舞の練習しました

June 14 [Sun], 2015, 23:55
ひさびさに

それは何十年ぶり?
25年ぶりくらい

のお稽古をしました


5月下旬
その日は突然やってきました
あるファミレスの真夜中の駐車場
街灯下に舞う三つの影 

金星が大きな光を放ち
木星が見守る夜
古くて新しいものの鼓動が始まった
そんな日でした


うずまき
うずまき
うずまきりゅう



5月末 
二回目のお稽古
唄をつけ、手元にあった男ものの浴衣を身に着けて
舞う 

だんだん舞の手の意味がわかってきます

とり急ぎ、せんすは蛇腹に折ったコピー用紙と、扇ぐ用の小扇子
それでも満足感


6月6日
何故か神宮に行くことに
参拝の時 竜笛と笙の音が鳴り始め
快晴の空、白雲の縁には彩雲が

出がけに「食べて行ったら?」と差し出された
クリームスパゲッティ
二つのタッパに詰めて持参したのを
参拝後まるでおさがりのようにいただく


あ、このタッパウェア、
数年間の神宮での盆踊りに参加して
いただいたものじゃない?
と が気付く

そうでした
そして数年後に
からすの見つめるなか
神宮でスパゲティ... とは

この時期にしか見られない木々の緑
神宮の森はすがすがしい空気に溢れていました
          

三回目のお稽古をしました
「花金」といって毎週金曜日を楽しみにしはじめている
白扇子を調達し、男子たちも交えて舞います
持参した浴衣を広げてみると一つは子供用でした
くんには子供用のを着てもらうと
まるで うずまきりゅうちゃん 

扱い方を伝えたものの
が使うと一回目でこんなにくたびれるの?
という具合の お扇子

それでも5人で真剣に舞ってくれたので 許します
  


しばらくするとさんから沢山の浴衣が送られてきました
これでみんな一応着物姿で舞えるね

次のお稽古が楽しみになってきました


いよいよ4回目のお稽古
6月12日は7名+1名
二十代〜五十台女性、十代〜二十代男性のご参集
全員浴衣を身に着けて
あ、くんだけ長じゅばんを好んで身に着けて舞っていましたが
舞扇も全員に渡って、初めて少しそれっぽくなりました


一時間程度のお稽古でしたが みなさんみごとに進歩されましたので
びっくりでした

最後にはみんなの頭上に光がはしってるみたいでしたよ
この回でようやくひとくくりできたという感じで

ひとくくり
ひとくくり
おめでとう

お稽古前にはが準備してくれた食事でわいわい
お稽古後に現れたさんも浴衣を着てしばらく佇みました

翌朝、たまたま通過する道路際にあった鳥居がなんとなく気になり
通り過ぎようとしても気になり続けたので
をUターンさせ、参拝することに

そこは中の島神社というところで
国を造る神様や水の神様が祀られていました
境内の二本のハルニレがご神木ということで
きっとご夫婦なんでしょうね

そこでさっそく舞を奉納させていただきました

奉納後はハルニレから拍手をいただいた
三名が違わずそう感じたのでした
幸甚なり


12日にやってきた芍薬は
固い固いつぼみが3つ、ちょっとだけ開きかけたのがひとつだったのに
舞い終わる頃にはかなり開いていました
一緒に舞ってくれたの?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uzuryuh
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/awayui/index1_0.rdf