久美ちゃんとフトアゴヒゲトカゲ

January 13 [Wed], 2016, 11:40
転職する理由は、書類選考、また、面接において最も重要です。相手に納得してもらう理由が無い限り評価が下がります。ですが、転職したい理由を聞かれても上手に言えない方も多いと思います。ほとんどの人が履歴書を書く際や、面接の際に、この転職理由で悩むこととなります。
どのような転職理由がいいかというと、まず、実際に転職しようと思ったきっかけを考えてみてください。正直に話すわけではないので、深く考えずに、紙に書きましょう。そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように言葉の使い方を変更してください。転職理由の部分が長いと自分を正当化しているように聞こえてしまうので、簡潔にしましょう。
退職の原因が労働時間の長さである場合には「より効率的な仕事を希望」、やりがいのない仕事と思っている場合は「新しい職場で成長したい」といいかえれば受ける感じは悪くはないでしょう。言いかえることでネガティブな転職理由も、肯定的なものになります。履歴書を書くときに注意しなければならないのは、150文字から200文字程度にするようにします。
転職するための活動は、在職中から始めて、転職先が決定してから、辞職するのが理想でしょう。退職してからの方が時間の自由がききますし、すぐにでも働き始めることができますが、転職する先がなかなか決定しない場合もあります。職の無い期間が半年以上を過ぎると、就職先が少なくなりますから、退職後のことを考えないで今の仕事を退職しないようにしましょう。
人材紹介会社を通して良い転職ができた人も増えています。自分だけで転職活動を進めるのは、気持ちの面で辛いと思うことも多いです。転職がなかなか決まらないと、どう行動するのか正しいのかが分からなくなることもあります。人材紹介会社を使用すれば、自分のプロフィールに合う求人を教えてくれたり、頼りになるアドバイスをもらえるでしょう。
面接の場では、身だしなみには返す返すも注意しましょう。清潔感がある洋服で面接を受けるのが大切です。緊張することと思いますが、あらかじめ何度もシミュレーションしておき、面接の準備をしておいてください。面接の時に問われることはおおむね決まってますから、先に答えを用意しておくことが大切です。
転職する際に求められる資格というのは、専門の仕事以外だと、そこまで多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができる点では、やはり、国家資格が有利なようです。また、建築や土木系では建築士のように「業務独占資格」と言われるような、該当の資格を所有していないと実際に仕事につけないという仕事も多いため、狙い目と言えるかもしれません。
異業種に職を変えるのは難しいと考えている人が多いですが、実情はどうなのでしょうか?結果から言いますと、これまでと違う業種に就くのは簡単ではありません。経験者と未経験者の2名がいた場合、経験者を採用するのが一般的でしょう。ただ、確実に無理というわけではないので、努力をいとわなければ違う業種の会社に就職できることもあります。
転職を考えたときに有利になれる資格はどれかときかれれば、社会保険労務士や公認会計士がおすすめです。これまで積み重ねてきた経験を生かした転職活動をしていこうという方針を持つ人にも間違いなくお勧めしたい資格です。社会保険労務士という資格があれば、総務や人事関係の仕事を得られやすくなりますし、公認会計士の資格があると財務関係の仕事に就職しやすくなります。
一般的に、転職する際、資格の中でも有利だと思われているものに中小企業診断士をあげることができます。中小企業診断士の資格を取得することで、経営に関するノウハウを持っていることが証明できるため、自分のことを会社にとって貴重な戦力であると認めてもらうことができます。法律に詳しい行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、仕事を変わる際に有利になるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mei
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/awi79pstefleeg/index1_0.rdf