谷川温泉でまったり

October 26 [Fri], 2012, 23:55
ープランの京都旅行を予約したすぐ後に、相方がポツリ。
温泉入りて。
おいおいとは思いつつ、こちらも実を申せばまんざらでもないワケで、急遽設定した1泊の温泉旅行でございます。
1泊入魂とまではいかなくとも、そこそこ大人の休日らしく贅沢気分を味わえる温泉宿に。
相方の希望は、いかにも温泉街というところでない方がよいと言い、私の希望としては、部屋付き露天風呂のあるお宿そして、1泊なので行き着くのに負担の少ない場所。
以上の条件を踏まえて見つけたのが谷川温泉旅館たにがわ最寄駅は上越線の水上駅。
谷川温泉は水上温泉の奥にありまして、山間のさほど大きくない温泉地です。
お宿は数軒、コンビニも近くになくて、およそ温泉街といった風情はありません。
でも、うちからはそんなに遠くなくて、寄り道し株式会社アルメイダなければ車で3時間もかからないかと。
で、そそくさと出かけて行きまして、チェックイン開始の午後3時にはチェックイン。
せっかくの温泉、満喫せにゃ笑今回の宿泊プランには、部屋付き露天風呂以外にも有料で入浴できる家族露天風呂にも入浴できる特典が付いていました。
2種類あるのですが、もちろん両方とも。
チェックインの際に、そちらに入浴する時間を予約します。
ひとつは到着早々の4時、もうひとつは食事後の10時に予約。
他にももちろん大浴場と大浴場にある露天風呂に入れます。
もう、お陰さまでお風呂三昧であります。
お部屋に案内していただき、私たちの部屋は最上階5階の一番奥。
なんか、とっても特別室感あり。
笑予想は的中しまして、とってもゆったりと広いお部屋。
なんと、露天風呂につながる部屋には、高級マッサージ機がっ部屋付き露天風呂はコンパクトな造りでしたが、カランもシャワーの出具合もよく竹に囲まれたよい風情。
ただ湯船の底半分に、大きめの玉石がゴロゴロと置かれていまして、邪魔っちゃあ邪魔。
足元がイマイチ悪くて、これがどういう意図があってのことなのかは不明です。
笑お部屋でひと休みして、さっそく予約した露天風呂へ。
右は食後に入らせていただいたもうひとつの露天風呂。
この日は8月晦日といえども、快晴で日差しが強いのなんの。
適度に日除けはあったのですが、写真のように日が差し込んできます。
かいた汗を流す程度のつもりの入り方ですが、腰を低くして動きつつ、湯船でも日陰側にいたことは言うまでもございません。
ただ、気温もけっこう高かったので、逆に汗をいっぱいかいてしまいました。
こちらの温泉のお湯は、はじめに足を入れるとかなり熱っと感じますが、湯船に浸かってしばらくすると、そんなに熱さを感じなくなります。
お湯の当たりもやわらかで、長湯しても、何度入っても、カラに負担を感じなくてとってもいいお湯です。
ちょっとクセになる泉質。
笑あと、たぶん夜に入ったお風呂の方が谷川岳側のようで、山の眺めがよかったのではなかろうかと思います。
夜だから漆黒の闇。
なんも見えんかった。
早朝の時間帯に予約すればよかったねと、相方と嘆いておりました。
家族露天風呂と、部屋に戻ってからも部屋付き露天風呂とを満喫。
でも、ぜんぜん湯当たりしないし、疲れない。
それと、相方と高級マッサージ機の取り合い。
笑これがまた、ホントに気持ちいんですよ。
もちろん無料です。
ふくらはぎまでギュッと締めてくれて、きちんと体格査定してくれるタイプなので、ピンポイントでほぐしてくれます。
私は首から後頭部にかけてのモミと、腰まわりのほぐしと、ふくらはぎの締めがくぅぅぅって感じ。
笑マッサージで夢うつつとなっている中、お食事のお呼びがかかりました。
夕食も朝食もお食事処となりますが、個室です。
畳敷きの和室ですが、和風の椅子テーブルの設え。
先付紫陽花豆乳寄せ蟹ほごし身と叩きオクラの射込みじゅん菜蒟蒻素麺美味出し前菜梅流し添え茶豆鰻小袖寿し巻きゃべつ鮑掛け鱚きす海衷トき串刺物海老西京漬け諸胡瓜梅貝旨煮お造りぎんひかり切り重ね幸魚叩きとろ蒟蒻ぼたん海老付合せごま豆腐蟹足焚き合せ丸茄子揚げ煮榛名鶏つみれ含め煮蓮根小芋姫アスパラ台の物上州牛のしゃぶしゃぶしゃぶしゃぶの前に、焼きたての岩魚の塩焼きがあったのですが撮り忘れ強肴生湯葉とモッツァレラチーズの茶碗蒸し蒸し海駐Yえ水前寺海苔餡かけ止め椀上州ちぎりっこ糀と玉蜀黍すり流し仕立デザートレモンジュレ牛乳ムースという夕食のお料理の内容でした。
翌朝の朝食はこちら。
以上、温泉三昧で上げ膳据え膳の1泊2日を満喫させていただきました。
行きがけに立ち寄った関越自動車道の赤木高原SA。
昼食は水上で寄るつもりのお店を調べておいたのですが、あまりのも美味しそうで思わず食べてしまった水沢うどん。
私は冷やし肉うどんでした。
それと、赤城牛乳塩クリーム大福これ、めっちゃ美味っ赤城乳業ではありません、赤城牛乳です。
笑冷凍されていたので、ッシュボード上の直射日光で解凍。
い感じで解凍できて、ほわやわ餡子の味わいもまろやかで、真ん中のクリームとよい相性でした。
関越下りて、水上に向かう途中にある道の駅水上町水紀行館。
ここには足湯や遊歩道があって、清流公園を周遊できます。
この辺は諏訪峡という利根川の景勝地ですが、ちょうど水不足が懸念されていたのでラフティングも迫力がイマイチそうでした。
バンジージャンプもあったのですが超やりてーっ笑写真は笹笛橋から望む、谷川岳一番奥です。
最後にお宿で笑えたなかなかの秀作グッズ。
これ、ミネラルウォーターです。
宿オリジナル。
笑ちゃんと宿の名前の入った浴衣をお召しです。
1本150円。
飲んだ空きボトル、持って帰るの忘れたので写真を撮っておいてよかった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:av8ym0fv5c
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/av8ym0fv5c/index1_0.rdf