新種のオーディオ 買取がいかに私の生活をよくしたか

March 10 [Thu], 2011, 13:21
車両側に刺さってた7年使用の日本エミール製ウルトラヒューズ20A三枚をHaflerのアンプ三枚に付けたところ…
???
変わってない?
やっぱクライオ抜け?
まだオイラがチェックしただけなんで、駄目だったとはまだ言い難いのですが、数人に実験に立ち会ってもらい検証しようかと思います
どうだかなぁバッド↓
どんなもんだか調べてみます!
今回は、SQI社のEXC-SP490SQT(税別¥2500−/m)を5m購入。
スーパーオートバックス伊勢の第二駐車場にて、即時換装作業開始。(爆
ついでに、オリジナル企画商品のUSBケーブル+i−pod用ドックケーブルも換装しました。
で、全ての換装作業終了後試聴開始。・・・・
弦の音が、膨らむ?(といかにじむ?)感じが消えて、ドラムもはっきりしてきたようです。
エージングが進めば・・・(^^;
そもそも、そのクライオとアンプの組み合わせで変化があるのかと言うのが問題ですね。
今、新品を買って試してみては??
何でも質問コーナーに書いた通り、7年前に最初のHaflerに20A一個と5Aを4個を入れたときの良い方向への劇的な変化は鳥肌もんでしたが
だから相性と言う問題ではないですね(汗)
そもそも今回の実験は、古いクライオヒューズで新品当時に近い変化は起こり得るのか?と言うのがテーマでした
だから新品では意味がありません
で、現在の結果は7割方ボツ
※ヒューズの素材そのものの劣化という絡みも当然忘れてはならない
それで一つメーカーのクライオの持続性だけはハッキリしますね(笑)
30mmMDFの切断が終わったとの事で連絡が来ましたるんるん
曰わく、一箱あたりリブ抜きウーファー抜きで約16キロらしいたらーっ(汗)
今回は30mm厚ってことで、ジグソーでギリギリ切れるか切れないかってとこなので、切断精度を上げるべく電動工具用の作業台を導入しようかと。
30mmってこうやって見るとホントに厚いですね〜
私は15mmを2枚重ね30mmにしたので、加工自体はそれ程大変じゃなかったですが。
牛歩の歩みのAピラーカバー加工ですが・・・・
助手席側は、形になってきました・・・・・・が、自分の技量では、ビニールレザー貼りがむつかしくなりそうです。
仕上げは塗装にへんこうするか、アルカンターラとかの高級生地貼りに逝くか・・・・







オーディオ 買取はココに相談!
参考→オーディオ 買取 査定
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ax34ce34
読者になる
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ax34ce34/index1_0.rdf