報告忘れてました 

April 14 [Mon], 2008, 17:00
今年の夏休みに行ったふぃりぴんについてですが、何回かにわけて報告しようと思います。

休日です 

February 18 [Mon], 2008, 3:09
は〜い お久しぶりの更新です三(((o ・`∀・´)ノ

なんですかね〜おじさんっていうのは 日々体力の限界を感じるのではなく

リアルタイムで感じれるんですね〜( ̄д ̄) 

疲れた!!以外いう事やる事がありません( ̄-  ̄ ) はい

ま〜そんな おっさんのダルイ日常はいいとして

最近はですね〜 日曜が結構いい感じで 皆様ご来店されています〜

当初は土曜が 忙しいのかな〜っとおもってたんですけどね〜

以外に日曜 皆様でて歩かれるよ〜で 感謝でございます

バタバタバタ〜〜〜っといらっしゃるもので

))))))))))))))))))))Σヾ( ̄ω ̄ハウ〜〜〜っとてんぱるわけで

よくよく考えたら 食べる時間はほぼいっしょですから

来る時間も 凝縮されるわけで( ̄_ ̄).。oO


そして見てください(゚∀゚*)できましたビラが

良くわからんエクセルと格闘の末 できあがりましたよ〜

せ〜〜っかく最初カラーで作ったのに よくよく考えて見れば

刷る時白黒やんけ〜ヽ(`Д´)ノジカンカエセーー

汗流しながら 激安印刷屋に走り 今日できました(`・ω・´*)

しかし残念ながら ポスティングする体力は ま〜〜ったく

のこっておりませんので ちかじか 撒きにいきたいとおもいます

(( ̄_ ̄ )(  ̄_ ̄))昨日今日やすみでしたが 印刷屋以外

半径150メートル以内にいました。。。

僕に華やかな春はくるんでしょうか・・・・・・

明日からまたがんばりまっす。

庭で紅葉 

February 13 [Wed], 2008, 5:23
自分の家で紅葉なんて、貧乏くさいですが、まぁ いいか?




夏つばき





花みずき





いちご





キウイ






これって、紅葉って呼んでいいんだよね?
たぶん…

で、最近、落葉してきました。これで、腐葉土とか作れるのかな?
「趣味の園芸」で確か、来月腐葉土作る特集あったけど、集めとくか?

妻はおっとにぃ〜♪したがぁ〜い〜つぅ〜♪ 

February 04 [Mon], 2008, 5:49
最近友人が引越しをした
豪雪で離村が進み現在集落に住んでいるのは
両手の指で数えられるほどという、超過疎地へと。

若いときにアフリカへの旅を通じて結ばれたという旦那様は
学生時代パプアニューギニアで半年暮らし
酋長から婿に請われたという変り種で
以来趣味と生業が合致した生き方での資料館勤務の後は
この過疎地に移り住むのが夢だった。
今取り組んでいるライフワーク
日本から滅び去ろうとしていた藤織りの保存と技術伝承の
拠点として、活動するために・・・・・・・

第二の人生のロマンを求めて別天地を目指す
ひたむきな人間を身近に持ったもの同士、 
折に触れては彼女と
”ほんまに、どないなるんやろねぇ・・・!”
と語っていたことがどちらも現実の暮らしになったということです

前置きが長くなりましたが・・・・
友人たちと彼女の新居を訪ねて来ました

家の窓から見えるのは廃屋と
里山ネットワークの活動ハウス。
大阪のど真ん中から嫁いできた彼女は
朝出勤前にゴロンと寝転んで
深い深い山と空を眺めながらヨガをするのが
最高の幸せを感じる瞬間だという
ええ嫁やんか!

そやけど、雪が降ったらどないして、通うんでしょう
(豪雪で倒壊して死者が出た年もありました)
私が居るときは我が家に逃げ込めるのですが・・
トイレの壁にそっくりに描かれたふたりの似顔絵がはってあって
”物好きな夫婦やなぁ”だって・・

巣立っていった子供たちからのメッセージなのでした

みんなで、わいわいと付近を探検にでかけてみた
観音様が盗まれてしまったという古いお堂と
その景観が徳利の口から落ちてくるようだということで名づけられた銚子滝
途中、猫の土産にとマタタビの実を拾うのに夢中になっていて
気づかなかったのだが・・・・
・・・・・・・・
あっもう三時過ぎたがな!アカン、あかん、はよう寝なくちゃ
この、続きはまた・・・・・おやすみぃ・・・・zzzzzzz

今日の出来事=17 

January 21 [Mon], 2008, 11:22
           今日から・・・新車!
            トヨタからホンダ・ストリームへ・・・三河・〓〜大阪・〓へ
            納車されました、安全運転に努めます!

ちゅーがくせいっ 

January 17 [Thu], 2008, 1:55
++中学生バトン++




Q1 何年前ですか?

 
  今だよお(∵)







Q2 私立?公立?


  公 立 !







Q3 何(乗り物)で登校してた?


  歩き!I walk!←






Q4 部活は何部?


  軟式てにす※







Q5 そこで何してた?

 
  てにすだーー、








Q6 得意な科目は?


  国語と英語かしらねー






Q7 嫌いな(好きな)先生はいた?


  い る に 決 ま っ て る し ←







Q8 その先生に何かした?


  とくには(∵)








Q9 流行ってた歌は何?

  え?なにー?
  







Q10 そのころ何に(趣味)はまっていた?


  ぶろぐだっ







Q11 付き合っていた(好きだった)彼女(彼氏)はいましたか?


  ちゅーがくせーではまだいない・・・(〓)







Q12 その彼女(彼氏)は、今何してるかな?


  いないわっ






Q13 最近その人に会った?


  (〓)






Q14 教室以外にどこにいた?


  (〓)






Q15 そこで何をしていた?


  (〓)







Q16 毎日欠かさずした事は何?


  あいさつ←







Q17 ○年で卒業できた?


  まだまだ〜







Q18 ○年間の思い出を100字以内でどうぞ
  

   校歌祭つまんねかったー
  
   体育祭つまんねかった←






Q19 ファン登録してくれてぃる人全員回しましょう

   無理なんでっふりーで!!!

本牧!横浜夢語り! 

January 10 [Thu], 2008, 4:49
   ちょっと気になるチラシを発見!


   60〜70年代?時代の先端は俺たちなんだ〜なんて、^^


   まさに、団塊の世代近辺の先輩達ですね^^


   フェンスの向こうのアメリカは、そろそろ浜には無くなりますね^^


   この本牧にまだ在日米軍のキャンプが有った時代^^


   私が高校生でしたか?取り壊しを寂しく思い、当時キャンプの中に


   写真を撮りに行った記憶があります。


   小学校時代に遡れば、「ハロウィン」は代表行事でした。


   私達もアメリカ人の子供と同様にお菓子をいっぱい貰ったものです!


   今からすれば、私達は、貧困に見えたのでしょうね^^(大当たりですが^^)


   使用済みの紙の袋に穴を開けて、頭からかぶり、「チャクシュリン」やら「チェカチェイ」

   
   等と叫び上げ、キャンプ内を駆けずり回っておりました!


   そんな時代に、大人は音楽や車に明け暮れていたのでしょうね^^


   確かに、私の偉大なる音楽の神様(隣りの伯父貴)は、ちょうどそんな時代に


   青春してました。なのでブラックミュージック関係に詳しく私は完全にいかれました^^


   モータウン系やアトランティック系のミュージックに嵌ったのもこの伯父貴のおかげ^^


   本牧で最新の音楽!環境なのでしょうか?小学校時代に中古レコード屋で、古いEP版を


   買いあさってましたから^^::


   私達の感覚はそんなモノ〜〜!でもお金があった先輩は車等の遊びがハンパじゃ〜なかった!


   もっと楽しかったでしょうし^^羨ましいですよね!


   10年以上は先に生まれたかったですよ!


   でこのチラシ!


   10月20・21日で行われるイベント!


   楽しそうですね!盛り上がって頂きたい物です!


   私らは、旅行ですので行かれません^^!


   でも、本日は吉祥寺です。楽しみだな〜〜〜^^V


   

LAST ANGEL の ジェジュンさん❤ 

December 22 [Sat], 2007, 18:52
今朝のMTVで「LAST ANGEL」流れました〜❤
とってもステキです。



PVが流れたら早速キャプです。
もちろん今回も、DVDに23回納めましたよ❤
後はレーベル付けるだけです。



本日お出かけのはずでしたが、あちらから来てくれることになって、
うっれし〜❤
これで、ジェジュンと離れずに済むわ〜♪
でも、午後は出かけるんですけどね・・・



それでは、「LAST ANGEL」どうぞ〜




こんな、ダンスで・・・




こんな、キメ!!や・・・




こんな、キメキメ!!!が、あって。。。




こっからは、ジェジュンさん❤




ステキです❤




大好きです❤




そっ、それはユチョお得意のピロピロではないですか?




おぉ、右手薬指の指輪がありませんね・・・




睨まないでよ〜





この後は、



睦月の〓番王子、チャミを予定しています❤



夜になるかな・・・

クラックス 

December 15 [Sat], 2007, 15:00
なぜか改造をしながら、その合間にボーっとしながらやってますね。
アメリカのアタリが出したゲームです。
面ごとに条件があり、それをクリアするためにタイルをタテ・ヨコ・ナナメに並べて消すというもの。
自分的に面白さはちょっと感じ取れたかな〜?

HappyBirthday7 

December 08 [Sat], 2007, 10:47
土銀です。BL風です。



嫌いな方、意味の分からない方は入室しない方がいいでしょう。











「お前らァァ! 何やってんだァァ!!」



襖を開け、怒鳴り声を上げた瞬間、折り重なるようにして倒れていた隊士達が一斉にその場から飛び退いた。全員がここから一番離れた壁際まで遠ざかる。



隊士達が飛び退いたその場所には、仰向けで倒れている銀髪と、その銀髪に覆い被さるような体勢で倒れている誰かがいた。



近付いてみれば、灰色の全身タイツのようなものを着て失神している沖田だった。その姿にギョッとする。



しかし、ガシッと沖田を蹴り転がせば、その下で、やたらと肌を露出させた格好で失神している銀時の姿があって、更に驚愕した。



(何つー格好してやがる……)



慌てて、銀時にかける布を探すが、座布団くらいしか見当たらない。土方は急いで自分の上着を脱いで銀時にそれを被せた。



(……とりあえず、生きてるみてーだな)



それとなく銀時と沖田が呼吸をしているのを確認した土方は・・・。



「……お前ら、こんな所で何してやがった?」



腰に差した刀の柄に手を添えながら、壁にへばりつくようにしている隊士達に向かって聞いた。だが、誰も何も答えない。



「オイ 山崎。お前が説明しろ」



仕方なく、目に付いた山崎を指す。



「は、はい! 俺達は、万事屋の旦那の誕生会を開いてました!」



「……誕生会だァ?」



何故 銀時の誕生会を屯所内で開いているのか?



「おい、山崎。俺ァこう見えて気が短けぇーんだ。くだらねーこと言ってと、たたっ斬んぞ」



チャッ…と刀を鞘から抜こうとすれば、山崎は慌てたように更に言い訳を始める。



「わーァ!! 待って下さいっ! 万事屋んとこの新八君とチャイナ娘が、旦那の誕生日を祝いたがってるのを偶然知ったんです。旦那達とは知らない仲じゃありませんし・・・。お、俺達もそれを理由に飲めますし。だったらここで開いて、みんなで祝おうって話になったんです」



「何だとォ?」



取って付けたような言い訳に怒りが増幅する。



「ほ、本当です! 近藤局長の許可もちゃんともらってます!」



「ほぉう、近藤さんが許可を出した……と」



聞き返せば、山崎がコクコクと頷いている。他の隊士達も山崎を楯にするような体勢でコクコクと大きく頷いているのが見える。



そのふざけた一致団結に、土方はスーッと息を吸い込み、



「いい加減な事言ってんじゃねーぞ、お前らァッ!」



一気に鞘から刀を引き抜いた。



刀の剣先を向ければ、隊士達は一斉に部屋から飛び出していく。



「「「副長ォォ! 山崎が言ったこたぁ嘘じゃありやせんぜッッ!」」」



方々から同じように引き止める声が一斉に掛かる。腹立たしさに、追いかけようとしたその時・・・。



「……おい、……落ち着け。……お前……」



足元の方から、か細い声で銀時が何かを言っているのが聞こえてきた。



「気が付いたのか!?」



そのか細い声に、慌てて刀を鞘に納め、銀時の傍に駆け寄る。



聞き取れず、耳を近づければ、



「……あんまし……怒んじゃねーよ。……俺の誕生日…に、……人殺しなんかすんじゃ…ねーぞ」



相変わらず自己中で勝手な事を銀時は言った。



けれどそれは、土方の怒りを鎮めるには十分な言葉だった。









「大丈夫か?」



隊士達が遠巻きにこちらを見ている中、土方は少し苦しそうに息を吐く銀時に声を掛けていた。



「……平気…だ」



強がりからか、銀時は意外にも起き上がろうとする。



「……けど、手…貸せ……」



だが、自力で起き上がることは困難なようで、起き上がれずにいる。



「救護班の連中呼んできてやるからテメーは寝てろ」



銀時が丈夫なことは知っている。だが、隊士達の中には百キロ近く体重のある者もいる。それが約十人・・・。  一トン近い重さの下敷きになったのだ、ダメージは相当なものだろう。



その証拠に、銀時と同じように隊士達の下敷きになっていた沖田は未だに意識が戻っていない。



「バーカ、んなもん……いらねーよ」



手を貸さずにいても、銀時は諦め悪く自力で起き上がろうとする。



仕方なく・・・。



「ったく、しょーがねェーな。ほら、摑まれ」



土方は自分の手を差し出した。



・・・と。



ちょうどその時、タイミング良く。



「なんだぁ? 随分と静かだな。万事屋の誕生日祝い終わっちまったのか? まだ食いもんが残ってると・・・。アレ? どうしたお前ら?」



後から帰ってきた近藤が大広間に顔を出した。



「ん? 何やってんだトシ・・・と、あれ万事屋? って、なんて格好してんの!? って、総悟!? エェーッッ!?」



事の成り行きを解っていない近藤が、室内の異様な事態にやっと気付いたらしく、何度も驚愕の声を上げる。



だが・・・。



「……すまねぇが、近藤さん。ここは頼んだ」



今の土方には、銀時以外のことに構っている余裕はなかった。









「……ッ……」



自室に入り、ゆっくりと支えていた腕を銀時の腰から外せば、その途端、銀時は息を詰まらせて、ペシャリ…と崩れるように倒れ込んでしまった。



露出した白い肌。久しぶりに目にした銀時にクラリ…と理性が揺れるが、思った以上に銀時の状態が悪いと判断した土方は、やはり救護班を要請した方がいいだろうと考える。



立ち上がろうとして、



「……平気だって言ってんだろ……」



どこに行こうとしているのか気付いたのか、引き止められる。



「黙れ、自力で起き上がることも出来ねーくせに、何言ってやがる」



現状を指摘すれば、



「……っくッ。起き上がれる……ってッ」



逆らうように銀時は自力で起き上がってみせた。



「どんだけ意地っ張りなんだ……」



その意地に、呆れたように呟けば、



「……お前…だって。……意地っ張りだろうが……」



銀時の方も同じ言葉を返してきた。



「……違げぇーねー」



お互い意地を張りすぎて、会うどころか、夏以降、連絡すら取っていなかったのだから、意地っ張りはお互いさまだろう。



「何度か逢いに行こうと思ってたんだがな。……気付いたらもう十月になっちまってた。お前は……俺を待ってたか?」



何気なく、けれど慎重に訊いた言葉に、



「……結構…待ってたかも……」



ポツリ……と、銀時が答えた。



その返事に、土方は我が耳を疑う。



「本当か……?」



信じられなくて、独り言のように聞き返せば、



「……知ってるか? お前……俺への誕生日のプレゼントにされたんだぞ」



銀時は嬉しそうに笑いながら言った。







※         ※         ※         ※









そして一夜明け・・・。



銀時の身体は、全身を襲う激しい痛みでピクリとも動けなくなっていた。



「だから言っただろうが、酔いが醒めたら動け無くなんぞって」



土方は涼しい顔で、うつ伏せになっている銀時の腕や背中に冷却シートを貼りながら言う。



「……お前なぁ……。解ってたんなら止めろよ…な」



まさかこれほどの痛みが後から出るとは思っていなかった。解っていれば、もっと安静にしていたはずだ。



「まァ、骨や内臓は丈夫そうだから、二、三日すりゃ、動けるようになんだろ」



全くの他人事の顔をする土方に腹が立つ。



土方が痛みの元凶ではないが、安静に過ごせなかった諸悪の根源は確実に土方だ。



「……やっぱり、お前とは合わねェーわ、俺」



クソッ、という八つ当たり的な気分を口に出せば、



「合うも合わねぇーもねェーだろう? なんせ俺は、お前への誕生日プレゼントらしいからな」



とうに過ぎた昨夜のことを掘り返してきた。



それだけならまだしも・・・。



「俺としちゃァ、まだ足りねぇーし。いいんだぜ、今すぐ誕生日プレゼントの追加を渡してやっても」



銀時が動けないのを重々知りながら、本気か冗談か区別の付かない意趣返しをしてきたのだ。



そんな土方に・・・。



「……テメー本当にヤッたら、一生会ってやんねーからな……」



銀時は唸るように念を押したのだった・・・・。






                                      おしまい






HPに戻ります





文章の見直しが出来てません><。



変な文があったら、脳内変換していただけると助かります・・・。





ふぅ・・・。
銀ちゃんの誕生日から一週間も掛かってしまいました。。。。



なのに完成した文は、とっても駄文でした><




でも・・・。



懲りずに、空白の夜の部分をUPします。



・・・・その部分は大人向けになる予定なので、HPの方にUPします。



興味がありましたら、今度の土曜日の夜頃にでもHPを覗いてみてくださいませ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:awdebo1649
読者になる
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像真那斗
» 報告忘れてました (2008年10月16日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 報告忘れてました (2008年10月12日)
アイコン画像めーたん
» 報告忘れてました (2008年10月08日)
アイコン画像りぃこ
» 報告忘れてました (2008年10月05日)
アイコン画像チャーリー
» 報告忘れてました (2008年10月02日)
アイコン画像RAOSU
» 報告忘れてました (2008年10月01日)
アイコン画像ゆりり
» 報告忘れてました (2008年09月28日)
アイコン画像ikumi
» 報告忘れてました (2008年09月26日)
アイコン画像ハム太郎
» 報告忘れてました (2008年09月22日)
アイコン画像えびふりゃー
» 報告忘れてました (2008年09月16日)
Yapme!一覧
読者になる