部品の接着 

February 21 [Thu], 2008, 3:10
アクリサンデーでポリカ部品を接着。
しかし、付属の注射器は使いにくい。

とろとろとろろ( ´・ω・`)_且~~ イカガ? 

February 14 [Thu], 2008, 8:51
おはようございます。ヾ(´ω`=´ω`)ノ



昨日は家族で蒲郡に行ってきましたぁ♡まずはおひるごはんですね〜♪♪



和食 麦( ´∀`)








店の外はこんな感じ〜。きれいですよね♡中もすごくきれいでした☆







お父さんは月見膳♪いろいろついてておいしそうでした♪(* ̄ω ̄)v



さんまが大きい!!まぐろの山かけのお芋がおいしかったです〜♡



お母さんは椿♪ごはんはとろろ飯か栗ごはんか選べました☆



天ぷらを1つもらったけど、おいしかったです(*´∀`)



シナモンはミニとろろ丼御膳♪とろろ丼は海鮮かうなぎかマグロか選べます☆



シナモンは生ものがだめなのでうなぎで♪おいしかったですよぉ(=゚ω゚)ノ



海老フライはサクサクでおいしかったですww1本お母さんにあげました♡



味噌汁が写ってないけど味噌汁つきです♪



デザートは3つともついてきましたよぉ(/・ω・)/・ω・)







なめらかでうまぁ♡



デザートもおいしくてよかったぁ♪ごちそうさまでした♡



このあとはラグーナに行って買い物して帰ってきましたよ♪



充実した日で楽しかったです♡



では今日もがんばりましょう!!

平成バトン★+。 

February 06 [Wed], 2008, 8:05
  

あなたは旧Hey!Say!7の誰かと付き合ってます!
そして今日は彼の家に泊まることになりました〜

・・・ピーンポーン・・・
☆「あっ・・・待ってたよ〜」ずっと待ってたらしい 高木
☆「ん?ん〜入って・・・」眠そう・・・ 有岡
☆「あっ!おいで〜」あなたの手を引っ張ってる 知念
☆「あっ・・・えっと・・・」緊張してる 中島
☆「どぉぞ・・・」なんか普通ですね・・・ 山田


⇒知念★+。



・・・なんか気まずい雰囲気に・・・
☆「ケーキいる?」準備満タンです! 高木
☆「・・・」無言でテレビ見てる 有岡
☆「ゲームする?」うん! 知念
☆「えっと・・・その・・・」まだ緊張してる 中島
☆「散歩でもする?」なんかなれてません・・・? 山田


⇒知念★



・・・時は過ぎて夕食の時間・・・
☆「○○の作った飯ってさいこ〜」喜んでたべてる 高木
☆「・・・」無言で食べてる 有岡
☆「食べさせて♪」甘えてきた 知念
☆「うまいね!」うまい!と連呼しながら食べてる 中島
☆「はい、あ〜ん・・・」食べさせてくれる 山田
 

⇒知念★



お風呂はいろぉか−

☆「洗ってあげるよ??」まぢですか!? 高木雄也
☆「…俺と一緒に入りたいw?」からかってる 山田涼介
☆「じゃあ入ろっか!」もぉ一緒に入るつもりでいる 知念侑李
☆「俺、今日●●とお風呂入りたい気分〜♪」正直(?) 中島裕翔
☆「●●先入っていぃよ−。俺後から入るから−。」もぉ夫婦みたいな会話だね 有岡大貴


⇒中島っ★



結局一緒に入る事になりました。

☆「タオルなんて巻くなよぉ−!!」タオルを取ろうとする軽く変態な 山田涼介
☆「あったかいね−♪」一緒に湯舟に浸かろ−★ 知念侑李
☆「やばい…眠いよぉ〜…」お湯の中で寄り掛かってくる 中島裕翔
☆「きゃはは〜!!く…くすぐってぇ!!」洗うと騒ぎまくる 有岡大貴
☆「かゆいとこありませんかぁ〜??笑」いろんな所を触ってくる 高木雄也


⇒知念だねっ!!



・・・もうそろそろ寝ようかな・・・
☆「寝る前にこれ飲んで♪」笑顔で 高木
☆「あっ、寝る前にこれ・・・」そう言ってジョースを渡す 有岡
☆「これのんでぇ〜♪」以上にカワイィ 知念
☆「よかったらこれ・・・//」なんで照れてるの?! 中島
☆「ん・・・」口移しでなんか飲ませる 山田
  

⇒知念★かわいい-+。



彼に言われてジュースを飲みました。
 
☆「あっ・それ実は媚薬なんだぁ・藁」怪しい笑み・・・ 高木雄也
☆「それ・・・媚薬だよ・・・・」冷静ですねぇ・・・ 有岡大貴
☆「あ!それ!媚薬だった!」知らなかったの? 知念侑李
☆「ねぇ?どぅ?」・・・何が? 中島裕翔
☆「あれ、なんだか分かる?・藁」軽くヘンタイです。 山田涼介

 
⇒中島くん★



あれ・・・体が熱い・・

☆「・・・いただきます。」いきなり押し倒された 高木
☆「俺もぅ我慢できない・・・」え!? 有岡
☆「ごめん・・・僕、ちゃんと責任とるから。」と言い、抱きしめてきた 知念
☆「やっときいてきた?」といいながら押し倒してきた 中島
☆「一緒に気持ちよくなろ♪」明らか性格ちがいますよね?! 山田


⇒知念だあ-))照



アレの最中、彼があなたに囁く言葉は?
 
☆「大好きだよ♪」 高木
☆「あいしてる・・・」 有岡
☆「気持ちイィ?」 知念
☆「○○の中サイコー」 中島
☆「好きだよ・・・」 山田


⇒山田あ-3+。



終わったあと・・・

☆「かわいかったよ♪」頭なでなでしてくる 高木
☆「もういっかい・・・」やたら盛る 有岡
☆「・・・zZ」寝ちゃってる 知念
☆「ねぇ・・・」質問攻めです! 中島
☆「・・・zZ」腕枕しながら寝てる 山田


⇒知念★萌え-

9月23日の庭の様子 

January 20 [Sun], 2008, 9:55
今日も暑い一日でした。

我が家の野草(雑草のことを我が家では野草という)も伸び放題です。

しばらくぶりに庭に目をやると、色々と咲いていました。

「彼岸花」、「しゅうめい菊」などなど。

たまには見てやらないとだめですね。

2週間前といえば・・・・ 

January 16 [Wed], 2008, 7:22
今日は10月20日



最近行きだした野池で 先行者の人とお話していました。



「どうですかぁ〜」
「さっぱりですね。温度が下がりすぎてます」
「僕も最近ぜんぜん釣れなくなったんですけど・・・」
「2週間前がピークだったのかもしれませんね」



2週間前といえば・・・
10月6日・・・



10月5日は僕にとって記念すべき日になった日です



何が記念すべきって・・それは



↓ これ ↓







なんと サイズを測って写真を撮った 50UP
以前に タバコ(マールボロメンソールライト 100S)の箱5個分って言うのを釣ってるんですが
サイズを計測して写真を撮ったのはこれがはじめてです。



しかし、怖い顔してますねぇ。
あごをつかむの すっごい怖かったです。



『よくも この俺様を釣りやがったな、覚えとけよ!!』
って 感じです・・・



さて タックルですが・・・



ロッド : シマノ アクシス ベイトロッド
リール : ダイワ チームダイワ-S 103Pi
ライン : よくわからない 12lbの ナイロン
ルアー : イマカツ ボケワーム 4.5inch



いやいや 安物ぞろいですね・・・
相変わらず 金掛かってません・・・








木くずのたまったカバーの上をずるずると少し引いて
木くずの間にポトンと・・・



その瞬間に 暗い影の中から大きな黒い物体が
ザリガニちゃんに向かって突進!!



そのあとは ラインがどんどん出て行き
古いリールからは 聞いたことのないドラグ音
竿からは悲鳴のようなギシギシ音
(このあと 何回かの釣行で この竿はトップガイドが外れてしまいました)



足場が高かったので、ぐるりと回って足場の低い場所まで移動
バレないかと不安でしたが、常にテンションを掛けるようにして
なんとか、引きずりあげました。







ちゃんと 50cm以上あるでしょ ヾ(@^▽^@)ノ



って あるよね・・



これ以外にも



10月14日に 45センチ
10月15日に 42センチ




続けさまにいいサイズが上がってました。



てことは・・・・・



やっぱり 10月前半がピークだったのかなぁ・・・

休肝日 

January 05 [Sat], 2008, 5:18
「休肝日」の書庫を見てみたら、ブログ開設以来2つの記事しかありませんでした(爆)
と言いましても、kanappeがこの4ケ月でお酒ぬきの日が2日しかなかったというわけではありませんよ(笑)

なので2つの記事を別の書庫へ移し、「休肝日」の書庫を閉じました。
ブログを更新していくと、当初は考えつかなかった不備がいろいろ出てくるものですね。
少しづつ見直していきたいと思っています。

これからもよろしくお願いいたします。

黒田三郎著「現代詩入門」 「話しことば 書きことば 詩のことば」(6) 

December 22 [Sat], 2007, 13:32
思想社発行:黒田三郎著「現代詩入門」(昭和41年)より(19)



「現代詩入門 」第一部   本質論



「話しことば 書きことば 詩のことば」(6)



       未知なるものに対するあこがれは特に渇いた心に通じる  詩は未知の世界に対



       する探検だ   共通の基盤と専門化した技術から自由になる必要  「詩でな



       いもの」へ帰り「詩でないもの」から詩をつくり出す   いままでの詩は文字



       によりかかってきた   文字によりかかった詩はすたれる



(昨日よりつづき)



黒衣聖母     日夏耿之介



真理は?然し焉



ひかりは白熱して



昏黯き万物よりただ細細とたち騰る



ひかりは



それゆゑに 恒に聡叡し




わが胸の深淵に



黒衣聖母のあり



心して赴け  道ゆく旅人よ




風のある日



渚を旅けば



顔しかめる水面にも



爾が小胸の秘奥なる



かの黒衣の善き母を視む




もし  照る日のもとをあゆみなば



湿気ある処女林の扉邇く



一位の樹の繁みぶかくに



爾が輝やける御母おw



垣間見ることもあるべし



頭をあげよ  嬢子公子



己が心の繁みぶかくに



崇美き黒衣聖母の御像をば



夙く 和南み 跪づけ




真理は恒に庸黒し  常住不断



この詩もルビつきで、例えば「嬢子公子」は「わかきものたち」「常住不断」は「いつまでも」のごとく



である。



(つづく)

あー、びっくりした 

December 13 [Thu], 2007, 7:56
 最近の新興市場の戻りが急なため、信用売りが急増する銘柄が増え、信用規制がかかっている銘柄が増えているようです。昨日もとある銘柄を買ってみたら、いきなり信用枠がなくなりました。増し担保だったようです。なんだか地雷を踏んだような気分でした。売り禁止になっている銘柄も増えてきたし。ただ初期段階の規制は「買い」のシグナルだったりするんですよね。HKCM

給油と対テロ戦―イラク撤収で仕切り直せ(朝日新聞社社説) 

December 07 [Fri], 2007, 2:21
給油と対テロ戦―イラク撤収で仕切り直せ

 テロ対策特別措置法がきょうで期限切れを迎える。6年間にわたってインド洋で給油活動を続けてきた海上自衛隊は、帰国の途につく。

 政府は給油活動の継続のため、新法案を国会に出したが、民主党など野党の反対姿勢は強く、成立の見通しは立たない。福田首相は小沢民主党代表に直接会って協力を呼びかけているが、妥協は難しそうだ。

 政府・与党は「テロ防止のための国際社会の取り組みから日本が脱落していいのか」と言う。給油を受けてきた米、英、パキスタンなど11カ国とアフガニスタンの駐日大使はきのう、日本の国会議員に給油の重要性を訴えた。

◆終了はやむを得ない

 私たちは、日本も国際社会の一員として何らかの役割を果たすべきだと考えるし、燃料を受け取る国々が感謝してくれているのはうれしく思う。

 しかし、だからといって、十分な議論もなしに自衛隊の派遣を続けるわけにはいかない。まず、この間の実績を慎重に検証してみる必要がある。6年もたっているのだから、日本の貢献のあり方が今まで通りでいいのかどうかを議論し、国民の合意を作りなおすべきである。

 夏の参院選で与野党が逆転したことで、政府は給油に絡むさまざまな情報を開示しだした。まだ十分とはいえないが、従来なら説明もそこそこに与党の賛成多数で延長を決めていたところだ。この新しい政治状況を生かしたい。

 日本が提供した油がイラク戦争に転用されたのではないか。防衛省はその事実を隠蔽(いん・ぺい)したのではないか。国会がこうした疑惑の解明や関係者の責任追及を優先するのは当然だ。

 この時期の防衛政策を担った守屋武昌前防衛次官の、業者との驚くべき癒着も判明している。法案の審議が進まないまま、撤収に至ったのはやむを得ない。

 日米関係への影響や国際社会の足並みへの乱れを懸念する声もある。だが、国内で正当性が揺らいでいる政策を、対外的な配慮だけを理由に続けるべきではない。それは日本に限らず、どの民主主義国でも同じことだろう。

◆アフガン後の迷走

 考えておかねばならないことがある。「テロとの戦い」とひとくちに言うけれど、01年の9・11同時多発テロ以降、米国を中心に始まった武力攻撃や国連の取り組みなどは実に多岐にわたる。

 その軌道が大きくはずれてしまったのは、米国によるイラク攻撃である。当時の小泉政権はそれを支持したうえ、野党や世論の反対を押し切って自衛隊を派遣した。安倍政権に続いて福田政権もこの誤りを総括しようとはしていない。そこに議論が混迷する最大の原因がある。

 日本は「テロとの戦い」のどの局面に、どのようにかかわるべきか、かかわるべきでなかったのか、その場合の原則は何か。そうした基本的な議論を、政府は避け続けてきた。

 同時テロの1カ月後、テロ首謀者のビンラディン容疑者らをかくまったアフガニスタンのタリバーン政権を、米国などが攻撃した。国際社会のほとんどがこれを支持し、戦列に加わった。日本の給油支援はその一環だった。

 だからこそ私たちの社説も、憲法の枠内であることなどを条件に海上自衛隊の派遣を容認した。民主党は国会の事前承認が盛り込まれなかったことで法案に反対したが、派遣そのものには賛成した。

 私たちはその後、米国によるイラク攻撃の可能性が高まる中で、もし侵攻すればインド洋での給油活動は間接的にイラク攻撃を助けることになり、性格が変わってしまうと警告した。今回の一連の給油転用疑惑は、まさにその懸念が的中したことを示している。

 攻撃後のイラクは、宗派対立によるテロが激しくなり内戦寸前の状況に陥っている。イスラム世界には激しい反米感情が広がり、中東情勢は不安定化した。テロは英国、スペイン、インドネシアなどで新たな犠牲者を生んだ。

 イラクの状況が厳しいのは確かだ。だが、これを国際社会が広く支持する「テロとの戦い」と言えるのかどうか。

◆大きな構図で議論を

 日本の失敗は、米ブッシュ政権への配慮からイラク戦争に協力したことだ。国際社会の広い合意もなく、大義にも欠ける戦いにかかわるべきではなかった。

 イラク南部のサマワに派遣された陸上自衛隊は、なんとか無事に引き揚げたが、まだ航空自衛隊がイラクで活動している。これを一日も早く撤収させなければならない。

 そのうえで、日本がかかわるべき「テロとの戦い」を整理することだ。そしてアフガンの復興やテロ防止に協力するなら、どんな役割がありうるのか、何が最も効果的なのかを考える。それなら国民全体の理解も得やすいはずだ。

 アフガン支援は、果たして給油活動しかないのだろうか。高村外相は給油支援を「ローリスク、ハイリターン」と表現した。危険は少ない一方で、みんなからは感謝され、日本は顔が立つ。そんな意味だろう。外交に利害得失の計算は欠かせないが、志が低すぎないか。

 6年もたつのにアフガンは安定せず、むしろ治安は悪化している。隣国パキスタンの状況も不安定だ。国際社会の取り組み自体が大きな曲がり角に来ていると言える。タリバーン穏健派との和平を考えるべきだという意見も出ている。

 国際社会としてどのような支援の枠組みをつくるか、議論しなおす必要があるかもしれない。そうした大きな構図の中で、日本が果たすべき役割を考えたい。

左打者の顔めがけて投げる 

December 02 [Sun], 2007, 16:32
     《 2.立っていても、カーブに関してはストライクが比較的とれた。》


    これがコントロールがよくなるための大きなポイントに


   なるんじゃあないかと思っていた。


   一番ストライクがとりやすかったのは、左バッターのとき。


       ※ 左投げです!

  
   『 相手の顔 !!』 めがけてカーブを投げる!!

   
   すると丁度いいくらいに曲がってストライクゾーンにはいるのだ!


   ほんで、右バッターの時の場合は、


   外角高めに大きく外すくらいに投げると丁度ストライクになった。


    なんで 『 カーブ 』やとコントロールがつくんかな〜!?


   って考えた。


    当時のボクが出した答えとしては、


   カーブのときは《 肩の開き 》が遅くなり、


   コントロールも(そこそこ)安定してたと解釈した!!


   肩の開きが早いって言われたこともあった。


   左バッター側に投げるのも肩の開きが抑えられる方向にあると考えた。


   ヨシ!! ストレートもコレを応用して投げよう!!

 
   しばらく練習に励んだ。


   結果は・・・


   まだコントロールが悪い。    なんで〜!! 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:awneby1386
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像真那斗
» 部品の接着 (2008年10月20日)
アイコン画像ヨシオ
» 部品の接着 (2008年10月17日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 部品の接着 (2008年10月12日)
アイコン画像猫男爵
» 部品の接着 (2008年10月09日)
アイコン画像ゆりり
» 部品の接着 (2008年09月24日)
アイコン画像火星の後継者
» 部品の接着 (2008年09月15日)
アイコン画像佳奈美
» とろとろとろろ( ´・ω・`)_且~~ イカガ? (2008年02月20日)
アイコン画像京平
» あー、びっくりした (2008年02月19日)
アイコン画像あんな
» とろとろとろろ( ´・ω・`)_且~~ イカガ? (2008年02月15日)
アイコン画像名無し
» あー、びっくりした (2008年02月10日)
Yapme!一覧
読者になる