安里が平野

January 10 [Sun], 2016, 20:41

新しい住居に越してくる際、設置の場所に、かなり気をつけたい家電が洗濯機でしょう。




洗濯機は、毎日大量に水を使う家電であり、必ず、近くに水道がある場所に置くことになるでしょう。



具体的には、浴室の近くになったりしますが、湿気の多い場所であり、それにまた、洗濯機からの排水溝から水漏れが起こると大変ですから、換気や、水漏れの対策はぜひ完璧にしておきましょう。



私が社会に出て間もない頃、学生の時からの友達と一緒に住んでいた時期がありました。当時のアパートは、どこでもペット不可で友達は猫と一緒に暮らしていたためその条件をクリアするのが大変でした。





何軒かの不動産屋にあたって、やっと条件に合う物件を見つけました。


すぐに入居でき、二人と一匹はとても幸せでした。


コートやスーツなど、普段ハンガーにかけて収納してあるような衣類を荷造りする場合は引っ越し会社から借りることができる運搬専用の衣装ケースがありますから、これによって衣服をスピーディに梱包できるようになります。衣装ケースではなくダンボールを使用した場合はたたんで詰めていくので手間がかかりますが引っ越し用の衣装ケースを利用できるとハンガーにかけてある状態で、すぐケースにどんどん移動させて梱包できます。引っ越し先に移動し終えたら衣装ケースの中身を直接クローゼットに収納していくような形になります。自分の引っ越しといえば結婚のときですが、いろいろ調べて、ヤマト運輸の単身引っ越しサービスにしたんです。



専門の業者にお願いした引っ越しなど初めての経験で、コールセンターへの電話も緊張していました。




しかし、どのスタッフの方も丁寧な対応と、確実な作業をしていただき、荷物を任せるのに全く心配はありませんでした。


次回引っ越しするときはまた状況が変わりますが、そこでもぜひお願いしたいと思います。


子供が生まれる前の事、夫婦二人暮らしをしていた時に新築のマンションを買ったので、引っ越すことにしました。


引っ越しの日、スムーズに作業は進みましたが、ずっしり大きいテーブルがあって、分解可能な筈でしたが、思ったようにいかないので、分解はやめて、形のまま運んでもらいました。





すると、不当な値段などではなかったと思いますが、追加料金を請求されてしまいました。見積もりをもらった時にでもどういう時に追加料金を払うのか、知っておきたかったです。引っ越し作業についてですが運ぶ荷物の梱包を自分で済ませてしまう人は、とても多いようなのですが、業者にもよるものの、梱包作業も業者が行なう引っ越し作業の一つとして依頼できるコースがあります。


でしたらここは自分で作業せず、業者に梱包もしてもらうのが良いようです。作業に習熟したプロに任しておけば、間違いはないでしょうし、作業中や運搬中に、破損などの被害を受けることがあっても責任は作業をした業者にあるとして弁償するケースもあるためです。これから引っ越し作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?荷造りでは手が汚れるだけでなく、使い慣れないカッター類をひんぱんに使うことで、手を切ったり、刺したりしてしまうこともよくあります。それから、大小さまざまな荷物を運ぶので荷物で手指を挟まれたり、荷物が落ちてきたりする可能性があります。


ここで注意してほしいのは、手指のサイズに合っていることと、滑り止めがついていることを意識して軍手を買わなくてはなりません。


それなら作業もしやすいですし、荷物も効率よく安全に運べますね。大きな荷物の運搬を行なう際に、どうしても気を付けたいことは、壊れやすい電化製品や、大きな家具には傷がつかないような工夫をしたいところです。



新居にマッチするよう買った新品家具などは、毛布を巻いたり、市販の緩衝材なども使用して用心深く運ぶようにしたいものです。新居にピカピカの家具、となるとワクワクしますが、運搬時に傷だらけにしてしまったら、少し気分が落ち込んでしまうかもしれません。就職や転勤、あるいは一人暮らしを始めるなどで新しい住居が決まったら、今度は是非おおまかに、片付け始めから、終わりの目途がつくまでの、予定を立てておくと良いでしょう。


一般に、準備のスタートが早すぎると今現在の生活が少し、不自由になることもあるでしょう。





ですが、遅すぎる場合はギリギリになっても引っ越し作業が終わらない、とう事態にもなり兼ねません。ですから、セオリーとしては今の生活で使用しないもの、蔵書や衣服などからパッケージしていけばうまくいくでしょう。引っ越しの時、エアコンに関しては手間とお金が掛かり勝ちです。


ただ賃貸住宅の場合、退去時に、大家さんや管理人といった立場の人にエアコンは今のまま設置して、置いて行きたい、それが可能か知りたいと聞いてみるのが良いです。





その家に次回住む人が、エアコンをすぐ使えるため、そのままにしていって良い、という答えが得られる場合もあります。


そうやってエアコンを置いていくことができればエアコンの取り外しにかかる費用を、使わなくてよくなりますから、その分、少し節約できるかもしれません。


個人の引っ越しを扱う会社の大手で、全国どこでも高い評価を得ているのがCMでもおなじみの引っ越しのサカイでしょう。支店の数は全国170社以上に及び、3500台以上の自社が保有する車によって大手らしく、充実したサービスを用意しているのです。細やかなサービスができるよう、スタッフ全員が水準以上の仕事をしているので安心して引越しを任せることができます。



家を引っ越すというのは大仕事になります。するべきことがたくさん出てきますが、まず必要性が高いのがライフラインを整えることで、中でも水道を開通させることは最重要項目の一つでしょう。





水道を使えるようにしておくタイミングは、いつ頃からがベストかというと、これは、目安としては、引っ越し日の前辺りはバタつきますので避け少し余裕を見つつ、転居当日の一週間程前の辺りに使用できるようにしておけば、それで良いと思われます。引っ越しの時は転居元・転居先の隣近所へしっかりと挨拶をしておいた方が新しい土地でうまくやっていくコツだと言えます。



挨拶をサボると関係が拗れてしまうことも珍しくないからです。いざという時の隣人トラブルを円満に解消するためにも、隣人になる相手には、可能であれば挨拶しましょう。


引っ越しの前にすることとして、全ての手続きの元になるのが転出届を提出し、受理してもらうことです。これは、今住んでいる市区町村で手続きします。役所窓口で手続きするのが一番簡単ですが、郵便で役所に送ることもできます。


また、平日昼間に役所に行くことが難しいなら、代理人が提出することも、委任状を出せば可能です。


実際の転居の2週間程度前から、転居届を出すことができる自治体がほとんどです。



個々で引っ越しのやり方は異なりますが、梱包や運搬、引っ越しにまつわるすべてを業者に任せる人も増えてきたようです。でも、少し大きめの家具や、重量のある家電が運搬される時には、業者の作業を見ておいた方が良いです。




引っ越し業者の人が、もしもそんな荷物を取り扱っている間に壊したり、傷をつけたりすると、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。ただ、傷が確実に引っ越しによってついたものだと自分でわかっておく必要があります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kotone
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/awrlia2y5dirhc/index1_0.rdf