友達のところも沿うですがうちも二人

April 21 [Thu], 2016, 1:47
友達のところも沿うですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。

できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、話を切り出しづらくて、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。料金は1回2800円で安価でしたが、沿う簡単には妊娠できず、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。相乗効果なのか、全部飲み切らないうちに、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。各種の食品に「葉酸」はふくまれていますよね。
フルーツで言うと、イチゴやライチに含有量が多いと発表されています。または、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多くふくまれています。元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、オレンジジュースを飲むのも良いですよ。適切な葉酸の摂取の結果、赤ちゃんの先天的な神経管障害が発症しにくくなることが判明しました。ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生省が勧告しているのです。



たとえば葉酸サプリに代表される補助食品のうち、幾つかは特定保健用食品指定のものがあります。


こうした食品は妊婦が利用する場合もよく耳にします。

妊活中の友達と話していた時、自然と葉酸の話になって、そのなかでもサプリについての話で盛り上がりました。友達はベルタから出ているサプリが気になっているようでした。葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと母から聞いたことがありましたから、彼女に伝えました。


友達には、いつも笑っていてほしいから、赤ちゃんを無事に出産してほしいと思っているんです。妊婦にとって葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だと言われているのです。

しかし、もし葉酸が不足したら、どのようなリスクが有るのでしょうか。葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天的な障害を発症しやすくなるというデータがあるのです。


ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われているのですから、摂取をお薦めします。妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素でも、摂取すればするほど良いなんてことはありませんから、適切な摂取量を守るようにしてちょーだい。

なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしてる人は特に注意が必要です。なぜならサプリは食品にふくまれる葉酸量の数倍もの葉酸がふくまれています。

それゆえ、簡単に大量摂取してしまう危険性がある為、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。


実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は胃腸が影響をうけるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。


それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。
葉酸は妊婦にとって各種の効果をもたらしてくれる心強い味方です。
そのなかでも葉酸の十分な摂取によって、赤ちゃんの先天的脳障害発症のリスクが低減する点は重要な効果です。こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性は、普段の生活の中で、十分に葉酸摂取を心がけることが良いと思います。


とはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取が簡単です。簡単に葉酸を摂取したい方には是非試してみてちょーだい。


妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」が知られるようになってきました。水溶性ビタミンの一つである葉酸は、妊娠中の十分な摂取によって、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。具体的な1日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は1日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。胎児の健康を考えて、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も是非、葉酸を意識して摂取してみてちょーだいね。妊活中の話ですが、産み分けについてまま友から教えてもらい、本で詳細をしりました。上の子が男の子でしたから、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。

本に載っていたように、排卵日を特定した後上手にタイミングを合わせたりしながら、産み分け法を実践しました。妊娠が発覚した後、性別が判明する時までは期待と不安でドキドキしていました。結果は女の子でしたから、主人持とても喜び(素直に表現すると、さらに増すこともあるでしょう)ました。
産み分けをして良かったと思っています。

不妊体質を改善するために、食生活から改めるのも大切ではないかと思います。両親の体の中で精子と卵子ができる所以ですし、食生活が乱れていては卵子や精子の活発さは、期待しにくいでしょう。



育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大切です。

健康的な食生活を心がけ、ストレスをあまりためないようにしましょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルト
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/awehtnetnzcarc/index1_0.rdf