インプラント治療は全て自費診療

March 06 [Sun], 2016, 21:02
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも治療可能になっています。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。一方、インプラントは原理が全く異なります。これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
http://www.urlsbazzar.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:テル
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/avs3pa8n1mlit3/index1_0.rdf