赤ちゃんの父親について

July 26 [Sun], 2009, 4:46
はっきりいって未練はあります。

でも、私には彼の奥さんと息子さんの幸せを壊してまで幸せになりたくなかったし、略奪愛は続かないってわかっていました。


感情を押し殺して身を引きました。

子供に罪はないですから。

実は奥さん、この時妊娠2ヶ月だったんです。

私と別れるかどうかは置いといて、離婚してお腹の赤ちゃんと息子さんを一人で育てる覚悟もされていたそうです。


そんなことがあってから今日まで他の男の人とは関係を持っていません。

妊娠に気づいたのは5月頃

生理不順にしては生理がこなすぎる。

匂いに敏感になり吐き気が止まらなくまともに食べることも出来ない状態が続きました。


いわゆる悪阻の症状です。

でも検査をするのが怖くて、ずっと逃げてきました。

それがこの中絶につながったんです。


もし彼とこんな事がなければ喜んで生んでいました。
大好きな人の子供を産みたくない人なんていないです。


気づいた時点で検査して早く病院にいっておけば、こんな大変な事にはならなかったと反省しています。


本当に赤ちゃんに申し訳なくて、夜も眠れません。

悔やんでも悔やみ切れなくて、赤ちゃんに触れもしなかった。

赤ちゃんをみたときに罪悪感でいっぱいでした。

これは殺人なんだと

私を選んできてくれたのに、私は赤ちゃんの意思を汲んであげられなかった。

本当ごめんなさい。

看護士さんには、この子の為にも赤ちゃん産みなさいって言われました。

こんな事をした私に赤ちゃんを産む資格はあるんでしょうか?

赤ちゃんの事よりも自分や奥さんの事を考えていた私に親になる資格なんてありません。


赤ちゃんが天国で幸せになれますように。
心から願っています。
私の人生をかけて、あなたを想い続けます。

赤ちゃん本当ごめんなさい。
私を選んできてくれてありがとう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ayano_87
読者になる
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ayano_87/index1_0.rdf