ショートバス

December 07 [Fri], 2007, 5:58
「ショートバス」☆☆☆

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」は決して好きな映画ではないが、一般的に人気があるのは何となく理解できる。
その監督ジョン・キャメロン・ミッチェルの第二作となる本作はまた、衝撃的な内容を持った作品である。
テーマは非常にはっきりしていて、「現代人の孤独感」あるいは「アイデンティティの喪失」である。
それをいかに癒していくかということが描かれているのが本作である。

ストーリーはニューヨークに住む複数の男女たちが<ショートバス>という名のアンダーグラウンドのサロンに集い、愛の孤独や性の悩みを赤裸々に吐露していく群像劇である。
孤独に苛まれているプロのSMの女王、セックスカウンセラーをしているにもかかわらず自分はオーガズムを経験したことがな女性、愛し合ってはいてもお互いに空虚感を抱えているゲイのカップル、という四人を中心にして、ショートバスというサロンでの様々な人間ドラマが描かれている。

本作の何が凄いかというと、とにかくセックス描写が凄すぎるのである。
ここではとてもとても書けないこと(俳優たちがちゃんとプレイしている)を延々と見せる。
カルチャーギャップというか、私が知らないだけなのか、とにかくすげーのだ。
精神的には、生半可なホラーよりも衝撃的な描写が多く、目を背けたくなる場面もしばしばであった。
これはどう考えてもR18指定映画のわけだが、成人していてもしっかり心構えをして観に行った方がいい。
テーマは先に書いたように真摯なもので、しっかりと描き出しているのだが、映像表現・描写がテーマを遥かに越えてしまっているので、評価については賛否が分かれるところではないかなぁと思う。
私は良い方に取りたいと思う(迷った時の私の法則である)。

何度も言うようだが、ある意味「肝試し」みたいな映画なので、油断しないで観るように。
  • URL:http://yaplog.jp/aweiga348/archive/25
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aweiga348
読者になる
2007年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像☆ネル☆
» 居酒屋フリーク (2008年10月21日)
アイコン画像ひまじん
» 居酒屋フリーク (2008年10月21日)
アイコン画像真那斗
» 居酒屋フリーク (2008年10月19日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 居酒屋フリーク (2008年10月18日)
アイコン画像猫男爵
» 居酒屋フリーク (2008年10月07日)
アイコン画像チャーリー
» 居酒屋フリーク (2008年10月03日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 居酒屋フリーク (2008年09月30日)
アイコン画像ハム太郎
» 居酒屋フリーク (2008年09月26日)
アイコン画像ikumi
» 居酒屋フリーク (2008年09月21日)
アイコン画像えびふりゃー
» 居酒屋フリーク (2008年09月19日)
Yapme!一覧
読者になる