様なたたずまいのカフェを発見。


偶然ではあるが、ここもまた探していた喫茶店だった。


迷わず入り、席につく。
客層はサラリーマンやOLさんで、
とても落ち着いた雰囲気。

小さなショーケース一面に所狭しと
様々なケーキが並んでいた。
この規模のカフェでは珍しいくらい、
ケーキの種類が豊富だ。

そのせいか、女性一人のお客が目立つ。
そしてその誰もがケーキを頼んでいた。


いい喫茶店は、コーヒーが美味しいかにかかっていると
信じてやまない私は今日もブレンドのみ注文。


オーダーして間もなく、
白地に藍色の模様をあしらったカップとソーサーの上に
恐らく手焼であろうクッキーが一枚乗せられ運ばれてきた。


コーヒーは店の看板だとうたっていたお店なだけあって、
コーヒーも深みがあるが実に飲みやすく、
またクッキーもとても美味しく頂いた。


サービスでつけるほどお菓子にも自信があるのだろうから、
ケーキを注文すべきだったと今になって後悔。


本日得た教訓は、コーヒーとクッキーの組み合わせは
非常に良いと言うこと。
目から鱗でした。


シャンドン

渋谷区渋谷2-9-2

TEL 03-3400-8198

am10:00~pm20:00
日祝19:30close

吉祥寺くぐつ草。 

2008年02月24日(日) 22時39分
最近お気に入りの吉祥寺。
買った本にのっていた喫茶店の中で一番気になっていた所。
意外にも商店街のど真ん中に位置し、意識していなかったら、
気付きもしないであろう控え目な入口。


森の洞窟へ入って行くように、地下へと延びる階段をおり、
重い扉を開けるとそこは噂通り洞窟だった。

入口から店内全て見渡せる位の狭さがちょうど良い。
洞窟だけど圧迫感はまるでなく、むしろ温かみのある空間で
足を踏みいれた当初から居心地が良い。


かねてから楽しみにしていた一番人気の
くぐつ草カレーとコーヒーをオーダー。
最初は甘くその後風味豊かなスパイスが口の中に広がり、
味わい深くほのかに辛い。
これまた絶妙で安心するまろやかな味。


開店して1時間後に行ったので、店内も空いていて
ゆったりとした時間を過ごせたいい休日でした。


時間に余裕があり、異空間を味わいたい時におすすめ。
空間、味、サービス共にバランスよく高評価。



くぐつ草


武蔵野市吉祥寺本町1‐7ー7 島田ビルB1F

tel 0422ー21ー8473


さて次回はどこへ行こう。
たまには若者らしく、中目辺りに行こっかなぁ。

渋谷名曲喫茶ライオン。 

2008年02月15日(金) 1時31分
雪が降りしきる日曜日。

雑誌で見たおぼろげな記憶を頼りに、探して2日目。


ここ以外考えられないというインスピレーションの元、細い路地裏に入る。


場所柄何だかいかがわしいお店も立ち並ぶなか、一軒かなり近い匂いのする喫茶店を見付け期待が膨らむ。


奥へ進むと、更に古びた建物にらしき看板を発見。


実のところ、そこが名曲喫茶だということを知らなかった。


それを看板で知り、一抹の不安を残しつつ店内へ。


一歩入ると、タイムスリップしたような空間に大音量のクラシックがかかっている。


益々不安になりつつ、2階へどうぞとなかば強引に2階へ誘導される。


またそこには、曇りガラスで先の見えない扉があり、開けると2階へと続く階段と裏口があった。


少し急で歩く度にキシキシ音が鳴る木の階段を上る。


驚く事に古びた大きなスピーカーは1階から2階へと続いているためその辺りは吹き抜けになっていた。
そして、それを囲むように席がおかれていた。


オペラやコンサートホールの2階の構造を想像すると分かりやすい。


当然一番後ろの席以外全てスピーカーに向かっているため、二人で来た人は横座りになっている。


また両サイドは新幹線の様な感じだ。


青白く光を放つ照明は、益々不思議な空間に感じさせる。


圧倒され続けているなか、意外にも普通な格好をした普通の若い女の子がメニューを運びに来る。


違和感を感じながらも、何故だか少し安心した。


メニューには、「会話は極力お控え下さい」の文字。


ブレンドを頼んだ後、どんなカップで来るのか期待に胸を膨らましたが、スタッフ同様、オーソドックスな真っ白な無地のカップで運ばれてくる。


はじめはおどおどして、スタッフが普通の人で安心していた。

しかしだんだんその場に慣れてくると不思議なもので、せっかくここまで雰囲気のある建物なんだから働いている人や器まで徹底すれば良いのにと、いかにも傲慢で我儘な気持ちが生まれてきていた。


お店のウリは本来クラシックを楽しむ場所であるはずだから、それ以外は関係ないといえばそれまでだ。


だが、頑固な私は今でもまだもったいないという気持ちが捨てきれないでいる。


ここに来てからと言うものの、クラシックの良さを再認識している。


何もかも無にして、一瞬でも現実世界を忘れたいときにはお勧めのお店。


また、歴史ある古い内装は要必見。


名曲喫茶ライオン

tel03-3461-6858

11:00AM〜10:30PM

新宿珈琲貴族。 

2008年02月14日(木) 1時20分
平日の夕方7時頃。


新宿の街は仕事を終えた会社員や旧正月でバカンス中のアジア人でごったがえしている。

ただコーヒーが飲みたいだけなのに、どこも列をなしていた。


それに辟易し、途方に暮れていた頃、歌舞伎町の入口にこうこうと光る喫茶店が目にはいる。


今まで通りすぎたことはあったが、決して中に入ることはなかった珈琲専門店。


その名も珈琲貴族 エジンバラ。


中にお客さんがいることを確認し、入店。


1階は適当な音量のジャスが流れている純喫茶ぽい雰囲気だった。

2階へどうぞと、勧められるがまま階段を上る。


同じ新宿だとは思えない程閑散としていた。

ひとまず、席につきメニューに目を通す。

ブレンドを頼み、周りを見渡す。


見慣れない客層のせいなのか、新宿にいることを忘れそうになる。


スタッフが若い割に接客態度が良く、一つ一つの行動が丁寧かつきびきびしている。

久々に気分の良い接客を受けたなとしきりに感心。


そうか、店の名前に貴族がつくくらいだからお客様を貴族の様に扱えというお店の規律なのかと妄想を膨らませる。


オーダーして間もなく、「コーヒーは後程注ぎに参ります。」とコーヒーカップだけが運ばれてきた。


数分して、サイフォンを持ってきたスタッフが目の前のカップに並々注いでくれた。


器具はアンカレッジと全くいっしょだが、ここは700円する。

その差200円はサービスという名の付加価値なのか。
はたまた、歌舞伎町という立地なんだろうか。


長居する内にいつかスタッフの誰かのボロが出るのではという私の意地悪な期待を裏切り、店を出る最後の最後まで気持ちの良いお店だった。


コーヒーの味も美味しく、熱さも良い。

ただ一つ、内装が普通かなぁというところ。

新宿でゆったりとした時間を過ごしたい方はぜひお勧め。


珈琲貴族 エジンバラ
新宿区歌舞伎町1-5-3

tel03-5272-7767


また写真撮るの忘れました。

渋谷アンカレッジ。 

2008年02月13日(水) 18時51分
センター街の奥にある見落としがちな喫茶店。


中に入り、コートを脱ぎ振り向くといたるところにインターフォンがある。


「ご注文はこちらのインターフォンでお願いします。」と書いてある。


お水を運びにスタッフがくる。


しかし、やはりインターフォンでご注文をと言って足早に立ち去る。



確かに運びに来る他、スタッフがフロアにいない。



メニューだと思って広げたものは、占いの結果らしいものしか書いてない。


もう1冊がメニューで、恥ずかしいがインターフォンでブレンドを注文する。



サイフォンとキャンドルとコーヒーカップを運びに来る。


「ごゆっくりどうぞ」といい放ち、立ち去ってしまう。


慌てて、よびとめ入れかたを教わる。


どうやらそのまま注いで良いらしい。


ソーサーの脇にはマドレーヌ。


どうやら、マドレーヌの紙の底に数字があり、先程私がメニューだと思っていた物はここで使うらしい。


コーヒーは2杯分で、お菓子がついて500円。


スタッフはうろついていないし、若者も店内にはいない。


渋谷にしては、穴場で駆け込み喫茶として良いところを見付けたと満足な1日。

喫茶店。 

2008年02月12日(火) 22時16分
私と純喫茶の出会いは、かれこれ10年近く前。


とあるバイト先の休憩で連れていかれた喫茶店。


東亞珈琲。


その頃は、喫茶店にモーニングというサービスがあることも知らない
世間知らずな少女だった私。



その当時はおされカフェが軒並オープンしてきた頃で、
私はどちらかというとそっちの方に夢中でした。


何だか古臭くておじさんばっかで、嫌だなぁと思っていたのは数回。


いつの間にかそこが落ち着く事に気付く…。


その後、カフェがどこも満席で、変な所だけど…と連れていかれたのが
新宿のらんぶる。


階段を降りるとまるで古い劇場のような喫茶店で。


吹き抜けになっている高い天井や、古びた椅子など心を鷲掴み。


それ以降、とりこになり通うようになったわけだ。


それから6年、純喫茶の本を見付け、
以来休みの度に足を運ぶようになりました。


が、しかし…。

今はどこも都市開発で、古いビルは建て直され
名店はどんどん減っていく一方のよう。
新しいものはいくらでも作れるけれど、
古いものは再生されることはない。


どんなに古びた感じに作っていたとしても、
そこに流れていた歴史や空気は二度と蘇ることはない。


所詮作り物の世界。


寂しい限りです。

まっ需要がないなら仕方がないけど。


この先どんどん減っていくであろう純喫茶。
時間の許す限り、いってみようーっと。

チョコの日。 

2008年02月12日(火) 20時37分
バレンタインって凄いんだね。


世間の女性の皆様は、義理チョコって礼儀なんですか?


相手が誰であろうと、義理になると同じものを
まとめてバサーッと買うのね。
大人買いって奴?


初めてまの辺りにしてビックリしました。


学生だと逆に、
「ハートや唇だったら、
余計な気を持たせるから
やめた方がいいよー」なんて会話も聞こえてきて。

正直、そんな相手なら義理であろうと、
チョコなんてあげなきゃいいじゃんって思っちゃう私。


もし礼儀で、義理をあげなくちゃいけなくなったら、
私は一人一人違うものをあげるけどなぁ。


どんな贈り物でも、相手の事を考えてあげるのが私の信条。


まっ、そんな暇ねぇーよって怒られそうですが、
そういう気持ちは相手が誰であろうと大切だと思うわけです。


にしても、バレンタインを利用して気持ちを伝えるって
何だかとても素敵だなぁと。


キュンキュンします。

世の中の気持ちを伝えようとしている人がうまくいくことを祈って☆



男の子になって、見知らぬ女の子から渡されたり(年下限定)、
高嶺の花的な相手(年上が理想)から貰ったりしたいなぁ。


はいっ。


妄想日記終わり。

注目のモデル。 

2007年04月12日(木) 23時33分

Bruna Tenorio。
ブラジル出身。
かなり可愛い。
何を着てもスタイリッシュに仕上がる彼女は奇跡です。


ファッションもそうですが、今ブラジルがかなり注目されてまふ。

化粧水。 

2007年04月10日(火) 1時52分

防腐剤、アルコール無添加、香料や着色料なども使用していないのが特徴。
本当に肌の綺麗な人って、自分が飲んでいるミネラルウォーターが1番良いって聞いた事がある。
それはさすがに、意味がない。
でもせめて、肌には負担をかけないのが1番だから。
シンプルなお手入れということで。

周りに何を使っているか聞かれて薦めて、リピーターがダントツに増えているもの。
もう何年使っているか分からない。
ほかに、しっとりタイプとさっぱりタイプ、美肌クリームもありまふ。
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像あや
» 化粧水。 (2007年05月17日)
アイコン画像YO-KO
» 化粧水。 (2007年05月15日)
アイコン画像AYA
» とろん。 (2006年09月28日)
アイコン画像YO-KO
» とろん。 (2006年09月21日)
アイコン画像AYA
» とあるお休み。 (2006年08月06日)
アイコン画像tomo
» とあるお休み。 (2006年08月05日)
アイコン画像AYA
» とあるお休み。 (2006年08月04日)
アイコン画像とくでん
» とあるお休み。 (2006年08月04日)
アイコン画像YO−KO
» とあるお休み。 (2006年08月04日)
アイコン画像tomo
» とあるお休み。 (2006年08月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ya ya
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・写真
    ・旅行
    ・音楽
読者になる
純喫茶ブーム中。 気まぐれであらゆる視点から見た私的な感想を自分の記録として記載。
Yapme!一覧
読者になる