*★*・・・・・ゆず/アゲイン2・・・・・*★* 

2006年02月09日(木) 15時17分
君が見つけた勇気の花
色褪せ事なく今も咲き続けてる
躊躇(ためら)う風が吹き戸惑う雨が降り幾度なく踏み潰されても
決して枯れる事のなかった儚い花

それでも些細な願いも届かずに
信じる気持ちも持てなくなる夜もあるでしょう
そんな時はここにおいでそして大声で泣いてしまえばいい
時は流れあの日の悲しみでさえちっぽけだったと想える朝が来る

アゲイン 誰もがみんな一人ぼっちを抱きしめながら生きている
アゲイン 泥だらけの靴だって何度でも歩きだせるさ
君が君である為に わずかな光を頼りに
僕と共に行こうアゲイン

自分の弱さも認められずに
頑なな心に鍵をかけていた
いつのまにかここにあるものを無くしてしまう恐さに縛られもした
そこへ行くよあの日の自分でさえ君となら笑いとばせるさ

アゲイン 人は誰も癒えない痛みを胸の奥に抱えてる
アゲイン ひび割れてるグラスの中にも希望を注ぎ込もう
答えなんか無くても 小さな一歩踏み出した
君と共に行こう

街の音にかき消されていた夢
冬の空に溶けていった誓い
過ぎていった日々を
受け止められたのなら
明日へと心を繋ぐのさ・・・

アゲイン 誰もがみんな一人ぼっちを抱きしめながら生きている
アゲイン 泥だらけの靴だって何度でも歩きだせるさ
アゲイン 人は誰も癒えない痛みを胸の奥に抱えてる
アゲイン ひび割れてるグラスの中にも希望を注ぎ込もう
君が君である為に わずかな光を頼りに
僕と共に行こうアゲイン
新たな旅立ちへアゲイン・・・
アゲイン・・・

*★*・・・・・ゆず/青・・・・・*★* 

2006年02月09日(木) 14時35分
泪が溢れて
途方にくれた夜に
さしのべてくれたあなたの温もりを
僕は忘れはしない

冬の空の下 凍てつく寒さの中で
今もまだ疼(うず)いてくる
いつかの傷跡

強い北風が吹いて
僕は吹き飛ばされそうで
それでも胸の奥で
あなたの名前を何度も何度も叫んだ

泪が溢れて
途方にくれた夜に
さしのべてくれたあなたの温もりを
僕は忘れはしない

激しい雨に打たれて
びしょ濡れになった心が
蝕まれそうでも
あの日の誓いを繰り返し繰り返し噛みしめた

いつの日かあなたが僕と同じような
悲しみに出会ったその時は
どうかこの歌を想い出してほしい

諦めかけていたやりきれなかった朝に
そっと微笑んだあなたの優しさを
今も忘れはしない

泪が溢れて
途方にくれた夜に
さしのべてくれたあなたの温もりを
僕は忘れはしない・・・

*★*・・・・・ゆず/嗚呼、青春の日々・・・・・*★* 

2006年02月09日(木) 14時18分
初恋のあの人がもうすぐ母親になるんだって
小さな町の噂話で耳にしたよ
一緒になって馬鹿やったアイツが父親の後を継いで
一人前に社長さんになるんだってさ

それぞれの想いを胸に 互いの道を
確かに歩んでゆくんだね

嗚呼 嗚呼青春の日々よ
嗚呼 嗚呼青春の日々よ・・・

みんながお似合いだって 長い事付き合ってた
二人にも別れがきて
いつも強気だった あいつガラもなく
俺なんかの前で泣いてたよ

そっちの世界はいったいどんなんだい?
俺もそのうち行くけどさ
そん時までめーいっぱい悩むこともあるけれど
自分なりに生きてゆくよ

この唄は聞こえているのかい もあい聞こえるのなら
下手くそな唄 いっしょに歌おうぜ

嗚呼 嗚呼 青春の日々よ
嗚呼 嗚呼 青春の日々よ
嗚呼 嗚呼 懐かしき町よ
嗚呼 嗚呼 素晴しき友よ
嗚呼 嗚呼 美しき命よ
嗚呼 嗚呼 青春の日々よ・・・
Ah Ah・・・Ah・・・
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ayano-kasityo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる