スチュアートと真下

March 01 [Wed], 2017, 19:31

花咲ガニの特殊なところは、北海道の花咲半島では多く息づく海草の昆布と関連しています。昆布を食して成長する花咲ガニというカニは、旨味を最大限にその身に備えているわけです。

毛ガニが特産なのは北海道しかありません。水揚の産地から直送の良質な毛ガニをネットショップなどの通販で入手して召し上がるのがこの寒い季節には絶対はずせないっていう人が大勢いらっしゃることと想定されます。

あのかにめしの元祖として誰もが知っている長万部(北海道)産のものこそが、北海道の毛ガニの中でも王様といわれているそうです。通販の毛ガニならではの冬の味覚を満足するまで召し上がってください。

花咲ガニは貴重であるが故に、市場での値も高い売値がついています。通販であれば低価格とは言い切れない価格ですが、ある程度安い料金で売ってくれる通販ショップもあります。

北海道周辺では資源を保護するために、産地を分けて毛ガニの捕獲期間が設けられていますから、通年で漁場を変えながら、その鮮度の良いカニを食することが実現可能ということです。



冬と言うとカニが絶妙な時節となりますが、山陰で捕れる松葉ガニと同等以上なのが瀬戸内海沿岸の旨いワタリガニです。正しい名称はガザミであり、今となっては瀬戸内で大人気のカニとされています。

売り出すと同時に売れてしまう人気騒然の毛ガニを味わってみたいというような人は、のんびりせずにかにを扱っている通販でお取り寄せするようするべきです。感動のあまり絶句するのは疑いありません。

自宅で質のいいズワイガニをお取り寄せできる、これ助かりますね。通販のネットショップを使えば、他よりも低価格でお取り寄せできることが意外とあるものです。

どうしても食べたい毛ガニを通信販売のお店で注文したいというようなとき、「サイズ」、「活き・茹で済み」は果たしてどのように決定すべきか途方にくれてしまう方もいることと思います。

息をしているワタリガニをボイルしようと、何もしないで熱湯に浸すと、カニが脚を断ち切ってバラけてしまうため。熱くなる前から入れ込んでおくか、脚を動けないようにして湯がくというやり方がおすすめなのです。



根強いファンも多い花咲ガニですが、わずかの間しか獲れず(晩春〜初秋)、なので冬の短い期間だけ限定の貴重な蟹なので、そういえば、食べたことないという人、結構いることでしょう。

最近は、カニマニアの中で弾力のある食感の「花咲ガニ」がマークされています。全体の約80%の花咲ガニが獲れる遠い北海道の根室まで、鮮度の高い花咲ガニを味わっちゃおうというツアーの募集があるほどです。

素晴らしい毛ガニのカニ味噌は、リッチで味わい深い絶品だろう。甲羅を火であぶって、そこに日本酒をふりかけてその香りを広げながら、毛ガニの身と味噌といっしょに頂くことも乙なものと言えます。

デリシャスな毛ガニを販売するショップを決める前に、ひとまずゲストの掲示版や批評を確認しましょう。満足している声や満足していない声、いずれも毛蟹を通販でお取寄せする時の基準になると考えられます。

茹でてある貴重な花咲ガニを二杯酢を用意して、解凍したら堪能するのが一押しです。あるいは凍っていたものを溶かして、さっと炙っていただいても素晴らしいです。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美結
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる