OI

March 08 [Tue], 2011, 10:55
いわゆる。ふりん。
なのかな。これ。

金曜日に素敵オーガニックレストランでご飯食べて、それは「なんかデートみたい」って思って、
それにワンピース来ていくのがうれしくて。
太ってるとか関係ないって言ってくれるのがうれしかった。
私をかわいいって言ってくれてうれしかった。

日曜日は、コVえントGaーデンの近く美術館に行って、リいGェントパーk散歩して(寒かったけどコーヒーおいしかった)、素敵なお総菜屋さん?でおいしいバターカップ、ザクロ、カボチャの種、玄米のサラダとバターカップのキッシュ食べて、ユーストンまでバスのって、V&Aで焼き物みて、お茶して、Maryleぼneはi Stri-トのお魚屋さんで夕飯食べて、手をつなぎたいって言われて、それから、お店出るまでドキドキして、店を出て手をつないだらさらにドキドキして心臓やぶれるんじゃないかっていうくらいドキドキして、そのあとお母さんとゆをPick upしてホテルまで送って、こーひしょで待ってくれているところに言って、また手をつないで電車とタクシーで帰って。
こんな私をかわいいって言ってくれるのがありがたかった。うれしかった。
夜はドキドキしすぎて、自分の心臓の音が大きくてあんまり寝れなかった。部屋に行きたくなるくらい。

そんで今日、朝オフィスでネクタイしてるのをみてすごくびっくりして、しばらく普通に喋れなかった。昼からは慣れたけど。またNotてぃんぐ昼で、素敵な革張りのペアシートでご飯食べて、お店から手をつないで、豪邸が並ぶ、夢みたいに静かで、時々現れる教会や、桜や、そのほかの花が美しい道を、本屋さんや家具屋さん、雑貨屋さんのライトの落とされたショーウインドーをみながら羊飼いBushまで2駅歩いて、電車間違えて、逆行するのに電車一本見送って、西Aまで電車のって、そこからまた歩いて、今日は抱きしめられた。何回も。
でも今日は昨日よりは落ち着いてた。冷めてた。
はじめてしまったことに気が付いた。はじめてしまったからには、いつか終わらせなきゃいけないことも。

Abroad

January 04 [Tue], 2011, 23:03
やっぱり。
英語をきくと、話すと。好きなんだな、と思う。
どのくらい?11日か。ずいぶん長く感じる。
テレビから聞こえるドイツ語も、いつだって甘くきゅんとなる。
懐かしく、いとしく思い出せることに感謝。

そんな仕事始めの日。
しかし仕事の仕方を忘れている。
ほんとに早く帰れるのか。。。hopefully。。。

先週

November 22 [Mon], 2010, 0:22
仕事、なんとなく安定していた。
木曜は生理前恒例の超精神不安定だったが。
ないたし。
ただ場当たり的な仕事のしっぺ返しがきはじめている。

来週からは出張か。
今からなんかふあんすぎて欝になってきたな。

でもソールズベリとかスカボローフェアとか、あと仕事で聞く名前や地名も、幼いころ、初めて出会った英文学たちで
みたような、懐かしい響きのものばかり。
何度も確認していることだけど、始まりはイギリスだったんだもんね。

狂ったようにCDを借りる。まぁ6枚だけど。こんなに一気にかりたことない。

そして着ている午前2時。そしてA女史。Jわいぴ、気合とプロデューサーの意思表示がすごすぎ。

ドイツ語。やっぱ語学の勉強は楽しいね。
受かりますように。がんばるぞ。


M2M

October 27 [Wed], 2010, 23:40
彼が幸せであるように。
やってたときは死ぬほど愚痴ってたしいやだったけど、おyさんと彼には素直に感謝できる。
時間をとってなぐさめてくれた今の上司にも。。。すみません。。。
彼がLife is beautifulといってくらせないのであれば、こんな会社にいる必要はない。
ばかみたいにポジティブで前向きでいてほしい。
わたしがあなたをみて、心底感動できたように。希望が持てたように。仕事にほんの少し前向きになれたように。
彼のためにがんばりたいと思わせてくれたように。
私の美しかったドイツ生活、そのもの。
You were my last hope, last shining star in this exausted real life...



お母さんが心配。。。

MM

October 26 [Tue], 2010, 22:23
が日本に来た。
顔を見た瞬間、うれしすぎて、うれしすぎて、ものすごく素直に馬鹿みたいに喜んでしまった。
だってほんとにうれしかったんだよ、、ちょっと飛びつきたいかなぁ、っていうくらいに。
ちゃんとお化粧していったんだよ。珍しく。
ちょっと太ってたけど。。記憶よりかっこよくなかったけど。。
でもうれしかった。またあえて。本当によかった」。
部屋に押しかけていってお話できて、それもうれしかった。「4日もあるからまた話す時間いっぱいあるよ」って言ってくれたのも。
本当にうれしかった。

でも、彼の顔を見たら、先週ようやく持ち直した、諦めがつきかけてた、今の仕事に対して、気持ちが逆戻りしてしまった。
なんでだろう。彼が楽しかった時代の象徴だからかなぁ。
今の生活のいやさのコントラストを強くするからかなぁ。

そして最終的には帰りに泣いてしまったけど。
今思うと、なんでだろ。そういうの、病気なのかな。
私がMMのフルアテンドしたかったのに、なんで私、UKポルトガルとかわけわかんないことやってんのかとか。
しかもさらにわけわかんないE社のやつの受け入れアレンジとか(完全に押し付けだろ、あの女)
分けわかんない中東の国のこととか。
あげくのはてになんでわたしがPTの件報告しないといけないのかとか。
みんな帰ってるのに、どうして私だけ毎日残業なのかとか。
そういうの、たまって泣けてきた。
今はすこし冷静になってるけど。。
お母さんに話しながら、どっかさめてたし。。

明日もちゃんと会社いこう。
お化粧ちゃんとして。
楽しいこと数える暮らし、したい。



やちん

October 23 [Sat], 2010, 3:19
みみがせいりょうがないことと、エンジェルがコリンズより筋肉質かつ顔がでかい、という点を除けば、基本的によくできていた。やっぱり生はちがう。必死で生きること、力強く生きること。。。そういうシンプルなことがよく伝わった。

楽しんで、っていってくれてありがとうございました。

ひとり

September 18 [Sat], 2010, 1:55
ひとりでいるのがつらい。
ひとりぼっちなきがする。
誰かに頼りたい。
助けて。

わけのわからない会社の飲み会にこれから付き合わなければならないのだろうか。
馬鹿な、まだ可愛いつもりのおばさんが時代遅れなかんじできゃあきゃぁぶりっこっして話し続けたり、
秘書くんだりで上司にためぐちえらそうに聞いたり幸せそうにしてるのとか、いみがわからない。
だから会社なんて嫌い。
早く決めたい。

泣きたいくらい誰かにそばに居て欲しい。
それだけ。
お願い。
慰めて欲しい。誰かに頼りたい。

最後のライベクーヘン

August 27 [Fri], 2010, 4:00
昨日の夜から(もっと前からかも)明らかに風邪を引いている。
喉が痛い。

なんだろう。
本当にやりきれない。
あと一週間しかないのに、何も上手く考えられない。

今日Yさんに語ったことも。
あんなに一生懸命、本社にいる人間でさえ、希望も持たず、「できるわけない」と思ってやっている仕事を、
本気で信じて一生懸命やってくれていた人を失望させてしまっている。
MMのあんな顔、みたくなかった。

この一年。
なんだったのかな。

そして。
ホントに帰任遅れるんだろうか。
今まで現実味のかけらもなかったのだけど、今日、また言われて、ちょっと怖くなってきた。
お母さんとお父さん。
京都。

Running biz

August 24 [Tue], 2010, 21:38
SKさんのメッセージに返信しながら。
そうか、会社ってこんな風に動いてるんだな、と思う。
上からの指示。
プレスリリースはよんでなくても、意外と現場もそう動いてる。
そうやって人を動かす人が、社長と自分の間にいるんだなぁ。
当たり前なんだけど。
うん。なんか、妙に気づいた。

ガジェット

July 23 [Fri], 2010, 21:56
帰ったら、ノートPCと携帯買いたい。
ノートPCは、どこにでも連れて行ける、軽いもの。
カフェ、旅先。。。
携帯はなぁ・・・たぶん、Anywhereなんだけれども。
ぐっと来るデザインがない。
会社のメール見れるようにしたいけど、それは会社契約端末じゃないとセキュリティ上無理だしな。
なんて、こんなこと考えるなんて私も立派な仕事中毒。
違うよ、仕事きらいなんだけど。。
PC持ち歩きたくないんだよ。
会社はなれてPC見るなんて考えられなかったのになぁ。。

あとエスプレッソマシン。ミルクも泡立てれるやつ。
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/av57carnot/index1_0.rdf
P R