ミネアとさゆすけ

March 11 [Fri], 2016, 12:11
育毛に良いと言われている食べ物や生活スタイルは多々ありますが、なかには「必ず押さえておきたい」ということもあります。血行促進と、それにつながる習慣について考えていくのが良いでしょう。貧血だったり血液の流れが悪いと、髪の生育を維持していくための栄養素や、発毛させるための物質が頭皮や毛根まで行き渡らず、老廃物がたまりがちになって、育毛の効果が得られにくくなります。健康的なサラサラの血液を維持し、血行を妨げない生活習慣で代謝を良くしていきましょう。適度な飲酒は血行を良くしますが、おつまみなどで塩分過多になったり食べ過ぎたりもします。暴飲・暴食や、喫煙のように血管を収縮させる習慣を控え、ストレッチなど軽い運動を毎日続けると良いでしょう。夜寝るときに何の気なしに使っている枕。それが意外と育毛や抜け毛に影響しています。枕が頭の形や首の長さに合っていないと、首周辺の筋肉が伸びすぎたりねじれたりしてしまい、大事な頭部に血液が十分送られなくなり、脳にも頭皮にも栄養が届かなくなります。枕が合わないと熟睡できないことから、体調が悪くなることもありますし、睡眠でストレスを解消できず、抜け毛が増えてくることもあります。頭皮、そして、毛髪のために、自分に合う枕を探して使用し、毎日ぐっすり寝ることが大事です。育毛のために必要な成分(栄養素)は男性と女性では異なることもあるので、クチコミや伝聞などではなく、正しい知識を身につけるようにしましょう。タンパク質、ビタミン、ミネラル、亜鉛、酵素などです。ほかに○○が良いと言われるものの中には、女性向けもあるので気をつけてください。性差があるものといえば、男性の場合は亜鉛でしょう。女性より代謝量が多いので、多くとらなければいけません。これらの栄養が不足していても本人は自覚症状がないかもしれませんが、それだけに長期的な影響は無視できません。栄養不足だと基本的な生命維持活動で手一杯で、髪や地肌など生命維持にあまり影響のないところへは栄養があまり回らなくなります。暴飲暴食を避け、バランス良い食生活やメニュー選びを意識して、髪・頭皮に豊富な栄養を届けられるよう、血行改善も心がけましょう。せっかく栄養をとっても血流が不充分ではうまく代謝が行われないため、効果が出にくいからです。食事だけでさまざまな栄養素を100%に近い状態で摂取するのは困難で、カロリー過多の状態を防ぐために、普段の食事に気をつけながら、サプリを併用するのも良いでしょう。もともと皮膚に炎症があったり、自律神経が乱れている人はより多くのビタミンを必要としますが、水溶性ビタミンは過剰摂取しても尿から排出されてしまうので、比較的副作用なく量を加減しやすいです。抜け毛の原因の一つは運動不足だといわれていますので、育毛には適度な運動をしてください。へとへとになるほどの、運動をしたら、抜け毛のために逆効果となりかねませんので、散歩や小走りくらいがふさわしいです。運動することで血行がうながされ、頭皮へ栄養がより運ばれますし、精神的なストレス解消の効果もあるでしょう。牛乳は育毛に悪影響だということが分かってきています。そのわけは、牛乳が含有するタンパク質が、動物性だからです。植物性タンパク質は多くの場合、体に良いとされ、摂取が推奨されますが、動物性については、血の流れが悪くなる働きをするので、栄養の運搬も妨げられる為、髪の先に栄養が行き渡らす、結果、抜け毛を招くのです。タンパク質は、人間が生きるうえで大切な栄養素であることはよく知られていますが、植物性のものを、なるべく摂るようにこころがけるようにしてはいかがでしょう。それに加え、亜鉛の吸収を、カルシウムが阻害し、せっかくの亜鉛が吸収されず、育毛のために活躍できなくなってしまうので、牛乳の摂取は控えたほうがよいといえます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユヅキ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる