看護実習生の必見情報

January 08 [Wed], 2014, 16:51
こういった構成を理解していることによって、アセスメントの本質についてもまた理解が深まることになるのです。
看護学生が看護実習、それも基礎実習を終えて臨床実習の段階へ進むと、実習記録を仕上げることも大変な作業になります。
何といっても実習記録が嫌われている理由は、書くことにかなりの時間を要するためです。
実習を重ねていくうちに記載する必要のない情報も出てきますが、簡潔に伝える記録として、情報の取捨選択を行わなければなりません。 
その中では当然ですが、医療にかかわる守秘義務といったものも発生します。
看護実習生のための実習記録のルールは授業から生まれる?
そのようなときには、いま一度勉強したことを振り返り、アセスメントの理解を自分のものにすることが、看護実習生のための実習記録のルールです。
そして健康状態や生活状態を良いものとするためのプランを作成し、実習記録にプランとして記載します。
ここが危険なところであり、実習記録に手間取っていると睡眠不足に陥り、実習中の集中力が落ちてしまいます。
看護実習生のための実習記録のルール覚書
看護実習生のための実習記録のルールまとめ
看護実習生のための実習記録のルール教本
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:axfqgtgf
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/axfqgtgf/index1_0.rdf