水泳後や海水浴後に肌が乾燥するのを防ぐには 

2016年05月25日(水) 11時30分


ジョギングなどの陸上の運動に比べて、
水の中でする運動は、カラダに負担が
かからずに済みます。

このような理由から、
多くの人が年中問わず、
スポーツセンターやフィットネスクラブで
スイミングをしています。

しかし、水に浸かっていると、
カラダは余分に入っていきた水分を
外に排出させようとする力が働きます。

水の外に出ても、カラダから水分を排出する作用は続き、
水泳後や海水浴後、風呂上がり後は
肌が乾燥しやすくなっています。

水泳後や海水浴後はしっかりと
保湿することが大切です。

ただし、この時に注意しなければいけないのは、
プールや海の塩分が気になるからといって、
洗顔もしてしまわないことです。


水にずっと浸かっていた肌は
私たちが思っている以上に
敏感になっています。

その時に洗顔をすれば、
肌を傷めてしまう原因になります。

なので、スイミングの後や海水浴後は
しっかりとシャワーを浴びて、
カラダに付着した塩分を落とすことです。

その後、肌の乾燥が気になるなら、
化粧水で肌にうるおいを与えるといいです。

間違っても、洗顔剤は使わないように注意しましょう。


ただし、ここに書いたことは、
水泳後や海水浴後の肌のケアのことです。

これ以外にも、普段から乾燥しにくくするためのケアをした人は、
水泳や海水浴後でも肌が乾燥しにくくなります。


水泳や海水浴後以外の普段のケアでは
きちんと洗顔もすることは大切です。


実は「どろあわわ」という商品は
普段の肌のケアに多くの人が使っています。

どろあわわを使うことで、
水泳や海水浴後に乾燥しにくくなったという声も
届いています。

どろあわわの詳しいことは、
下の画像をクリックしてください。
↓    ↓    ↓    ↓