兼松が田端

September 23 [Fri], 2016, 21:49
薄毛や抜毛症は、一般的には男性に特有の病魔ですかのようにおっしゃることが多いですが、現在では、たとえばAGA(ダディークラス抜毛症)を初心、女性にもたいして見られるようになってきている薄毛、あるいは抜毛症も珍しくありません。そこまでは、ほぼみなさんもご存知かと思います。

しかし中には、「ダディーよりも女のサイドに圧倒的に数多く見て取れる薄毛・抜毛症」もあるのです。しかも、女ホルモンが悪い影響をおよぼしているといった一元的病魔ではなく、そういう事象を呈する病魔はいくつかあります。今回は、そんな中のひとつであり、女性に多い薄毛・抜毛症の中ではとりわけ形式が多い「牽引(けんいん)性抜毛症」についてお話します。

牽引性抜毛症という事象は、何より女ホルモンが悪さをしているとか、その他各種内意味が髪に悪影響を与えて要るというわけではありません。「牽引性」のことばからもわかるように、実は、「頭髪を引っ張りすぎて仕舞う」ため出来る薄毛・抜毛症なのです。

ダディーよりも女のサイドに数多く見て取れるという理由は二度とお判りかと思います。最も、女の髪のドレスアップを追求することが直接的な原因になっていることが多いのです。

髪を引っ張りすぎてしまうと、髪自体が傷むという不安は大して心配する必要はありませんが、スカルプの細胞が傷んで仕舞う不安はやにわに大きくなると言わなければなりません。やはり、牽引という立場についての因子によって、事象のがたいに刷新があることも考えられます。

たとえば、髪をかける強さがどのくらいかによって事象の現れ方が異なりますし、また、どのくらいの日にち、強く髪を引っ張り続けていたのかということにも事象の現れ方は影響されますので、牽引性抜毛症というのは、他の薄毛や抜毛症に比べると、何とも外的要素が強い薄毛・抜毛症であるといえるでしょう。

牽引性抜毛症のタイミング、多くは頭部オールが薄くなって仕舞うという事象になると言われます。前もって女のタイミング、しょっちゅうおんなじヘアースタイリングではなく、ドレスアップのために各種ヘアースタイリングをセットすることになると思いますので、引っ張られる部分はスカルプオールに及ぶことが多くなるようですから、事象の傾向はそのようになるのです。

ただ、外的意味が著しい薄毛・抜毛症だけに、髪をひっぱることを緩和すれば、その他の部位がだいぶ薄い分け前、修繕の傾向が見られることが多いです。とは言え、そんなに時間をかけて薄毛・抜毛症を発症したのですから、すぐには修繕傾向が見られるわけではありません。しだいに修繕させて行く必要があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リク
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/awentietudi9sf/index1_0.rdf