ユーリーとアーロン

August 19 [Sat], 2017, 16:35
看護師でも転職回数が多いと悪いイメージにつながるかというと、確実にそうであるとは限りません。自己PRの方法を工夫すれば、意欲的で経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)を持っているという印象にもっていくことも可能でしょう。

そうは言っても、勤務期間がほんのちょっとの場合には、採用後、すぐ辞めると思ってしまう場合も少なくないでしょう。看護師が転職を考える時に、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。
けれど、一生涯懸命に看護師資格を得ることができたのですから、その資格を生かすことのできるシゴトを捜したほうがいいかもしれません。
全く異なる職種だとしても、プラスになるところは多数存在しています。
がんばって得ることのできた資格ですから、使わないのは損になってしまいます。産業看護師とは、従業員が健康にシゴトに従事できるように保健について指導したり、うつ病を防止するための精神的なケアも行ないます。



産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、ハローワークで見つけようとするのは無理かもしれません。



興味を持たれた方は看護師専用の転職HPを利用して下さい。転職サイトでは産業看護師の募集も頻繁に載っているでしょう。看護師の転職を成功指せるには、将来の自分のことを想像して迅速に行動することが大事です。



それから、どんな点が大事なのかを決めておくのがお勧めです。
将来の自分の姿を明白にして、その希望に沿った転職先の情報をちょっとずつ蒐集して下さい。


年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件も考慮しておきましよう。看護師の場合、勤務の形態が他の職業にくらべてまあまあ特殊な上に、職場によっても変わります。シゴト場においては一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっていることが多いです。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、まあまあ3交代制の病院が多いですね。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。いつ看護スタッフが別のシゴト先に動けばよいのかですが、多くの人が夏季・冬季手当が入ってから離職するので、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。看護職員の価値は市場では依然高いのですが、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、約90日ほどは新しいシゴト場を探す時だと考えて、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。すぐにでも次のシゴト場へ行きたい事由がある人以外は、人材募集が増加してくるタイミングまで様子を見るのがベターです。育児をするために転職しようとする看護師持たくさんいます。

特に看護師の場合、子どものこととシゴトとの両立が困難であるので、夕方までの時間帯のみ働けたり、出勤する日の少なくて済む職場で働いたりすることがいいかもしれません。

育児の大変なときのみ看護師を辞めるという人持たくさんいますが、子育てをするにはお金がないといけませんから、できれば看護師の資格を生かすことのできるシゴトを捜したほうがいいかもしれません。



多忙な業務に追われる看護専門職がちがう職場を探す手立てとして、今はネットサービスを役立てるのが過半数を占める勢いです。
ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、無料ですし、どこにいても好きな時に募集案件を確かめられるでしょう。
転職活動が実を結ぶようにするには、多角的に検討するのが鍵ですので、ジョブチェンジが頭をよぎったらとりあえずサインアップしてみましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルト
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる