鳴かぬなら…☆平成ホトトギス論

January 14 [Wed], 2009, 5:15
戦国武将3人の性格をわかりやすく表現したものとして、
とても有名なフレーズ、

 「鳴かぬなら 〜 ホトトギス」
 
今さら言うまでもなく、ご存知の方がほとんどだと思いますが、


「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」 … 織田信長

「鳴かぬなら 鳴かせてみせよう ホトトギス」 … 豊臣秀吉

「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」 … 徳川家康


皆さんは、どの武将と性格が近いですか?
(私は、強いて言えば、豊臣秀吉です。)


私が塾生&事務局代表として、月2回勉強している
「天籟(てんらい)塾」 http://tenrai.shichihuku.com/
の塾長のお話によると。。。

平成の今の世では、上の3人の武将の考え方は、どれもベストとは
言えないのだそうです。

塾長の名言は。。。

「鳴かぬなら 鳴くホトトギス 探せばいい」

とてもシンプルで、新しい発想でしょ?

要するに、目の前にいる「鳴かないホトトギス」を、あの手この手で
どうこうしようと考えるのではなく、そんなホトトギスのことは
放っておいて、この世にたくさん居るであろう「鳴くホトトギス」を、
サッサと探しに出かけましょうというわけです。
人生そんなに長くないということです。

テスト問題でも、できない問題を飛ばして先に進むかどうかで
性格が出ますよね。。。

社会人の日常には、テストの機会はあんまり無いと思いますが、
「鳴かないホトトギス」的なヒト・モノ・コトに構いすぎて、
大切な時間を浪費していないか?
時々、自分に問いかけてみた方が良いかもしれませんね。

そして、平成の世の中では、鳴かないからと言って殺されはしない
でしょうが、鳴くまで待ってくれるような気の長い人は、あまり
居ないと思っておいた方が良さそうです

この考え方で生きていく人が多くなればなるほど、鳴けなくなったら、
即メンバーチェンジされてしまうということ


私は、大切だと思っている人(あるいは所属組織など)において、

 「側近でいられなくなるくらいなら アナタのもとを去ります」

という考え方なので、絶対にメンバーチェンジされたくないと
思っている繋がりに対しては、かなりマメな方だと思います。
(忙しさの大きな要因のひとつが、ここにあります


そして、私にとっての「鳴くホトトギス」とは。。。

 男前&女前な人達

何か違うと感じたら、容赦なくメンバーチェンジを徹底しています
(もちろん、多少の猶予期間はありますが…。)


目の前の相手が「鳴くホトトギス」かどうかを見極めると同時に
自分も常に「鳴くホトトギス」であるかどうかを、まめにチェック
&メンテナンスをしておかないと…


P.S. 

そういえば、先日の「コトトレ」でチャレンジしたワーク
「名言の書き換え」って、まさにこういうことなんですね。。。
時間差攻撃で、今頃になってようやく、深く腑に落ちました

「探せばいい」の部分の表現は、「探しましょう」「探すだけ」
「連れて来い」など、自分が一番しっくりくると感じる表現に
アレンジしてもらえば良いかと思います。

No.1☆チャーリーでチョコレート工場

January 14 [Wed], 2009, 5:05
萩之庄にある高槻店と、大畑町にある摂津富田店との間を、
ここ最近は自転車で移動しています

高槻は、まっきぃーこと槇原敬之の出身地
1993年の大ヒット曲「No.1」の歌詞に出てくる、

「チョコレート工場のにおいがする」

街というのは、高槻のことなんです


な〜んて、エラそうに言ってますが、デビュー直後からのファンで、
ファンクラブ歴も長いくせに、最近まで詳しくは知らなかった私

昨年末に、そう言えば…と、ふと「No.1」の歌詞のことを思い出して、
きっとここに違いない!と気づいたばかりなんです
(結構有名な話らしいのに、気づくの遅すぎ。。。)

そのチョコレート工場とは、171号線沿いにある、明治製菓の
大阪工場のこと。
 ↓ ↓
http://www.meiji.co.jp/corp/group/ja_office/osaka.html


先日も自転車で前を通ったんですが、まさにチョコレートの
濃厚な香りが漂っていて、歌の世界をリアルに体感できました。

きっと、来月のバレンタイン・デーに向けて、いつも以上に
増産体制に入ってるんじゃないかなぁ?



No.1  詞・曲 槇原敬之(1993年)

http://mora.jp/package/80312087/085365716926/


  お互いのことを もう探るのはやめよう
  もうわかっている
  君は僕が好きで 僕は君が好き

  幸せにすると いつでも思ってはいるけど
  どんな風にすればいいか
  この僕にもわからない そんなもの

  二人で歩いてみよう
  一人ぼっちだった自分を
  お互いに忘れずにいれば きっと平気

  今までで一番ステキな恋をしようよ
  もうこんな僕でいいかななんて思わない
  世界で一番ステキな恋をしようよ
  とりあえずそれが 僕らの目標

       ***

  子供の頃の写真を 君に見せたとき
  あたりまえだけど
  自分が居ないからくやしいと言ったね

  夕暮れ僕の街には
  チョコレート工場のにおいがする
  いつかおいで
  あの河原に自転車で連れて行くよ

  君は気付いていない
  しゃべりかた少しずつだけど
  僕に似てる もっともっと変えてしまいたい

  君を笑わせたい 力ずくでも笑わせたい
  そして年をとり いつかしわくちゃになったら
  そのわけは僕のせいだと言わせたいんだ
  君の微笑みは みんなを幸せにする

       ***  

  今までで一番ステキな恋をしようよ
  もうこんな僕でいいかななんて思わない
  世界で一番ステキな恋をしようよ
  とりあえずそれが 僕らの目標
  
  君の微笑みは みんなを幸せにする



そうそう、No.1と言えば。。。
うちの店(高槻店)で販売している、天然石&シルバーアクセサリーは、

 “関西で一番いい男” がプロデュースしてます

うちの店の採用基準は、

  男前&女前であること

だと、これまでからホントにしつこいくらいに言い続けてますが、
決して私の主観ではないという証明に、メディアも認めた文句なしの、
筋金入りの男前だという“証拠品”を、店頭に置き始めました

その証拠品とは。。。

  Hanako WEST(2006年5月号・マガジンハウス)

かの有名な雑誌の、毎年恒例の人気特集記事、「関西いい男50」
のコーナーに、スポーツ選手やアナウンサー、人気お笑い芸人などを
差し置いて、堂々のNo.1として掲載された実績を持つ、男前なのです



確かな品質と良心的な価格はもちろん、プロデュースしてる人も
超一流です

日曜日の午後は、ほぼ毎週、店頭に立ってもらってますので、
関西No.1に一目会いたいという方は、ぜひ日曜の午後を狙って
お越し下さいね

回顧録 081216 「初☆ATC」

December 19 [Fri], 2008, 22:42
ETCの間違いじゃアリマセン
(車の免許は持ってないので…。)

大阪・南港のATCに、初めて行ってきました
いちばんの目的は、セミナー受講。
もうひとつの目的は、市場調査(某アクセサリー店)

それにしても、めっちゃ遠かった…
私の感覚では、もはや大阪じゃなくて和歌山って感じですね

ニュートラムに乗ることだけしかわかってなかったので、
ただでさえ、お茶のお稽古が延長で、時間が押してたところ、

 JR 京都→大阪

 御堂筋線 梅田→大国町
 
 四つ橋線 大国町→住之江公園

 ニュートラム 住之江公園→トレードセンター前

という、遠回りな行き方をしてしまって、
肝心のセミナーには、30分も遅刻

ま、結果的には期待したほどの内容じゃなかったので、
別に良かったんですけどね。
(資料は棒読み、私の質問には終始たじたじ&ピント外れな回答

セミナー後は、市場調査してサッサと帰るつもりが。。。
移動中に思いがけず見つけた、可愛い“商材”に目を奪われ、
商品を山盛り抱えながら、突然の仕入れタイム
※さっそく、店に並べます

市場調査のターゲットの店では、最初は“客のフリ”して
陳列をよ〜く観察するだけの任務だったはずが。。。
“フリ”じゃなく、いつの間にか普通に客になってる私

ライバル店のサンプルという大義名分で、あれこれ欲しいものを
買い込んじゃいました
(夢中になりすぎて領収書もらい忘れたので、経費にできない…

でも、商品の陳列だけじゃなくて、店員の接客レベルや商品知識、
包装など、いろんなことが観察できたので、収穫大でした

ATC自体、物珍しいからそう思っただけかもですが、
夕方から夜にかけては、景色がキレイな場所ですね〜
仕事じゃなく、プライベートで来たいと思わされる雰囲気でした(笑)

そういえば、今週はひそかにプライベート充実週間にするぞ
と企んでたはずが、相変わらず次々に仕事が増えて、全然です

12/25・30の横浜ライブまでは、プライベートはお預けかな
(幸い、どっちも相当イイ席をGETしてます

回顧録 081214 「コトトレ発、Laksmi 社歌!?」

December 19 [Fri], 2008, 22:35
月1回、コピーライター出身のコトバ家・吉井春樹さん主宰の
コトバ磨きの塾「コトトレ。」で学んでいる私

第4回目の昨日にチャレンジした、たくさんのワークの中で
いちばん楽しくて、出来あがりにもかなり満足できたのが、


アンパンマンマーチの一部分の歌詞を作詞する


というもの


サビの部分以外のメロディを知らなくて、最初はイメージが
しづらかったんですけど、テキストで 1番・2番の歌詞を眺めながら、
少しずつ書きやすい箇所から埋めていくと、いつの間にか自分の会社
のコンセプトがそのまま使えるような気がしてきて。。。

字数が決まっているので、多少の調整はしたものの、
なかなかいい感じの歌詞ができました


  一度きりの人生 なにをして輝く

  言い訳ばかり 並べる

  そんなのは いやだ!


  涙の雨 越えて

  心に虹 架ける


  だから君は 咲くんだ

  蓮のよ(う)に


私のことをよくご存知の方なら、ある程度わかると思うんですが、

 2006年2月に「虹色の香風」として起業して、

 2007年1月に父を亡くし、

 吉井春樹さんの文章に感動し、勇気をもらって再スタートを切り、

 2008年10月に、「有限会社 Laksmi」として法人化


という流れがあって、


 涙の雨を越えて 人の心に虹を架けたい

 泥の中から たくましく 美しい華を咲かせる蓮のようになりたい


と心に強く決めたからこそ、今があるんです


そんな想いを、アンパンマンマーチに乗せてみると、
驚くほどにぴったりだったんですよ

今回は部分的な作詞でしたが、さらに他の部分もLaksmi流の
コトバに書き換えて、社歌にしてしまおうかと密かに企み中です


(参考)
  アンパンマンマーチ

  http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/anpan_man_no_march.htm

  http://j-ken.com/category/all/data/611910/

回顧録 081213 「“舌”好調オンナの溺愛スピーチ」

December 19 [Fri], 2008, 22:29
土曜日の夜、2ヶ月ぶりに観月倶楽部の定例会に参加[

初参加の方が多かった今回、基調講演後の自己紹介スピーチの時間には、
私の仕事への想い、店のコンセプト、私の溺愛ぶり(笑)などを、
わくわくしながら、熱〜く、語ってきました

先日の日記に書いた、ポストカードのメッセージに号泣された
お客様のエピソードをひと通り紹介しながら、売りたいのは
“モノ”ではなく、心地よい時間なんだってことを強調

そして、スタッフは男前&女前しか採用せず、出入り業者に至るまで、
そのポリシーを貫き通していることを、半分ネタのようにしながら
うちの店のウリとしてアピールしてきました

お蔭様で、ものすご〜く伝わってインパクトもあったみたいで、
フリータイムにはたくさんの方から共感や賞賛のお声を頂けて、
すっごく嬉しくて感激しました


うちの自慢の、男前&女前に ぜひ会いに来てください


これだけで、必ず覚えてもらえますし、気になるらしいので…(笑)

今後もまた、いろんな交流会に参加する機会があれば、
店の宣伝は毎回このトークでOKな手応えアリです

回顧録 081213 「お客様を泣かせてしまいました。。。」

December 19 [Fri], 2008, 22:19
実は12/13に、大切なお客様を泣かしちゃいました

しかも、号泣


えっ?? 何をしでかしたのかって??

いえいえ、何も悪いことはしてないですよ〜

感動のあまり、突然、レジ前で嬉し泣きされたんですよ


行きつけの京都のリラクゼーションサロンのセラピストさんなんですけどね、
先日担当してもらった時に、私は高槻で店を始めたことなど、近況をいろいろ
話してたんです。

そのセラピストさんは近々、梅田のサロンに異動されるらしくて、連絡先を
伝えておいたんですよ それで、さっそくメールを下さって、店に遊びに
来て下さったというわけなんです

夕方、私はちょうどミーティング中だったので、途中で一度ご挨拶に
顔出して、ミーティングが終わってから改めて戻ったので、結構な
時間が経ってたんですが、本当に天然石がものすごく大好きみたいで、
いろいろ迷われながら、お気に入りのブレスレットやペンダント、
お友達へのプレゼントなどを選ばれて、何と2時間近く店で遊んで
行って下さいました

あまりにも楽しんで頂けたみたいなので、こちらも嬉しくて、
お会計の時に、何かプレゼントを。。。と思い立って、
ストラップをお渡しした後、さらに私の師匠である吉井春樹さんの
ポストカードの中から、今いちばんピッタリだと思うメッセージの
ものを選んでお渡ししたんです

すると、読みながらすごく感動して、ウルウルされて。。。

まさかの号泣

びっくりしたスタッフが慌ててティッシュの箱を出してきてくれて、
私もスタッフももらい泣きしそうになりながら、そのポストカードも
しっかりお包みして、私は何とか言葉を探しながらお声かけして、
もう一度お手渡ししました

お客様に癒しや励まし、元気、勇気などをお伝えしたい
という、私の強いこだわりで飾っているポストカードなんですが、
これほどまでにパワーがあったとは。。。

師匠、あなたの生み出すコトバは、本当にすごいです
素敵すぎます

あ、どんなメッセージが書いてあったか、気になりますよね


  大切なひとを、

  大切にしてください。

  でも、その前に

  あなたがあなたを、
 
  大切にしてください。



どうですか??
その時の心境にもよると思いますが、かなりグッとくるでしょ??

特に、セラピストみたいに、疲れた人を癒す仕事をしているとね、
自分のことがついつい後回しになってしまうことが、ホントに
よくあることなんですよ…
(一応、私もセラピストの端くれなので…。)

まして、異動が決まって、きっと普段以上にいろいろとお疲れが
溜まってて、だいぶしんどいんじゃないかなぁと思ったので、
私からのメッセージを、師匠に“代弁”してもらいました


師匠・吉井さんご本人のご協力もあって、これらのポストカードは
近々販売を予定しています
ものすごく人気が高い商品なので、早くから発注してたんですが、
もうしばらく入荷待ちなんです

大切な人へのギフトに添えて、あるいは頑張ってる自分自身への
ギフトとして、ぜひご活用頂けたら嬉しいです

テーマは、

Gift to Love

です

回顧録 081207 「悪いけど私、男前としか。。。」

December 19 [Fri], 2008, 22:09
12月7日は、父の三回忌法要でした

本当の命日は、1月3日なんですけど、新年早々に法事を
するわけにもいかないので、どうしても年末の慌ただしい
時期になってしまうんです

法事に間に合うギリギリの時間まで店に居て、
ホントに帰って着替えただけって感じなんですが、
無事に終えることができて、ホッとしました


それにしても私、父のDNAの影響が年々色濃く出てきてて、
苦笑することばかりです

まず、店を始めて以来、私の口癖のようになっている、


 「私、男前としか仕事しないんです」(← 中身も外見も)


これ、父親譲りの考え方です(笑)
父は、事務スタッフを採用する時には、

「美人かどうか」

が第一基準だったんです
もちろん、マナーとか全部含めての話なんですが、
昔、面接に来た人に、採用ならコーヒーを、不採用ならお茶を
出すように厳しく言われてました

基準がわかりやすいので、たいていは判断を間違えることなく、
父の思っている通りの方を運ぶんですが、たまにごく標準的な方が
来られたときに、どちらを出していいかわからずに困ってると、
父の方から「お茶持ってきて!」と声がかかることが多かったですね

この時点で、母と私には、この方が不採用だとわかるわけです
まことにご愁傷様。。。って感じですが…。

父がなぜ、そこまでうるさかったかと言うと、もう20年以上も
前のことなので、ふた昔も前の話なんですが、取引先に書類を
届ける“お遣い”を頼んだ時に、

「お宅の事務員さんは、誰が来てもいつも美人やね」

と言われたいから! だったそうです(笑)


当時の私は、父のド厚かましいこだわりだと思ってましたが、
今はその気持ちがすっごくわかります

だってね、店に出入りする機会が多い人は、
そりゃぁ、男前&女前がいいに決まってるじゃないですか
お客様からの印象だって、絶対にいいはずですからね

えっ??
単に私が喜んでるだけって??

ええ、もちろん、私自身も楽しんでますよ〜

何せ、人を見たら、男女問わず、必ず“座標軸”のどこかに
振り分けてしまう人間ですから…(笑)
 ↑ ↑
右上エリアでがっちり固めようとしてます


あ、これね、周りから何と言われようと一切気にせずに、
とことんド厚かましく言い続けてると、不思議なくらいに
本当に男前&女前な人しか寄ってこなくなるんですよ

忘れられない記念日

December 02 [Tue], 2008, 3:30
早いもので、11/30(日)は、mea☆anuenue 高槻店 の
開店1ヶ月記念日でした

事前告知ではなく、“でした”という表現になったのは、
実は、当日の夕方近くまで、当の本人も忘れてたからなんです(笑)

“毎日が記念日”級の楽しさなので、こんなに大切な記念日を
当日まで忘れてしまってました 何とも不覚です。。。

でもでも、この日は、想像を絶するほどに、
ホントに嬉しいことがいっぱいありすぎて、
忘れられない記念日になりました

日曜日と、月2回のお客様感謝デー(20日・30日)が重なって、
お蔭様で、終日オープニング・セールの時を上回るくらいの、
ホントにたくさんのお客様で賑わってたんです

そして、ついに売上新記録を達成しました〜
これまでどうしても超えられなかった1つの壁を、開店1ヶ月目にして
ようやく超えることができました
(といっても、本当の目標にはまだまだなんですが。。。)

実は日曜日の朝、晴明神社にお参りしてきたんです
11月は、求人で大変な思いをしたり、あやしいオンナに
店の前をウロつかれたり…と、いろいろありましたが、
他に気になっていることもありまして。。。

単なる厄除けなら、他にも有名な寺社があると思うんですが、
私のラッキーナンバーは5で、ラッキーアイテムは星だと、
今年の夏に、数秘術の占い師さんから聞いていたので、
これはもう、五芒星の晴明神社しかないと思って、
店を代表して行ってきました。
(日の浅い新人スタッフに、朝の店番を任せて。。。)

お参りはもちろん、自分用とスタッフ用のお守り、
店に貼る御札など、いっぱい買い込んできました
さっそく効果テキメンで良かったです

ま、“終わりよければ全て良し”ということで


そして、順調に伸びていく売上に気を良くして、遅〜いランチ
をしてた夕方、スタッフから携帯に電話が
何事かと思ったら、何と

月1回のコトトレの師匠で、コトバ家の吉井春樹さんご本人が、
店に遊びに来て下さったんです
ランチもそこそこに、急いで店に戻りました

開店以来、私の強いこだわりで、吉井さんのフォトカードを
店の至るところに飾ってるんですが、その作者であるご本人が、
一塾生である私のために、超多忙な中わざわざご来店頂けるなんて、
めっちゃ感激です

あまりに嬉しすぎて、スタッフが接客の終わるのを待って、
私の“プチ自慢”として、紹介しまくってしまいました

やっぱりね、私を訪ねて来て下さる男性は、みんな男前ばっかり
なんですよ〜

今週12/6(土)から始まるクリスマスセールでは、ギフト商品に
添えるメッセージカードとして、吉井さんのフォトカードを
特別価格にて販売いたします

そして。。。
吉井さんのご厚意で、近日中に著書も多数届けて頂ける予定です


何しに来たのか わからなくなるくらい 居心地のいい店

いつの間にか 癒されて、励まされて、元気になれる店


にしたいという、私の強くて熱〜い想いは、
吉井さんの作品があってこそ、ぐっと伝わるんですよ


この日の嬉しいサプライズには、まだまだ続きがありました。

20時30分頃に、ご主人へのプレゼント(セカンドバッグ)を買いに
ご来店下さった女性のお客様から、最高に嬉しい褒め言葉を
頂いちゃいました

そのお客様に、プレゼント用のラッピングを終えたバッグを
お渡しすると、店内奥の棚をご覧になりながら、

「ここに飾ってあるメッセージカードは、店長さんのご趣味ですか?」

と訊かれたんです。

私はもちろん、待ってましたとばかりに、なぜたくさん飾っているのか
という熱〜い想いを語りました

ご来店頂いたお客様すべてとお話できるわけではないけれど、
直接の接客がないままお帰りになったお客様にも、このカードの
メッセージを読んで、癒しや励まし、元気、勇気を届けられたら…
という私の想いに、すっごく共感して頂けたみたいです

私と感性や趣味が似ているらしく、レジ前のテーブルに置いている
癒し系の本も、同じものをお家にたくさん持っておられるそうで、
店と私の両方にとても共感して頂けました

ご主人も癒し系のメッセージが大好きだそうで、

「今度は絶対、主人も一緒に連れてくるから、またいろいろ
見せてもらえるのを楽しみにしてます。」

と言って、とても嬉しそうにお帰りになりました

ここまでストレートに、こんなにもハッキリと共感を伝えて
頂けたのは初めてだったので、もう嬉しくて嬉しくて…

ということは、口に出してはおっしゃらなくても、私の想いや
店のコンセプトに共感して下さってるお客様や、無意識のうちに
心地よさを感じて下さっているお客様は、きっと他にもたくさん
いらっしゃるはずだと、またまた都合よく、おめでたい解釈を
しちゃいました


うちの店 mea☆anuenue は、とことん安いものだとか、
高級ブランドだとか、そういうものを見つけることにしか興味が
無い人にとっては、価値が伝わらない店だと思っています。


「“モノ”は、ついでに売ってるんです」

って言ったら、この前来て下さった、マジシャンのYさんからは、

「松下幸之助と同じこと言ってますね」

って言われました
恐れ多くてビックリですが、でもめっちゃ光栄で嬉しかったです


松下幸之助さんの足元にも及びませんが、私も経営者の端くれとして、
お客様に、“楽しく心地よい時間を過ごして頂くこと”こそが、
かけがえの無い人生の宝物だと思っています

そして、もし、うちの店で目にした、手にした、新たな宝物が
あったとすれば、それを可愛い相棒として、思い出の品として、
おみやげとして、あるいは大切な方への贈り物として、
記念にお持ち帰り頂けたら…

こんなに嬉しいことはありません


これからも、店名に込めた想いと、社名に込めた決意を忘れずに
たくさんの笑顔と出会えるようガンバります

こんなにも嬉しい気持ちになれた私は、本当に幸せ者です
本当にありがとうございます

やさしく可愛がって☆

November 22 [Sat], 2008, 2:00
タイトルからアダルトな想像をしてしまったそこのアナタ
残念ながらそういうお話ではありません(笑)


今日の午後、母娘でご来店されたお客様のお話です。

お母様が、黒いニットのカジュアルバッグを気に入って下さって、
買おうかどうか迷っておられたんです。

最初は別のスタッフが接客してたんですが、ニット素材のバッグ
の宿命とも言える、ファスナーの開閉のコツが難しかったようで、
そこが納得いかなくてどうにかしてほしいということで、
責任者の私の出番となったんです

デザインは気に入ってるんだけど、ファスナーが引っかかって、
なかなかうまく開け閉めできないと訴えられました

私はにっこり微笑んで、肯定も否定もせず、

「お客様、ちょっと失礼致します。」

と、そのバッグをお預かりして、

「なるほど、そうですよね。私もついつい、早く開けようとして
引っ掛けてしまうんですけど、こうやって優し〜く、ちょっと
ゆっくりめに、少しずつ引っ張って頂くと、うまく開くんですよ。」

と、2回実演して見せて、

「ちょっと面倒くさいかもしれませんが、せっかく気に入って頂けた
バッグですので、やさしく可愛がってあげて下さい。」

と言って、お客様にお渡しして、同じように開閉を試して頂きました。

すると、それまではすぐに引っかかってご不満そうだったのが
まるで嘘のように、スムーズに開閉できるようになられました

娘さんからは、「なんや、お母さんが荒っぽかっただけやん!」
と言われて、二人でケラケラと笑っておられました

お母様は、もちろん、その場で

「じゃあ、これ下さい!」

と、とても嬉しそうにおっしゃって、お買い上げになりましたよ

「バッグにも、ちょっとデリケートな子がいるんですよ!
どうぞ大切にやさしく可愛がってあげて下さいね

と念押しのお声かけをして、精算・お見送りが無事終了

めでたし、めでたし

あとで、最初に接客していたスタッフから聞いたんですが、
休憩時間に1階のフードコートで、このお客さま母娘と再会したらしく、
その際、何と、先ほどお買い上げになったバッグを、お友達にも
自慢げに披露されていたそうです

きっと、これから先も、荒っぽく扱われることはないでしょう(笑)

接客の醍醐味を存分に味わえた、最高の午後のひとときでした

いまごめ日記 bS 「今どきの20代は いったい。。。」

November 22 [Sat], 2008, 0:52
mixi日記 11/18 「今どきの20代は いったい。。。」 より。



またもや、パートの面接をすっぽかされました
これで何度目(何人目)か。。。

それにしても、昨日の20歳女はひどすぎ

16日(日)の午後に応募の電話があったので、夕方にこちらから
面接日時の調整で折TELをして、17日(月)の15時に写真付の
履歴書持参で来店してもらうことになってました。

ところが、時間になっても現れず、何の連絡もないので、
スタッフからも促されて、携帯に連絡してみたんです。
すると。。。

「この電話番号からの電話はお繋ぎできません。」

というアナウンスが…

要するに、意図的に着信拒否してるってこと??

むっちゃ腹立つ〜!!!!!

面接すっぽかして、電話にも出たくなくて、着信拒否までするなら、
最初から応募してくんな!!!!!

怒りとむなしさでいっぱいになっているところに、
その求人誌の担当者が訪ねてこられ、反響などを訊かれたので、
「ちょっと聞いて下さいよ〜」とぶちまけてしまいました。

最近の若者は、安易に複数の求人に同時に応募して、
簡単にすっぽかしたり、採用が決まっても出社しなかったり
するらしく、うちの場合はまだ面接前な分、被害が少ない方だとか。

で、この話にはまだとんでもない続きがあって。。。

気を取り直して接客してると、一本の電話がかかってきて、
名前も名乗らず、いきなり

「もしもし、あのぉ、さっきぃ、電話かかってきたんですけどぉ」

と言うので、もしや??と耳を疑いながら、

「あのぉ、●●さんですか?」と尋ねると、

「あ、はい。」と、全く悪びれる様子がないんです。


 私 「今日15時から面接のお約束になってたと思うんですが、
   お時間になってもお見えにならなかったのでお電話させて
   いただいたんです。何かございましたでしょうか?」

 ●● 「あぁ、ちょっと遠いんで、やめようかと思ったんで〜」

 私 (は?? 何やねん、それ。。。)
   「あ、そうですか。そういうことでしたら、せめてお時間前に
    ご連絡を頂かないと、こちらもずっと時間を空けてお待ち
    してたんですよ。」

 ●● 「あ、すいません。」

 私 「では、今回のご応募を辞退されるということでよろしい
    のでしょうか?」

 ●● 「あ、はい。」

 私 「わかりました。」

 ●● 「はぁ、すいませ〜ん」


以上、すべてノンフィクションです。

着信拒否しときながら、全く悪びれることも無く電話してきて、
来なかった理由が、遠いから???
そんなん、応募前に調べとけっちゅーねん!!

学生時代からコールセンターでの勤務経験が長く、電話対応に
人一倍うるさい私でなくても、どっぷり昭和人間な私でなくても、
ここまで言われたら、その場で倒れそうになりません???

どんだけ売り手市場なんか知らんけど、社会人としての
最低限のマナーも守れへんなんて。。。

20代の若者よ、しっかりせんかい!!!
ただでさえ体がひとつじゃ足りんと思ってる私やのに、
こんなことでは、

「若者を鍛えちゃる!!!」

というプロジェクトを、また私のライフワークに加えてしまいそうに
なるやんか

人は宝だけど、宝探しはものすごくものすごく難しい

こうなったら、直接、私が街中にスカウトに出かけようかな。。。

いい“人財”にお心当たりのある方、こっそり教えてください
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aya
読者になる
五感ヒーリング・コーディネーター
2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像みとすけママ
» No.1☆チャーリーでチョコレート工場 (2009年01月16日)
アイコン画像あや@虹色の香風
» 夏のわすれもの (2008年09月06日)
アイコン画像aroma&color@yumiko
» 夏のわすれもの (2008年09月04日)
アイコン画像あや@虹色の香風
» 空に咲く宝石 (2008年08月20日)
アイコン画像aroma&color@yumiko
» 空に咲く宝石 (2008年08月19日)
アイコン画像あや@虹色の香風
» なりゆきで宵山へ。。。 (2008年07月18日)
アイコン画像にゃみ@関西
» なりゆきで宵山へ。。。 (2008年07月17日)
アイコン画像あや@虹色の香風
» 無礼な写真愛好家に物申す (2008年07月12日)
アイコン画像にゃみ@関西
» 無礼な写真愛好家に物申す (2008年07月12日)
アイコン画像あや@虹色の香風
» ご褒美DAY (2008年07月07日)
メルマガ登録・解除
天籟塾 TENRAI-JUKU
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE