BCG 

February 17 [Sun], 2008, 15:54
BCGを打ちにいってきた。始めは機嫌も良くニコニコしていたが、中待合室に入り他の赤ちゃんが泣いて

いるのを聞いて泣き出した。

眠いせいもあるため、あやしても泣き続けちょっぴり参った!

しかし、診察になったら泣きやみニコニコ!外面はいいらしい。

そして、注射。大泣き!!終わってもまた他の赤ちゃんの泣き声につられ泣いていた!

こんなに泣くとは思いもしなかった!

痛かったね、頑張りました!!

小1のがんばり 

February 13 [Wed], 2008, 5:58
まめっちょの国語のノートです。

先生が言ったそうです。

「しりとりで言葉を書いてゆきましょう。

先生が<はい、おわり〜!>と言ったら止めてね。

誰が一番たくさん書けるかな?

最初の言葉は<せんせい>です。

はい、はじめ〜!!」

















まめっちょさん・・・・最後はふりしぼって頑張りましたね。。。。

加藤さん 

January 30 [Wed], 2008, 1:54
今日の加藤さんの課題は臀筋(おしり)周りの筋肉とハム(ももの後ろ側)を鍛えることにしました。コアはかなり強く安定してました。 最後に上腕全てを鍛えました。ゴルフを私も始めてから、ピラティスの動きにエネルギーの方向性を変えてやっています。手のひらの向きを微妙に変えてアレンジしています。よほど効いたのでしょうか。帰りにコロッケのとっても美味しいお肉屋さんを教えてあげて、そこにコロッケを一緒に買いに行ったのですが、もう腕を上げる筋力が彼には残ってませんでした。レッスンの時、きつかったら回数を減らしてもいいんだよ、といっても、最後まで顔を汗まみれで頑張っている加藤さん。このつらさが明日の加藤さんのエネルギーに繋がります。

今日コースを回っていても、トーナメントプロに引けをとらないほど、精度があがってきているとの事。プロも加藤さんの強さを認めています。来年加藤さんは念願叶うでしょうと。

さやちゃん、奥さん、お父さん、お母さんの為にも頑張ってね!

エビちゃんが水槽に入りました〜^^ 

January 17 [Thu], 2008, 5:45
メイン水槽へ5匹。。。 40cm水槽へ5匹 入れてみました^^



グッピーたちがエサと間違えて 突いてこなか心配で 入れる前はどーやって入れてあげたらいいか。。。 と色々考えたけど 結局普通に入れるしかなく^^;



でも意外!!!! グッピーは何も興味を示さない! 見えてないの??^^;
とにかく 安心。。。




















これは40cm水槽のエビちゃんです^^

詩篇65 

January 10 [Thu], 2008, 13:35
牧場は羊の群れに装われ/谷は麦に覆われています。ものみな歌い、喜びの叫びをあげています。 14節

神様の祝福によってすべてのことが豊かになって感謝しなければならない雰囲気をなんとなく感じられます。神様の祝福を経験できたら誰でも賛美の歌声が大きくなるんでしょう。
今日も神様が初めから定められた安息日の祝福が皆様にありますように。

ジム・ロジャーズ〜歴史から学ぶ 

December 23 [Sun], 2007, 4:24
かつてジョージソロスと一緒にクォンタムファンドを運用(何と10年で3365%のリターン)し、冒険投資家として有名なジム・ロジャーズ氏

相場の世界にいたのは実質10年程で、その後は引退して世界中を旅するなどしていた為、その運用法は個人的には懐疑的でした。
実際、最初に読んだ本が商品先物を積極的に紹介するなどした本で、今ひとつ面白味に欠けていた為、私個人の評価としてはあまり高くありませんでした。

アメリカの金持ちが、お金に物を言わせて世界中を飛び回ったんだろうと懐疑的な見方と先入観があったのですが・・・。

最近、何気なしに「冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見」を手にとって読んでみたのですが、これが非常に面白かった。

世界各国を実際に足で歩き、目で見て体験する。しかも滞在期間は比較的長く、鋭い洞察。歴史や哲学をよく知っている方なのでしょう。過去の出来事から現在の状況を観察して、投資をどうとらえるかという事を考えています。

基本的には役人や政府の介入といったものには懐疑的で、役人天国の国を糾弾しています(日本は財政状況は厳しく試練であるという認識を述べていましたが、幸い役人天国という事は言われていませんでした。世界にはもっとひどい状況の所が山ほどあるので・・・)。

この本を読むと中国と商品先物は投資対象として面白いのかな、などと洗脳されてしまいます(が、出版されてから5年程経っていますので、状況は変ってきている)。

この方が、10年程で相場の世界から足を洗った事は正しく、真っ当な心の持ち主だったんだなと思います。
相場で一喜一憂するよりも冒険する事で肌で世界を感じ、この世のあり方を考えたかったのではないかと思います。とても人間的な人だったんですね。

投資をするに際して、歴史から学ぶという大局的な事を1つの軸として考えてみるべきで、今、私達は歴史のどの部分にいて、どちらに向かっていくべきなのか、進んでいくのか考えながら投資してみたいと思いました。

ジム・ロジャースについてもっと色々と知ってみようと思います。
同時に、歴史や哲学といったものに対する造詣や見識を深めていこうと決意を新たにしました。

登場人物その二 

December 13 [Thu], 2007, 18:50
続き・・・源氏の栄華から死までの登場人物紹介です。
《六条院の人々》
源氏:主人公。須磨から帰館後は大納言→内大臣→太政大臣→准太上天皇と出世を遂げる。
しかし晩年、若い妻(女三宮)を娶ったあたりから不幸の連続が続く。
紫の上の長い闘病生活の後の病死。三宮&柏木の不義密通、三宮出産、出家、病死した柏木に対しては憤怒や同情や昔自分が彼らと同じ藤壺への道ならぬ恋に苦しんだ過去を回想する。
やがて自らも出家を志して嵯峨へ隠棲。まもなく死去。
紫の上:ヒロイン。六条の院では春の御方と呼ばれる。源氏との間には実子はなかったが、明石の姫を養育。姫が入内し、皇子皇女を儲けてからは、その祖母として孫たちの養育に当たる。
ずっと北の方として重んじられてきたが、三宮が来てからはその座を明け渡す。
やがてそのストレスが高じて病にかかり、長い闘病生活の末死去する。
花散里:桐壺帝妃麗景殿の妹。夏の御方と呼ばれる。源氏とは夫婦関係は途絶えたが、源氏にとっては癒し系の女性。夕霧や玉鬘の養母となる。その後は夕霧の三の姫を養育する。
明石の御方:冬の御方と称される。源氏が須磨へさすらったときに知り合い、やがて関係を持つ。
源氏との間に明石の姫を儲ける。しかし、自分の身分は受領と低い身分なので、紫の上に姫を預ける。やがて姫が入内するときに世話役として参内。孫宮が生まれてからは後見役を引き受ける。

秋好中宮:六条院秋の御殿を里第とする。前東宮と六条御息所の娘。朱雀帝時代は斎宮となって伊勢にいたが、母の死後は源氏の養女となって冷泉帝に入内。后となる。

夕霧:源氏と最初の妻葵の上の息子。母は出産後に死去。その後は祖母大宮の元で育つ。
同じく祖母に養育されてた従妹の雲居雁と愛し合い、やがて二人は結婚。二人の間には8人の子供がいる。しかし、落葉の宮と恋に落ちてからは雲居雁とは一時不仲になるが、やがて二人の間を月に半分ずつ通うことで決着した。
顔は源氏そっくりだが、律儀で堅苦しい性格は母葵の血を引いてるようだ。

明石の姫君:源氏と明石の御方の娘。紫の上は養母。今上帝が東宮のときに嫁ぎ、5人の皇子皇女を儲ける。やがて源氏の夢占いの通り中宮に出世する。

玉鬘:頭の中将(内大臣)と夕顔の娘。母夕顔の死後は乳母一家とともに筑紫へ行くが、やがて上京。源氏の娘として一時六条院に引き取られる。実父内大臣とも対面し、尚侍入内直前に前から言い寄って着てきた髭黒と結ばれる。やがてその正妻となって3人の子供を儲ける。

《朱雀院の一家》
朱雀院:源氏異母兄。桐壺帝と弘徽殿大后の皇子。上皇になってからは気ままに暮らす。
出家するとき4人の娘のうち母親の居ない三宮の行く末を思い、出家後も源氏と結婚した愛娘三宮のことをいつも心配してる。
女三宮:朱雀院と、藤壺女御(藤壺の異母妹)の娘。早くに母をなくし、父院に溺愛されて育つ。その所為か、万事おっとりしてて、大人の女性としての感覚や教養は皆無で、源氏をがっかりさせる。しかし、柏木との道ならぬ恋、妊娠出産が、彼女を成長させ、出家してからは身も心も大人の女性に変身し、源氏は彼女を見直して言い寄ったりして彼女を困惑させる。

落葉の宮:女二ノ宮。朱雀院と一条の御息所娘。父院の命令で柏木の正妻となるが、夫の死後は夕霧の妻となる。

今上帝:朱雀院と承香殿女御の皇子。髭黒は伯父にあたる。明石の女御を妻とし、やがて5人の子供を儲ける。妹の三宮と同じ猫が大好き。

一条の御息所:落葉の宮母。朱雀院出家前までは更衣として仕えてた。身分は高くないが、教養ある貴婦人だった。
最初の娘婿柏木が若くして病死、次に心ならずも夕霧に言い寄られ再婚する羽目になった娘の悲運(?)を嘆きながら死去。

《他の皇族》
冷泉帝:桐壺帝末子。実は藤壺と源氏の不義の子。母亡き後母と実懇だった僧都から真実を聞かされる。その後は源氏を厚遇。在位中実子には恵まれず東宮に位を譲る。
蛍兵部卿宮:桐壺帝皇子。最初の正妻(弘徽殿大后妹か?)を亡くし、玉鬘を再婚相手にと思ってたようだが、うまくゲットできず、真木柱を妻に迎える。
《式部卿宮家》
式部卿宮:藤壺兄。紫の上父。末娘(王女御)を冷泉帝に入内させるが、結局后には立てなかった。長女は髭黒の最初の正妻だったが髭黒が玉鬘と再婚したので、それを怒り娘と孫娘(真木柱)を引き取って離婚させる。
孫娘は後に蛍兵部卿宮と結婚する。
北の方:式部卿宮正妻。王女御、長女(髭黒元妻)の母。夫の愛人の子紫の上を煙たがり、娘や自分の家の不幸は全部紫の上の所為だと思いこみ逆恨みしてる。
髭黒元妻:式部卿宮の長女。髭黒の最初の妻で、娘真木柱と息子二人を儲けたが、物の怪に長年悩まされ、夫も最初は献身的に看病したが、とうとう嫌気が差して、玉鬘と再婚する。失意の彼女は娘だけを連れて実家に帰る。
真木柱:髭黒の長女。父と母が離婚後は弟とも離れて祖父の邸に引き取られる。
蛍兵部卿宮と結婚し、娘(宮の御方)を儲けるが幸せな結婚とは言えず、夫亡き後紅梅と再婚する。
王女御:式部卿宮次女。冷泉帝妃。

髭黒大将:右近衛大将。式部卿長女の最初の夫。妻の長年の病の看病に疲れ果て、玉鬘と再婚後は彼女と離婚。二人の息子を引き取って養育してた。今上帝の伯父。後に右大臣に進む。
《太政大臣の一家》
太政大臣:元頭の中将。内大臣から太政大臣へと進む。引退後は致仕の大臣とよばれる。
一時は大反対だった娘雲居の雁と夕霧の結婚を認めたり、柏木は落葉の宮と結婚と、子供達はどんどん独立していたが、息子柏木の病死、夕霧と落葉の宮の再婚、それに怒る雲居の雁の別居騒動等結婚先でも色々問題を抱える子供達の対処に頭を悩ませたりもする。

四の姫:弘徽殿大后の妹。太政大臣の正室。柏木、紅梅、弘徽殿女御の母。

弘徽殿女御:太政大臣の長女。冷泉帝の妃。立后争いでは梅壺(秋好中宮)に負ける。

柏木:太政大臣の長男。落葉の宮夫。三宮に懸想して、とうとう関係を持ち、子供(薫)
までなすが、三宮への思いが片恋だった事実を突きつけられたり、さらに間違いを犯した事がバレ、源氏の怒りを恐れながら衰弱死する。

紅梅:太政大臣の次男。兄柏木亡き後は大臣家の跡取りとなる。

雲居の雁:太政大臣の次女。母方で育ってたが、母再婚後は父方祖母大宮に引き取られる。そこで夕霧と出会い、初恋を実らせ結婚、8人の子供を儲けるが、結婚10年で夫が落葉の宮に懸想し、再婚騒動まで引き起こしたのを怒り、子供達を連れて実家に帰るが、後に元に戻る。

大宮:桐壺帝妹。太政大臣母。娘葵亡き後は孫の夕霧や雲居の雁を養育する。

準決勝進出! 

December 08 [Sat], 2007, 3:00
今日は順当勝ちだった。

獲るべきところでしっかりと得点を重ねて、終始、余裕の試合展開。

こういう試合が出来れば、そう簡単には負けないんだけどね…

これで準決勝進出。もう一試合は出来ることになった!

ホッとしているのが正直なところ。野球は何があるかわからない。

それに、今日も無駄な送球や、曖昧なタッチプレーから相手に得点を与えてしまった。

均衡した試合では命とりなプレー…次に不安は残る。

また、3・4番に当りが出なかったのも不満。

次も心配…やはり、チャンスで廻ってくるだろうからね。

準決勝の相手は未定だが、いずれにしても簡単な試合にはなりそうもない。

大事なところで、どれだけ集中できるかが問題。

無駄なプレーからの大量失点で、流れを戻せなくなるのが怖い。



息子の打席

第1打席 センターライナー

第2打席 死球

第3打席 2塁打

センターライナーは正面だった。完璧な当りだっただけに残念。

2塁打は痛烈にライト線を破ったが、ボールデット…

フリーなグランドならば、ホームランだったね!

第4打席は前のバッターが凡打で廻ってこなかった。打てそうだったから残念。

毎試合ヒットが出るようになってきたし、早い打球が打てるようになった。

この調子ならば、次も期待できるし、活躍して決勝に進んでほしい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:awanoh1080
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像KAMI
» BCG (2008年10月22日)
アイコン画像真那斗
» BCG (2008年10月18日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» BCG (2008年10月14日)
アイコン画像猫男爵
» BCG (2008年10月12日)
アイコン画像めーたん
» BCG (2008年10月08日)
アイコン画像はにまる
» BCG (2008年10月03日)
アイコン画像きりひと
» BCG (2008年10月01日)
アイコン画像ikumi
» BCG (2008年09月23日)
アイコン画像火星の後継者
» BCG (2008年09月18日)
アイコン画像えびふりゃー
» BCG (2008年09月15日)
Yapme!一覧
読者になる