原島で長江

July 08 [Fri], 2016, 16:15
介護士の資格というものは日本の法律では仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。



基本原則として、介護行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師から指示された場合は、可能な場合もありますただ、急変時や、差し迫った状態になったときは、場数を踏んでいる介護士であれば、それなりの介護行為も行っていいのではないかと思っています。看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される介護士は常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。
しかも、丹念に当たってみるなら、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。
近頃ではインターネット上に介護士の転職をサポートする専門の求人サイトなどが思った以上に多数存在しますし、上手にそういうものも使って自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。


ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。



社会が高齢化していることもあり、この何年か特に介護施設を利用する必要のある人たちが増えていっています。
ということはつまり、介護機関で働く介護士に関しても現場では切実に求められているのに、現在、介護機関はどこでも人手不足のようです。

けれども、それほど人手が足りない状況だと、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等の利点を挙げることができます。


介護士という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいので「ローンを組みたい」という時でもどちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。


けれども、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の介護士だとそうとは言えないことも多いです。



ローンで審査に引っかからずに通れるのは正規の職員として雇用されている安定した勤務形態で働いている介護士について言えることなので、非正規雇用の介護士についてはローンを組むことが困難なことがあります。
国家資格を有した正看になるためには、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが必須です。看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校に通う人も増えています。准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、通信過程で学べる学校が存在しますから、興味があれば調べてみてください。

介護士になるための手段として、皆さんご存知のように、看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。

授業の内容などはそこまで変わらないのですが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。

それに対して、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習時間が多く設けられているため、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。ちょっと前までは介護士というのは女性の職業と思われがちでしたが、近頃では男性介護士の割合も増加しています。実際の看護の現場では、患者を移動させる時や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので女性より筋力のある男性介護士の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。年収については、女性の場合と一緒ですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、より多くの経験を積むことが出来ます。若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の介護士は女性が担うものというイメージがありました。

しかし今日では介護士の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性の介護士も多いです。

実際に介護士に必要な適性を考慮しても、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。本来女性が持っているような優しさだけでなく、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。
小さい頃から介護士として働きたいと思っていましたが、色々と事情があって就職し、会社員として働くことになりました。でも、夢を諦められませんでした。資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するということも考えましたが、やはり介護士の資格が欲しいと悩んでいたところ、介護の現場で看護助手としての仕事をしながら資格も取れるそうなのです。

介護士の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。当然ですが、介護施設には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、部署が違えば、介護士として必要になる技術やケアなど、看護の方法が違います。
配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修はひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、いち介護士として視野を広くして物事を捉えられるようになり、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。


将来を考えるキッカケになりますから、新人介護士の意欲も高まります。



介護士が外科に勤務する時の長所と短所を説明しましょう。これから手術を受ける患者や術後の患者のケアを行うことにより、介護士に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。
残念なことは、一人の患者に対応するのが短期間であるため、長期間じっくりと患者との関係を構築していくということが難しい点があります。実は、介護士でも公務員の立場に立てることがあります。



その方法は、国公立介護施設や公立機関で働くという方法です。本来、職業としての介護士が専門的な知識が求められ、長期間働ける仕事だということで人気なのですが、公務員のメリットを生かす事も出来ればさらに安定した職業になると言えます。安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は魅力的ですよね。

日夜、介護施設で働く介護士は休日がどのようになっているのか気になりますよね。実際には職場によって各自違うようです。



3交代勤務の場合、シフトを組んで働きますので、休日や出勤日が変則的なことも珍しくありません。



むしろ、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。


介護士というと介護施設に勤めているイメージがありますが、介護施設外の介護士の仕事場として実のところ、保育園が挙げられます。
職場が保育園となると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は適任の職場だと言えます。ちなみに、どういった仕事かというと介護従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする責任のある仕事だと言えます。



介護士だった知人は、病気のために退職したそうです。しかし、完治させた後は、現場に復帰して、今も介護士の職についています。数か月間、仕事から離れていても、資格を持っていたら早々に復帰できますね。再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。転職の際には、ご多分に漏れず介護士の場合も履歴書が必須となりますが、気を付けるべきことが存在します。


その注意点とは、特に履歴書の中の志望した動機について、どのように表記するかということになります。どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったような「この人はやる気があるんだな」と感じられるような内容がいいのではないでしょうか。注射や採血は介護士が行う仕事の代表的なものです。普通、好んで注射をされに行くような人はそうそう多くいるとは思えませんが、注射されるなら痛みが少ないようにお願いしたいですよね。

とは言っても、注射の技術は介護士の腕に左右されますから、痛みなく処置してくれる介護士もいれば、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。高い給料をもらっている介護士でも、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。
Wワークに向いた仕事も様々で、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。とはいっても、メインで勤務している職場が副業を禁止、としていることもあります。また、その前に本業での介護士の仕事自体が、相当ハードなものとあって、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。数年ほど、介護士として働いているのですが、気付いたことは、介護士はどうやら喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。

煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、介護士としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。しかし、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。

それから、たまにあるお酒の席などで見られる、介護士たちの酔い方、といいますか、酔態は決して可愛くも上品でも天使でもありません。


そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。介護士資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。実際にはどれ程のものなのでしょう。

受験生全体の介護士国家試験合格率は平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。試験そのものも、それまでの学校生活で理解していれば合格できますので、特別に介護士の資格取得は難しいものでもないようです。

日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、介護に携わる者として何かできる事がないのかと思案している介護士の方もいるでしょう。現実に、海外で日本の介護に対する需要の高まりから、介護士は常に求められているのです。
当然ですが、海外では患者とやりとりをするうえで英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。介護士として海外で働きたい場合、積極的に英語を学ぶようにしましょう。今日のところ、日本では経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人介護士候補生の受け入れを実施中です。ですが、介護士国家試験の勉強をしてもし、3年以内に受からなかった場合、自分の国に帰らなければなりません。
就労中に日本語を学び、また、国家試験に受かり介護士となるために勉強までしなければならないということで、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。介護士という仕事に就いていると、他職種と比較して高いお給料をもらえます。それが理由なのかはわかりませんが、ファッションに敏感な人が多いと思います。
ですが、とにかく忙しいです。
介護施設にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけといったケースもよくあるみたいです。
収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのがベストな形だと思います。
激務で知られる介護士ですが、どんな時に介護士としてのやりがいを得られるかといえば、退院患者さんが出るのは喜ばしいことですが、更にそんな患者さんが、後日、介護施設まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。そしてまた、患者さんのご家族に笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、この仕事を選んで良かった、と心から思えます。

夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある介護士の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、多分介護士はもう辞めたい、などと考えてしまうはずです。専門職だけあって、介護士という仕事についていると、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。きっかけが結婚や出産だったりその人の都合で職場を変えることもありますが、人によっては介護士としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと転職そのものが危ぶまれます。

今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、設備の揃った総合介護施設で、最先端の看護を学びたい、などなど向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。
介護士になるための手段として、看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。まず、大学はどういったところかというと、最先端介護の知識など高度な技術に触れることができることや、一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。


対する専門学校については、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。



加えて、学費の面についてもなんと大学の学費の十分の一程度です。それだけではないにしろ、介護士を志望するモチベーションの一つとしてよくいわれる動機の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。例えば、一年目の給料で見てみても同世代の新入社員と比較して多くもらえていることがわかると思います。
ただ、このようにして高収入を得ているのですから、その分、自分自身も精進に励み、患者さんに返していかなければなりません。


働き方を色々と変えることも可能な介護士ですが、それでも、殆どの人は介護機関で働いているわけです。
介護士といえば介護施設で働くもの、というイメージがありますが他でも、意外と介護士でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く介護士は実際とても多いのです。

つまり介護士であれば、介護施設ではなくても働く場所も多いですから、結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにして働きやすい職場へと、転職することもできるのです。


シフトを組んだ交代制勤務などでハードな仕事を強いられる介護士でも、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。入院患者の健康状態や薬の管理までをすべて理解し、きちんと次の担当介護士がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。



簡単な伝言で済むレベルのものもよくありますが、病状や処置に関する情報については間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。現在、私は介護施設事務として働いています。介護士さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですが毎日お忙しそうにしていますね。



夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。ですが、予想よりも「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。介護士さんの中で、子連れで来ている方が結構目立つんです。先生方も笑顔で、温かい雰囲気でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:乃愛
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/awheecll0dep0s/index1_0.rdf