学位審査会

December 05 [Mon], 2016, 18:02
ついにこのお知らせをするときが来ました

東京藝術大学 博士後期課程学位審査会

いつか、来るだろうと思っていました。博士に入って5年、大学に入って12年

いつか、いつか、と先延ばしにしてきましたが
ついに、修了を志願しました。試験を受けます。

小野綾香 博士学位審査会
2017年2月13日 [月]15時〜東京藝術大学第6ホール

リムスキー=コルサコフ 歌曲集《4つの歌》Op.3
           歌曲集《4つの歌》Op.40
ラフマニノフ <私は彼女の家に行った...>Op.14-4
        <すべてを奪われた...>Op.26-2
ショスタコーヴィチ 歌曲集《クルィローフの2つの寓話》Op.4
          歌曲集《風刺(過去の情景)》Op.109 他

メゾソプラノ・小野綾香  ピアノ・森 裕子



風の薫る12年前の入学式、あのとき夢見たものに、私は今どこまで近づけていているのでしょうか
そして、この先も進んでいくだけの力が備わったのでしょうか。

まだまだ未熟ではありますが、命を削る想いで向き合っています。
みなさまにいらしていただき、ぜひ、見届けていただきたいです。

そこの貴方様、ぜひ、よろしくお願いします!




演奏会

August 17 [Mon], 2015, 21:44
 今日は、瀬山詠子先生の公開講座で助手を務めてきました。七曲全て朗読させていただき、自分の足りないものを沢山先生に示していただきました。
聴講の方々は本当に意欲的で、音楽を、歌を心から楽しんでらっしゃる姿を見て、とても励まされました。六時間の公開講座を連続3日、、、歌うごとに伸びやかになる集中力、、、勉強になります(>_< )


そして、今日が終わったので次は来週の木曜コンサートに向けて全力疾走しなければ!!!

♪8/27 14時 台東区ミレニアムホール
芸大生による木曜コンサート
入場500円
私はロシア歌曲を盛りだくさんで歌います!日本初演となるかもしれない曲も二つ歌います。
(イッポリトフ=イワーノフ作曲
五つの日本の詩、と、
ラビンドラナト・タゴールの四つの詩)
直前のお知らせになってしまいましたが、是非是非いらしてください!
タゴールの曲は、院1年の可愛いフルーティスト、大久保祐奈さんをお迎えします(*^^*)



♪三菱地所賞受賞記念リサイタル
10/25 14:00 東京駅近くの丸ビルホール(7階)
毎秋丸ビルで開催される、芸大アーツイン丸の内2015の期間中に、三菱地所の受賞記念で出演します。
フルーティスト、大久保祐奈さんも同じく受賞され、彼女は24日の14時に出演します。
こちらは入場無料ですが、各回定員がありますのでお気をつけてご来場くださいませ。


♪芸大定期 ミヒャエル=ハイドン《レクイエム》&モーツァルト《レクイエム》
11/21 19時 芸大新奏楽堂
3000円
ミヒャエル=ハイドンのアルトソリストで出演します。
この曲、以前臼木あい先輩の博士学位審査会でご縁があった曲で、久しぶりにこの前楽譜を開いて震えました。

…なんていい曲なんだ!!!

と。
そして、

アルトソリスト、素敵すぎる!
と。宗教曲の中でもとりわけ美味しい旋律がアルトに沢山割り振られてることに先日気が付いてしまいました…前回より少しだけメゾらしくなった(と自分では思う)今の声で歌ってみるのが今から楽しみです!



では、来週のコンサートに向けて暗譜したいと思います…!!!
残暑厳しい毎日ですが、ご自愛くださいませ。

最近!

May 31 [Sun], 2015, 8:34
先月25日、第二回博士リサイタルが終演しました。

信時潔《沙羅》朗読と演奏
シェーンベルク《8つの歌》op.6
ショスタコーヴィチ《風刺》op.109 朗読と演奏

まだまだ調べたいこと、研究したいことは出てくると思いますが、現時点での私の研究成果の発表会としては納得の結果をいただきました。
三つともそれぞれに難しさがあって最後まで音楽が変動しましたが、
某s先生に「この若さでここまでピッタリくる歌曲に出会えたということは本当に素晴らしい幸運なこと、大切にしてね」という言葉をいただけたのが印象的でした。有り難く歌曲と共に心に留めておきたいと思います。
修了までがんばります!






その後は、奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門審査会に今年は初めて演奏員としてお手伝いに入りました。こういうのはどこまで書いていいのかわからないのですが、私の担当した曲が一位となり、入賞記念コンサートに出演が決まりました。

7月26日 台東区生涯学習センターミレニアムホールです。よろしくお願いいたします♪


あとは、8月27日にも、同じミレニアムホールで芸大木曜コンサートに出演します。
リムスキー=コルサコフと、メモリアルイヤーの山田耕筰と信時潔の歌曲を演奏予定です。こちらも併せて、よろしくお願いいたします((*^^*))



昨日は音楽漬けの一日でした。
朝から仕事をしたあとは芸大で板東玉三郎さんとベルリンフィルのアンサンブルとのコラボレーション舞台を観劇したのですが、、、もうとにかく素晴らしかった!玉三郎さんの舞台所作の美しさは大変勉強になりましたし、とても芸術的でした。それに、なんとベルリンフィルの音がキラキラと輝くことか!!
音を楽しむ、当たり前のことですが、日本人には感覚として持っていない感性や呼吸を沢山見せていただきました。
耳の保養になったわぁ〜
素晴らしいリズム感、音程感、技術、それに加えてそれらをさらに超越した楽しさでした。もう感激!!!


そのあとは永井先生のクラスで先生方とおやつタイム〜
私の興奮さめやらぬ話を聞いていただいたあとは、そのまま合わせを少しだけ聴かせていただきました。
7月6日・7日の夜は是非日本音楽遺産のコンサートへ!!
永井先生と森先生の素晴らしい日本歌曲が聴けます(≧∇≦)b


貴重な貴重な見学を、後ろ髪をひかれながら泣く泣く向かったのは…

サントリーホール!
カウフマンの来日公演初日でした!
Aプログラムは今日しかやらないとのことで、開演2分前にバタバタと駆け込んだ私……地球よ、ごめんなさい。私の肺よ、ごめんなさい。
久々に全力で走って目が回るかと思いました!(笑)酸素酸素!

カウフマンはね、行けるか本当に微妙だったので半ばあきらめていたんです。だけどベルリンフィルと玉三郎さんを見た瞬間、「今日はいけるぞ」と。
「音楽の神がツいてるぞ!」と思って、走ってでも行くことを決めたわけです。

演奏会のはしごなんて普段絶対しないんですけどねー。耳がつかれちゃうし。
でもすばらしい音楽は別なんだなって、今回は逆にパワー貰っちゃいました♪
そのあとにもつ鍋と焼き鳥と餃子とビールを頂いてしまうくらいに日付が変わるまで食べ続けましたとさ


ベルリンフィルを聴きながら、ああ、こんなに感動したのは久しぶり!と思いましたが、よく考えたらついこの前、3週間ほど前にべー・チェチョルさんのリハを聴かせていただいたのでした!ついこの前じゃん!と思ったので、そのことも忘れないように書いておこうと思います♪

カウフマンも本当に素晴らしくてファンになったんですけど(隣に居たテノール群は終始興奮して発声の分析をしていたのがとても興味深かった!やっぱりテノールが集まると話題は発声なんだなぁ!)私はどちらかというと、オペラ歌手でもありながらリートや喜劇、英語も歌っちゃう、という所に魅力を感じたし、 リートの構築性、真摯な態度、丁寧な音楽へのアプローチに感動しました。世界のカウフマン、なんて勉強家なんだ、と力が抜けてしまいました。そしていい声!!!(*´∀`*)ノ勉強になりました!


べーさんは逆に、1音聴いただけで満たされるというか…彼の演奏会は、とっっても、とってもイイんです。どういいのかは是非実際に、今のべーさんの声を生で聴いていただきたいんですが、とにかく、生きててよかった、って体感させてくれるのがべーさんの凄いところ。努力家で人よりも何倍も堅い壁を与えられながらも、コツコツと積み重ねている奇跡のテノール。神に最も近いんじゃなかろうか…とさえ思うくらい。キラキラーふわー包み込むよーみたいな、、、自分の言葉が陳腐すぎて泣けます(T-T)

とにかく、何がいいたいかというと、
最近音楽の神に近い人たちに触れあえて幸せ!ってことです!
ではまた(*^^*)

信時潔 歌曲集《沙羅》プログラムノート

February 23 [Mon], 2015, 21:03
今度の博士リサイタルでは、日本歌曲も歌います
信時潔の沙羅全八曲です

丹澤
あずまやの
北秋の
沙羅

行々子
占ふと


「北秋の」と「行々子」は高校生のコンクールや受験生にお馴染みの曲ですよね!
しかし意外なことに、他の曲はそんなに歌われる機会がないらしく、全曲演奏は滅多にないことらしいです(なんだか今回はそんな歌ばっかり集まっちゃったみたい…)

信時潔は、芸大の出身で山田耕筰と同年代の作曲家です。テイストは真逆に近いくらいですが。派手好きでスキャンダラスな山田に比べて、信時は真面目で実直な努力家。ドイツ音楽を研究し日本における芸術歌曲を作ろうと尽力した人です。
山田も同じ志を持っていたけれど、根本的なところの違いが全く違う二つの巨匠の流れを作り出した、というイメージでしょうか。

そんな信時潔の歌曲集《沙羅》の詩人は国文学者、清水重道。信時と同時期に芸大に勤めていました。
清水については資料がなく、原詩も残っていないそうです。芸大にいる身として何か出来ないかと、先生にお願いして歴代教職員名簿で探していただきましたが、清水の名前を見つけることは出来ませんでした。なんとか彼がここにいた痕跡を見つけたかったのですが、、、。
ただ、詩はジャンルも形態も多岐にわたっており、それだけでこの詩人の教養の広さが伺えます。
現代人にはすぐにわからない表現も多くあり、その部分は日本文学の杉本先生に助けていただきました。二曲目のあずまやの、は特に、主人公が女か男かでつまづきましたからね、、、素養がなさすぎる自分にガッカリです(>_<)




あずまやの

あずまやの
まやのあまりに
立ちぬれて
殿の戸あけと
云いし人もが

五月雨を
わが訪ひくれど
門さして
君はゐまさず
憎くや
この君




この曲に近づくために、催馬楽の「東屋」にかかっていること、初演なさった木下保先生のアドバイス(浄瑠璃風というキーワード)を目印にしました。
浄瑠璃を理解するため、大学の邦楽科の先生、浄瑠璃の常磐津文字兵衛先生の元へ行き、浄瑠璃を体験、曲へのご助言をいただきました。

他にも、鴉は楽譜に「狂言唄風に」というヒントがあったので、また邦楽科に伺い、週に一度いらしている野村萬斎先生にご助言いただきました。

今回は本当に色んな先生方のお力をお借りしつつ歌曲に向き合っています。
芸大すごい、、、と改めて感じています。
知りたいことを教えてくださる環境がある。有り難いことです。
(今回の演奏する曲目のために、日本歌曲だけで三人の先生方のお力をお借りし、シェーンベルクで三人、永井先生に森先生に、ショスタコーヴィチは、、あぁ、数えられない…!)
ありがたいです、、、。頑張って良い演奏をしなくては!

今日はある大学の図書館に行き、沙羅の直筆譜、妻の手書きの浄書譜などを見てきました。
沙羅は原詩が見つかっていないので、直筆と浄書、出版譜で歌詞が違ったりしてもどれが正解かわからないんですよね。
でも、今回、妻の丁寧に浄書された譜を見て、心がほっこりすると同時に、色んなものが実感とし見えてくるのではないかと期待してます。
浄書譜に添えられた達筆の手書きの詩を、当日はプログラムノートに歌詞カードとして載せたいと思います(*^^*)是非当日はその文字の温かさを見てほっこりしてくださいね!


ご無沙汰しております

February 23 [Mon], 2015, 2:12
久しぶりの投稿になってしまいました。
まだまだ寒い日が続きますね。上野公園では寒桜が一本だけ、見事に咲いていました。明日の雨で落ちてしまわないといいのですけれど、、、。

更新の期間が空いてしまった間、小野は地味に、本当に地味〜に勉強をずっと続けておりました。
歌を辞めてしまったのかと思ったとご心配くだすった方もいらして、小野なんかを気にかけてくださるなんてなんて有り難いんだと反省しつつうれしかったです。

更新が途絶えた間にはいくつかの演奏会もあり、私もついに博士過程の3年目が終わろうとしています。はやい…早すぎますね、人生って。

その間、芸大の同声会記念演奏会に出させていただいたり、尊敬する臼木あい先輩の博士学位審査会にソロでお手伝いさせていただいたり、
奏楽堂日本歌曲コンクールで二位を頂戴し、木下記念銀メダルと木下保先生のCDを副賞でいただきました。

本当に素晴らしい名誉あるコンクールで私を選んでいただけたことに感謝と、その重みを噛みしめていきていこうと思います。
日本歌曲の美しさをずっと歌い続けていけるような人間になれるよう、これからも道を極めていきたいです。

********************

あと、この二年で私にとって大きな出来事がありました。
アリベルト・ライマン氏との出会いです。
フィシャー=ディースカウと長年コンビを組んでいた現代作曲家、ピアニストで、彼の作品「リア王」を日本で上演する際に芸大の先生方が氏を招いて公開レッスンを開催してくださったのです。

その際、私もschoenberg Op.6-4 verlassen(シェーンベルク <忘れられた>を歌いました。
その公開レッスンがすごかった…………

私はその時あまりにも無知だったのですが、その歌曲集はディースカウと氏が愛した曲集だったのです。氏の感性溢れる曲へのアプローチにただただ驚き、新鮮さに喜び、氏の指導から紡ぎ出される刺激的なその音色に完全に心をもっていかれました。家に帰ってから何度も何度も思いだし、頭に残ったその音色の美しさに陶酔しました。その時の衝撃は今でも鮮明に覚えています。これこそシェーンベルク!これこそ世界だ!と思ったのを覚えています。

、、、これこそ世界だ!と書くと、日本を駄目だと言ってるみたいなのですが、日本と世界、の世界でなく、「これこそ、この色彩感覚こそ、私が求めていたものだ、今まで知らなかった新しいものだ!」という意味の、世界です、、、日本語ムツカシイ…


とにかく、氏との出会いは私の音楽人生にとって間違いなく、これから先も道しるべとして心に残しておきたい出会いとなりました。
出来るならばまたお会いしたいです。いつか、叶いますように。

天才的な色彩感覚とバランス感覚をお持ちの巨匠でした。

そんな歌曲を、今度歌います。
またその話の続きは次回にでも、、、。


オペラのご案内

September 11 [Wed], 2013, 21:11

久々の更新となってしまいました、季節はすっかり秋・・・一年で一番好きな季節がやってきました
ごはんもおいしい、空気も涼しい、空も高くて歌を歌いたくなります♪

今日は、芸大の北千住校舎にて、「ドイツの詩と音楽」のレクチャーコンサートに出演してきました。
私はほぼ民謡を歌ったのですが、横山先生が大道具をたくさん準備してくださって、使いたい放題で、とても楽しい公演でした♪
衣装は自前で、最初先生からの指定は「ドイツの民族衣装、ディアンドルのようなものを」ということだったのですが、
私はこの前の旅行で購入したロシアの民族衣装をディアンドル風にアレンジしたものを着ました

「赤いサラファン」って、ご存じですか??
サラファンとは、ロシアの女性の民族衣装で、チロリアンテープのような模様で縁取られたジャンパースカートのようなものです。赤いサラファンを着れる女性は限られていて、未婚の乙女、限定なんです

この赤いサラファンが、この夏、初めてロシアに旅行に行った際に何が何でも購入したいものでした。
ディアンドルとは似ても似つかぬものですが、ブラウスをもっと簡素なものにして、白いエプロンでチロリアンテープの部分を隠すと、あら不思議、なんだかとってもディアンドル風・・・

早速役に立ってよかったです
本当は今日の衣装の写真を載せたいくらい、気に入ってしまったんですが・・・・


実は、来月出演するオペラに使用することが決まったので、今回は自粛しますって、そんなに気にならないよ!って思われる方が大半でしょうが

お知らせをさせてください!
    


・・・・・・・・・・・・・・

●オペラ《ロシア皇帝と船大工》(アルベルト・ロルツィング作曲)

2013年10月12日(土)
18時開場
18:30開演
カメリアホール(亀戸文化センター3階)JR総武線、東武線亀戸駅徒歩五分

全席自由¥3000(on_ayk@yahoo.co.jpからご連絡いただいたお客様は割引させていただきます)
歌唱:ドイツ語
台詞:日本語

指揮 中橋健太郎左衛門
ピアノ 三浦愛子
演出 Felicia

ペーター・ミヒャエロフ 平尾弘之
ペーター・イワノフ 山口太弦
マリー 小野綾香
ヴァン・ベット 相原嵩
シャトーヌフ侯爵 前川健生
シンダム卿 池上誓一
ルフォール将軍 渡邉尚文
ブローヴェ夫人 矢崎恭子
合唱 合唱団Felicia

歌唱はドイツ語(字幕付)、セリフは日本語で上演します。
若手歌手をキャスティングした団体で、今回、私は柄にもなくヒロイン役で出演します(汗)

稽古も佳境に入ろうかというところで、毎回試行錯誤しながらもがいています。もしご興味ありましたら、割引させていただきますので奮闘している姿を見ていただけたら嬉しいです
以下に詳細を載せます。

「オランダ、ザーンダム市の造船所にはロシア人の船大工“ペーター”が二人。片方は脱走兵、もう片方は何とロシア皇帝!?お忍び中の皇帝を探しに各国の大使もやってきて…さて、どっちがどっち?」
*ロシア皇帝(ペーター、ロシア読みだと、ピョートル大帝)が若い頃に世界中をお忍びで視察していたという史実を基にした喜劇です。 


ぜひぜひ、ディアンドル風サラファンを見にいらしていただけましたら幸いです(笑)


小野綾香

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:小野綾香
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:12月24日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・温泉
    ・グルメ
    ・旅行
読者になる
はじめまして。小野綾香です。
愛知県生まれ。
3歳よりピアノを始め、桐朋女子中、高校を卒業、東京藝術大学声楽科、研究科修士課程を経て、現在博士後期課程に在籍。 第50回奏楽堂日本歌曲コンクール第二位、木下銀メダル受賞。 2015年 三菱地所賞受賞。
これまでに小泉惠子、永井和子の各氏に師事。メゾソプラノ。
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像長島 博隆
» 学位審査会 (2017年02月12日)
アイコン画像小野綾香
» 最近! (2015年08月17日)
アイコン画像たか
» 最近! (2015年06月14日)
アイコン画像小野綾香
» 博士リサイタル終演しました (2013年04月03日)
アイコン画像たか
» 博士リサイタル終演しました (2013年04月03日)
アイコン画像たか
» 博士リサイタル終演しました (2013年04月03日)
Yapme!一覧
読者になる