椎名で熊木

October 18 [Tue], 2016, 18:08
"フジテレビ系番組の『テラスハウス』
もともとは、AKB48の北原里英ちゃんが出るという事で見ていたのですが、テラスハウスを彼女が卒業をしたあとも何となくダラダラと見続けて、気付けばもうすぐ最終回。
全くの一般人がこうも有名になっていくのかぁ…なんて思いながら見ていました。

一般人が普通に仕事をしながら共同生活をしているのかと思いきや、一般職じゃない人もだんだん増えてきて、『テラスハウス』に出ていた◯◯、というような感じでほかのテレビにも出演が増えていくテラスハウスメンバー。

最初はどこか冷めた感覚で見ていたけれど、見ているとそこで起こる人間関係の変わりようが面白く、『この人のこの感じは好き。』だの、『これはあり得ないわぁ…。』だのテレビを見ながら口を出すくらいにはまってしまっていました。

もともと、昼ドラなどのゴチャゴチャとした人間関係が好きな私。
住人同士の友情関係や、恋愛関係が絡まっていくほど面白いと感じてしまいます。

昔あった同じフジテレビ系列の『あいのり』がどハマりだった世代なもので、どこか懐かしく感じながら見ていた部分もありました。

『あいのり』の場合はほぼ恋愛がメインでしたが、『テラスハウス』は将来の事を考えたり、夢を追って…というような人が多かったような気がします。

夢が叶っていったりするのは、見ていてとても感動するし、すごいなぁ…なんて思うのだけど、やはり大変なのは知名度ではないでしょうか?

中途半端な知名度というか、最初の頃にいたAKB48の北原里英ちゃんのようにある程度名の知れた有名人ならまだしも、最初は一般人、テレビに出続ける事により、その存在は一般人と有名人の間というような感じになったのでは、と思ってしまいます。

その存在になってしまうと、ただの一般人としての生活は出来なくなるし、有名人として生活をするにはまだまだ何も足りなくて…。
その生活を考えると、彼ら、彼女らはとても生きにくい環境に置かれてしまったのではないか、と思ってしまいます。
それでも、その道を選んだのはその人たち自身。
誰かが強制したわけでもないのですから、それは受け入れざるを得ないのでしょう。

今はインターネットで手元からどこにでも発信できる時代。
その存在はすぐさま露わになってしまい、プライバシーは無いに等しいでしょう。

最近、一部ではやらせなどとも言われていましたが、そこは敢えて追求せず、一つのエンターテイメントとして最終回まで見続けたいと思います。

願わくば、有名になりたい人は有名に、一般人は早く平穏な生活が出来ます事と…。"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミツキ
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/awvisreierhi5e/index1_0.rdf