さよならヤプログさん

September 06 [Sun], 2015, 4:59

このブログも最後の記事となりました。
うーん、ちょっと寂しいなぁ。

今の気持ちとしては、
"ここ"は残しておこうかな、と思っています。

色々な思い出もあるし、
頭や心の中にしっかり残っていれば、
まぁ、消してもいいかなとも思ったのですが、
とりあえず残しておきます。

石巻にボランティアに行った時のことや、
レコーディングの時のことも書いているし、
もしかしたらこれから先、
何かに役立つこともあるかもしれないからね!
私にとって、誰かにとって!

もしも誰かの役に立てたのなら、
もう、最高だなぁ。


(でも、思い立った時には、スパッと消しちゃうと思います。)


新しいブログはこちらです。

http://ayacondenser.andduobox.com

どうぞよろしくお願いいたします。



そして前回の記事でお伝えしました通り、
公式サイトが新しくなりました。




⚫︎国吉亜耶子and西川真吾Duo
⚫︎official website【andduobox】
⚫︎http://andduobox.com/



HP、Blogのブックマークをしている方は、
お手数お掛け致しますが、
ご登録の変更をお願いいたします。

どうぞ、今後とも宜しくお願い申し上げます。





うわー、やっぱり本当にさみしい。


記事更新のボタンを押すだけなのに、
ちょっと躊躇っている自分がいます。


よし、最後に。

ここに言葉を綴っている時間、
その時の私は、
いつも自分の心と対話していました。

貴重な時間をたくさんありがとう。



さよなら、ヤプログさん。

ありがとう、ヤプログさん。


そして1ページでも、
ここを通り過ぎていった皆さん、
ありがとう。



10年分の感謝を込めて。

with love.

国吉亜耶子

【お知らせ】心機一転、新貴一点

August 24 [Mon], 2015, 6:17
今年に入って、このブログを初めて書きます。

ええー!信じられない!
その間、何してたのー?と言われそうですが、
色々していたような、していなかったような。

ずっとずっとパソコンからも遠ざかっていました。
1週間に1回は開いたかな。。
いやいや、1ヶ月に2回くらいかな。

特に、意識的にそうしていたわけでなく、
無意識に、自然とそういう流れでした。


「パソコン無くても生きていけるし」

くらいに思っていました。


今年の上半期、
お正月からしばらく沖縄に長めに滞在し、
病院の検査日に合わせて東京に戻り、
3月の法事で帰省してはまた、
長めに沖縄に滞在する、という風に、
療養生活を過ごしておりました。



沖縄では、こんな空を毎日眺めていました。

4月頃からは、ようやくですが、
少しずつスタジオに入れるようになり、
本当に思い出すように…リハビリのように。

感覚は鈍っていないのですが、
やっぱり体力が驚くほど落ちていました。

歩けるようになるまでも時間がかかり、
歩けるようになったかと思えば、
術後の傷口が引っ張られて痛みました。

どうやら免疫力が低下してしまっていて、
傷の治りも通常より遅かったようです。
そんな期間も長かったので、
階段上るのもしんどくなっていました。


そんなんでやっとの、、やっとの活動再開。

8月25日の新宿Marbleのライブから、
活動を再開することが決まりました。

(皆さん、是非来てね!)

そうと決まれば、やることはたくさん。。

活動再開するにあたって、
色々と心機一転に始めたい思いもあり、
まず大事なミッション、
(大人の事情により)
新しい公式サイトを作らなければならないということ。

何年か前までは、
自分でやっていたのですが、
もう、色々と進化していてついていけない…。

誰かにお願いしてもいいのかな、
とも思いましたが、
「あともう少し、何ミリ右」とか、
「もう少し、色を薄く…」とか、
そういう細かいお願いがしにくいなぁと思い、
あと、少しでも経費を抑えようと、
自分で作ることにしたのですが、

本を一冊買っては、
足りない情報を補うためにまた買って、
それを繰り返していたら、
結構な金額になりました。

まるで受験生のように徹夜をして、
「出来た」と思ったら、
「あれ、出来ない」の壁にぶつかって、
「よし、1回全部、消そう」と作り直し、

結局、誰かに頼んだ方が安かったかもしれないです。
おかげで眉間のシワが深くなったような気がします。





⚫︎国吉亜耶子and西川真吾Duo
⚫︎official website【andduobox】
⚫︎http://andduobox.com/



一生懸命作りました。
初心者なもので、至らない点も多くあるかと思いますが、
どうか、あたたかい目で眺めていただければと思います。


パソコンから遠ざかっていたので、
こちらのリハビリのほうが大変でした。
「あれ、どうやるんだっけ?」の連続でした。
やっぱり、便利ですね、パソコンって。
「もういらない」と思っていたのになぁ。




----

8.25(Tue)
東京・新宿 Marble
"井上ヤスオバーガー×新宿マーブル共同企画「イイモノヲワケアウヨル vol.4」"

出演:井上ヤスオバーガー / 高木芳基(ザ・マスミサイル) / 国吉亜耶子and西川真吾Duo
[O.A]アサトアキラ

OPEN/START 18:30/19:00
前売り/当日 ¥2,500/¥3,000(D別)

●新宿 Marble
http://marble-web.jp/top.html
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 新宿ジャストビルB1F
03-5272-3558

----

9.11(Fri)
東京・新宿 LOFT
"宮川企画「マイセルフ,ユアセルフ」"

出演:竹原ピストル / チプルソ / クリトリック・リス / 国吉亜耶子and西川真吾Duo

OPEN/START 18:30/19:00
前売り/当日 ¥2,800/¥3,300(D別)

●新宿 LOFT
http://www.loft-prj.co.jp
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-12-9 タテハナビルB2
03-3204-2416

----

10.16(Fri)
東京・下北沢 BASEMENT BAR
"Beat Happening!下北沢R&R PANIC!MAX!"

出演:KETTLES / 最終少女ひかさ(札幌)/ 国吉亜耶子and西川真吾Duo / and more!

OPEN/START 18:30/19:00
前売り/当日 ¥2,300/¥2,500(D別)

【高校生割】
BH!本公演は高校生以下のお客様は《1000円をDISCOUNT》でご入場頂けます。
当日《顔と年齢の分かる学生証》をお持ち下さい。
【スタンプカードに関して。】
Beat Happening!は5回来て頂けたら1度Drink代のみでご入場頂けるスタンプカードがございます。
公演を最後まで観て頂けた方にスタンプを押させて頂きます。始めの日付けから1年間は使用期限となります。
LUSH&BASEMENT BARのみ有効となりますのでご注意下さい。


●下北沢 BASEMENT BAR
http://www.toos.co.jp/basementbar
155-0032 東京都世田谷区代沢5-18-1 カラバッシュビルB1F
03-5481-6366(16:00〜)

----


このブログを終了する予定です。

"心機一転"

公式サイトを新しくしたのをきっかけに、
ブログも一新しようと思いました。
今、新しいブログを開設中です。
決まりましたら、
その時にはこちらでお知らせいたします。

そのお知らせが、
こちらでの最後の記事となる予定です。


どうぞ、よろしくお願い致します。



国吉亜耶子
Ayako KUNIYOSHI

【ご報告:親愛なる皆さまへ】

December 27 [Sat], 2014, 0:28
皆さま

たくさんのメッセージやメールをいただきまして、
本当にありがとうございます。

無事に手術が終わり自宅療養中です。

手術の傷の痛みもあり、
思うように身体が動かず、
もどかしい気持ちでいっぱいですが、
ここから少しずつ前進していけるよう、

頑張りすぎないよう頑張りたいです。

通院も3つの科にお世話になっていて、
まだまだ完治には時間がかかりそうですが、
ゆっくり焦らずしっかりと。



写真は、Iさんから届いた『京都タワー』です。

せっかくだからツーショットで撮ってみました。
何枚も撮った中でこれがベストショットかな。

たくさんの想いの詰まった京都タワーです。
Iさん、本当にありがとうございます。

(許可を取っていないのでイニシャルで失礼いたします)



全身麻酔ってすごいですね、
手術中のことは全く覚えていません。

もしかしたら幽体離脱とかして、
自分の姿が見えたりして。
そんな風に思ったりもしたんだけどな。


手術室の中で、
懐かしい洋楽が流れていたことだけ覚えています。

制服の頃、沖縄で聴いた、
ラジオから流れて来たあの音楽。

音楽が好みで嬉しいと思っている間に、
身体には心電やら色々装着され、
そのまま眠るように。
目が覚めたらもう終わっていました。

喉が渇いて苦しくて、
でも水を飲んではいけなくて、
動かない身体のまま、
うがいをしたことも淡い記憶の中。

なかなか目を覚まさなかったようです。

寝ている間に、
執刀医が3度も様子を見に来てくれたようです。

目を覚ましたら、隣には母が居ました。
酸素マスク越しに話をしました。
しばらくしたら、兄が来てくれました。


母は、手を握ってくれていました。
とても温かかったです。

そこを境に、はっきりと覚えています。

ずっと眠っていたせいか夜は眠れず、
見回りの看護師さんが何度も声をかけてくれました。


看護師さんって、本当にすごいなぁ。
身体を拭いてくれたり、支えてくれたり、
彼女たちのその技術は勿論なのだけど、
居てくれるだけで安心する。


私が男性だったら、
お嫁さんにしたいと思うだろうな。
(旦那さんには違うのかもしれないけど…)


ひとりじゃ何も出来ない自分を通して、
本当にたくさんの方々に支えられているのだと、
痛感しています。


比喩でそう書く事は多々あるけど、

本当にひとりじゃ歩く事もままならなくて、
日常生活の当たり前がちっとも出来なくなり、
何より、本当に本当に激痛を感じました。

とても貴重な、大切な経験です。



誕生日がひとつ増えたと思っています。


一度、呼吸が止まり、
不要なものを切除し、
生まれ変わったその日を
第二の誕生日としました。


本音を言うと、
切除したものにも愛があったので、
ちょっとだけさみしいです。

今まで私の身体の無茶を、
全部受け止めてくれてたんじゃないかって。

だから今は、ありがとうの気持ちでいっぱいです。



親愛なる皆さんへ。

いつも本当にありがとう。



京都タワーと東京タワー:夕焼けバージョン


私には、ふたつのタワーの先に1本の線が見えます。


京都タワーの先と東京タワーの先が、
ひとつの線で結ばれ繋がっているように見えるのです。

実在する線ではないので、
私の瞳にだけ映るその線は、
決して切れることも消えることもないのです。


何も無い空がグラデーションに色付くのは、
そこにたくさんの思いがあるからなんじゃないかって。

そんなことすら、思うのです。



みんな、元気で居てね。


きみに何かあったら、

わたし東京タワーからパワー送るから。

5月のライブ 時間という一本道

December 13 [Sat], 2014, 20:48
この記事はちゃんと振り返り、読み返したいな。


5月のライブ

都内だけだったと思えないほど、
盛りだくさんだった印象があるなぁ。
回数はそんなに多くないんだけれど、
内容がとてもとても濃い。

------------------------
5.6 (Tue)
東京・吉祥寺
[吉祥寺音楽祭]
スーパーステージ
------------------------

この日は気温がとても低くて、
どんよりとした曇り空。
お天気が心配だったけれど、
何とか雨は降らずで安心した。

色々な想いが駆け巡った。

吉祥寺音楽祭のスーパーステージ、
『国吉亜耶子and西川真吾Duo』
結成のきっかけとなったステージである。

吉音シンボルソング、"スキスキ吉祥寺"を演奏しているバンド
サウンドチェッカーズにKey.Cho.として参加していた頃、
このスーパーステージで一曲だけ歌った事がある。
『こんなに大きくなりました』
それを聴いた西川が「一緒にやろう」と声をかけて来た。

今回は二人で『こんなに大きくなりました』を。
またこの場所に還したような気持ちだった。
元々この曲は、ここにあるのが一番自然な気がする。

サウンドチェッカーズの顔、メインボーカルである
"のろ"のマスター加藤さんに聴いてもらえた事がその証拠なのだと思う。

私にとって記念すべき大事な一日となった。


5月2日 武蔵野公会堂にて開催された
のろ37周年記念コンサートの写真。
嬉しい幸せな時間だった。



------------------------
5.12 (Mon)
東京・新宿 Marble
[Marble 10th ANNIVERSARY!!宮川企画「マイセルフ,ユアセルフ」]

w/タテタカコ, 矢野絢子, リトルキヨシトミニマム!gnk!
FOOD:ハマノヒロチカレー
------------------------



何だかミニ同窓会みたいな気分で、
始まる前から楽しいのはわかっていたし、
やっぱりタテさんもリトルキヨシトミニマム!gnk! も、
矢野さんも本当に素敵だった。
ハマノヒロチカレーもすごく大人気!
このイベントに何度も出演させていただいて、
それで「マイセルフ,ユアセルフ」なら行く!
という方が増えていて、それって素敵な事だなぁ。

新宿Marble、10周年おめでとう!



------------------------
5.13(Tue)
東京・立川バベル
[OverTheDogs Key星のそれはそれは個人的な企画 ]

w/SHOW TIMES(田中直貴ex.OverTheDogs), ファジーロジック, RETO, 水上カルビ
DJ:恒吉豊
------------------------

OverTheDogsのKey.星くんのお誘いで、
初めて立川バベルに出演させていただいた。
ステージもフロアも、とても広々としていて、
「よし、思い切り叩くぞー…」
という感じが西川の全身から溢れ出ていた。



星くんが全バンドに1曲ずつ参加するというコンセプトで、
私たちは『The freeze by phrase』を一緒に演奏した。
いつもの2人だけの演奏+オルガンで彩りを。

とても嬉しかったです、星くん、ありがとう。



------------------------
5.19(Mon)
東京・高円寺missin's
[Koenji Mission's 7th Anniversary!!Heartfelt song day!!【POPS/ACOUSTIC】 ]

w/林口裕幸, Dustflipper, アライ先輩, イケダツカサ, 末吉華恵
【FOOD】DRUNKER'S KITCHEN
------------------------

このイベント5月12日から25日のイベント期間中、
二週間通し券が\2,500という何ともお得なイベント。
一日、200円以下でライブが見れる。


華恵ちゃんやイケダツカサさん、
林口さんも久々にお会い出来て嬉しかった。

ここで出会い、ここで再会している方々。
いつものように久々の再会を懐かしんでいたら、

林口さんがいつものようにお一人ではなくて、
ベーシストとの演奏をしている。
「…あれ?もしかして…」

やっぱり!西ヶ谷源市さんだった。
出会いはもう何年も前、10年経ってるかな。
まだバンドをしていた頃にご縁があり、
交流のあった本当に数少ない先輩バンド、
『カルダモン』の源さんだった。
これには本当に驚いた。

何年経っても、
楽器を弾く姿って変わらないんだなぁ。

今現在の自分の姿を見てもらえて、
それが本当に本当に嬉しかった。



みんなで記念撮影!

高円寺missin's、7周年おめでとう!



------------------------

僕らの音楽の原点である吉祥寺音楽祭、
そしてハッとするような再会が訪れたり、
いつも通り2人だけで挑むライブもあれば、
滅多にしない誰かを加えてのライブだったり、

ライブの本数はそんなに多くないのだけれど、

それぞれの日に
たくさんのスペシャルな一コマが、
ちりばめられている。


箇条書きに書いてしまうと、
どれも別々の出来事のよう、

でも日々が繋がっているように、
それらも全て繋がっているから不思議。

生まれて来て、
これを書いている"今"
その瞬間まで、

時間という道は


たった一本なのです。


4月のライブ in 関西+番外編

December 12 [Fri], 2014, 21:18
思わずグッと来て撮った写真。



そこにはこんな言葉が書かれていました。


東京駅19番線。
出発を告げる汽笛をかき消すほど
湧き上がった、たくさんの歓声。

その感動が、
私たちの原動力になりました。



たった5行の文章なのに、
その時の光景が浮かんでくる。

新幹線が開通した時、
人々はとても感動した事だろうと、
その当時を知らなくても感じる。


沖縄で生まれ育った来た私だからこそ、
感じられる想いがある。
新幹線は憧れの乗り物で滅多に乗れないもの。

何だか乗り馴れていない思いが強くて、
今でも1人で乗れるか不安だ。
(切符が2枚あるのが難しい。)


そんな新幹線に乗ってピューッと向かう。

多い時は1ヶ月に1度、
平均2ヶ月に1度くらい、
関西地方へライブに来ていたけれど、
今年初の関西ライブは4月の末だった。

大阪の街を歩いていると
やっぱり大分、久々なんだなぁと感じる。
でもお店にたどり着くと一気に逆転する。
あれ、昨日も来たっけ、くらいの距離感。

扇町para-dice。

------------------------
4.27 (Sun)
大阪・扇町para-dice

para-dice Anniversary season5!!!!
雨市×国吉亜耶子and西川真吾Duo 2マンライブ
『 幸福の切りぬき方 』
------------------------

今年初の関西ライブは、
いきなりの2マンライブだった。
「2組を一緒に」と昨年から熱望してくださっていて
5周年ライブにお誘いいただき、是非と出演することになった。

まずライブのスタート、紙相撲で勝負する。
この勝負で出順を決めるわけだが、
国吉亜耶子and西川真吾Duoの3勝ストレート勝ちにより、
出順の決定権をいただく事に成功した。

出番はもちろん先攻で。
やっぱり締めは彼らであってほしい。

じっくりと雨市さんを見るのは初めてだった。
昨年末のイベントでご一緒した時には、
慌ただしくてきちんと見れなかったから。

ライブを見ていて感じたこと。
音楽に対して全てをさらけ出してる感じとか、
格好付けないありのままをぶつけている熱量とか、
一緒にライブしてほしいと言われたこと、
とても嬉しく誇りに思えた。

ありがとう、雨市さん。


------------------------
4.28 (Mon)
京都・三条河原町Voxhall
[ナチュラルボーン・ミュージック]

w/はいざらこうかん, It will be rainy(but I go), 閑話休題
------------------------

大阪の翌日は京都へ。

この日のライブは、
前日の大阪が決まった時に、
お願いをしてスケジュールに入れてもらった。

久々の関西だったので、
「ライブに行きますよー」のお知らせを、
ツイッターのフォロワーに送っていたところ、

「Voxhall、29日ですか…?」
というような内容のお返事が来て、
そのお返事を送ってくれたのが、
共演の閑話休題のドラマーさんだった。

その彼がお店の方に連絡をしてくれて、
初めてわかったこと。
"4月"と"7月"で間違えていたようだった。

(そのおかげで7月にも行けることになったので
結果的にはラッキーだったのかもしれない!)


そんなことがあったもんで、
途中ドキドキしたけれど、
結果的には無事に出演させていただいた。

急遽、スケジュールに入れてもらったと思えないほど、
良い夜だったなぁと思う。 


お店の打ち上げも本当に楽しかった。
打ち上げは弾き語りライブ。
初めて人前で、弾けないアコギで歌った。
皆が歌をサポートしてくれて幸せだった。
そして何より贅沢、梶本さんがたくさん歌ってくれた。
すぐ隣で私の為だけに歌ってくれたと思い込むことにした。




打ち上げと言えば、前日のpara-diceも熱かったなぁ。
bloom fieldの永吉さんきっかけで、
いきなり腕相撲大会が始まった。
こういうのやっぱり盛り上がるもんなんだなぁ。

その日の私のツイッターには、
『メモ:腕相撲大会レフェリーまつい。バンザイ!』
そう記されている。
素晴らしい大会には素晴らしいレフェリーが必要ですね。



------------------------
番外編

4月は入学の季節です。

今年も専門学校の入学式で、
一曲、演奏させていただきました。

とても広々としていて、
音がのびのびとしていて気持ちいいです。



4.13は『Yah!Yah!Yah!”ヤァ”が渋谷にまたやって来る』

December 08 [Mon], 2014, 22:13

この調子で、
ブログ更新を続けたいと思います。
どこまで行けるかな。

眠たくなったら、
続きは明日という感じで行こう。
(決して無理はせずに!)


4月13日
2月21日のvol.1の際に発表した通り、
ラボ(Laboratory) vol.2が開催された。

そうそう、イベントタイトルも、
アンコールのステージ上で、
西川氏が決めたものだったなぁ。

------------------------
4.13(Sun)
東京・渋谷 BURROW

国吉亜耶子and西川真吾Duo LIVE
〜国吉&西川ラボ(Laboratory) vol.2
『Yah!Yah!Yah!”ヤァ”が渋谷にまたやって来る』
------------------------

vol.1を観ていない方々には
わからないかもしれませんが、
"ヤァ"というのは私のことです。
(簡単に言うと"耶"のことです。)

どうしてそんなタイトルにしたのか、
その真相は西川氏にしかわからないが、
そのタイトルから連想させ、
毎回テーマ曲を作ろうと考えていたので、
やっぱりイベントタイトル"がとても重要になる。

そこの重要度だけで言うと、
曲を作る私の方が西川氏の100倍くらい、
そこを気にしているという自信がある。

なかなかテーマが思いつかなかったりすると、
「ふわっと思いついた事を言えばいいからいいわよねー」
西川に対してそう思う事もあるわけで。




ひとつの言葉を色々な角度から見てみたり、
その言葉の由来を調べたり。

今回のテーマはタイトル通り、
"渋谷"という街と"私"であって、
私の事はイヤと言うくらい知っているので、
とにかく渋谷について調べる事にした。


渋谷って駅からどこかへ向かう時、
坂道を上るイメージがあって、
だからたくさんの坂をまず調たり、

そうしていく内に渋谷の歴史にたどり着く。
"渋谷はお茶畑と水車で知られる村だった"とか。

1923年の関東大震災で、
住宅が密集していた東京の東側の火災で
何万もの人が東京の西側に引越を余儀なくされ、
そしてそのほとんどが渋谷に行き着くこととなるわけだが、

やっぱり渋谷と言えば有名な
1日に50万人が通るともいわれている世界最大のあの交差点。

その地下に川が流れている事に感動した。

あの大勢の人が行き交う場所が、
かつて川であった事が、
そこに道が無かったことが不思議であるのに、

何よりもその交差点でちょうど、
渋谷川と宇田川が交差していること。

これは、とてもワクワクさせた。

それらイメージからたどり着いた曲、
大好きな曲になった。

なったわけで、
そんな時にやっぱり良かったなぁと思うんです。

自分だけでは思いつかない"かも"しれないからね。




そうそう、そのライブ前日に、
髪をバッサリ切ったんだった。


切って思った事は、
「髪って重いんだ」ということ!


------------------------
『モノクローム 渋谷シティ』
作詞・作曲/国吉亜耶子


流れる音楽に合わせ
歩いた 井の頭通り
住宅街をすり抜けて行く
かわいい店で足を止める

信号待ちで並んだ彼女
これからデートなんだろう
覗き込んだ路地裏には
猫が居眠りする 明治通り

誰も何も言わないから
この街が教えてくれる
だから用も意味も無いけど
今日も この街へ

坂道はいつも上り坂
スペイン坂 宮益坂
オルガン坂 道玄坂
この街は坂だらけだ


駅前ハチ公の側で
誰かと電話する人
これから会う人のためだけの
とっておきの笑顔だ

右も左もどこへ行っても
流れる流行りの歌が
すれ違う人波に流されて
辿り着いた交差点

行きたいところなんて無い
目的はここへ来ること
戸惑いも期待も無くなった
今日も この街へ

人で溢れる交差点の
その流れに逆らうように
静かに地下で交わるのは
渋谷川 と 宇田川


欲望 希望 誘惑 だとか
足りないものは何もないのに
誰も何も言わないから
この街が教えてくれる
人は寂しがりやばかりだ
だから この街へ

帰り道の下り坂で
やっと気付く心の中
大切にしたいあの人と
誰にも言えない思い

変わらない街の風景と
流れて行く店や人と
見上げてみた小さな空
大スキで大キライだ

------------------------

好きで嫌いって、どっちなの!?

好きなところが嫌だったり、
嫌いなところが好きだったり、
まぁ、好きなんです。

さみしい気持ちになる事も、
大事な事に気付かせてくれるし、

総合で"好き"なんです。


ありがとう。

月と東京タワーと私

December 08 [Mon], 2014, 20:50

目の前の景色がとても贅沢です。

ベッドの横に大きな窓があって、
手を伸ばせば届きそうな東京タワーと、
向こうの方にうっすら見えるスカイツリー。



太陽が沈み暗くなるとライトアップされ、
それは時間によって変わるみたいだ。

さっきはハートマークが点灯されていたが、
今はクリスマスツリーのよう。




それにキレイなお月さまも見えます。

今はもう、
空の高いところまで行ってしまいましたが、
窓の近くまで寄れば、
真っ直ぐこちらを見つめるお月さま。

一枚目と二枚目で、
あんなに月の位置が違うんです。
時の流れをゆっくりと静かに告げてくれます。

まるで、この入院生活を、
立ち会ってもらっているような気持ちです。
(見張られているという気もします。。)


東京タワーの思い出はたくさんありますが、
こんな近くで(写真だと遠く見えますがほんと近い)
何日間も同じ角度から見るなんて、
そんなに出来る経験では無いだろうから。

また素敵な思い出がひとつ増えます。

P R
LIVE SCHEDULE
PROFILE
[PV] 遺伝子ヒストリー
国吉亜耶子and西川真吾Duo
[PV] セレモニー
国吉亜耶子and西川真吾Duo
[PV] The freeze by phrase
国吉亜耶子and西川真吾Duo

Ayako Kuniyoshi
2007.2.15
■Name : 国吉亜耶子
(Ayako Kuniyishi)
■アーティスト
(Artist)
■シンガーソングライター
(Singer-songwriter)
■From : 沖縄県出身
(Okinawa)
■Birthday : 8/2
(August 2)
■Blood type /O
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
to Offcial HomePage
To Official HomePage

"AYAKO WORLD"

To Ayako Kuniyishi's
official HomePage












最新コメント
内藤重人
» 【ご報告:親愛なる皆さまへ】 (2015年01月20日)
まりこ
» 【ご報告:親愛なる皆さまへ】 (2015年01月14日)
えんかね
» 【ご報告:親愛なる皆さまへ】 (2014年12月28日)
えんかね
» 今こそ今だから書けること (2014年12月10日)
こころ
» 今こそ今だから書けること (2014年12月10日)
絵描きのルーシー
» 今こそ今だから書けること (2014年12月10日)
メイルウライト
» 今こそ今だから書けること (2014年12月09日)
gnkosai
» 月と東京タワーと私 (2014年12月09日)
あ さんへ
» 3.12/和泉学園 選手宣誓のように (2014年07月01日)
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ayako-world/index1_0.rdf
Message to...

TITLE


MESSAGE

☆★☆★☆★☆★☆★☆
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:国吉 亜耶子 / Ayako Kuniyoshi
読者になる