直井由文でショウジョウトンボ

December 16 [Fri], 2016, 13:21
探偵に不倫調査をしてもらったあとで、オプション料金が発生することがあります。ただ、普通は契約書に、追加料金について記載されているでしょう。
したがって契約書にはよく目を通して理解しておくべきでしょう。



よくわからないことがあれば、契約書にサインする前にしっかり確認するのも重要ではないでしょうか。本人が知らないうちに、客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。



浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠として扱われません。浮気調査を探偵が依頼されたときは、超小型のカメラを用意するなどして相手が気づかないうちに十分証拠となる写真を撮ることができます。
同じ電話番号の人から何度も取っていたりその電話番号に掛けていたりしたらそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性が非常に高いと言えます。



その後、その電話番号の持ち主を調べればいいのですね。ですが、気の回るパートナーですと、電話での連絡を浮気相手ととったのちには通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。もし浮気をする曜日、時間がはっきりしているのならば、調査期間は短くなりますので、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。



ですが、いつ浮気をしているか気づいている場合でも、知人に相談して証拠の写真をゲットしてもらおうとしたって、骨折り損になることは確実です。
ひそかに証拠を握りたいときにはやはり探偵にお願いするのが最も確かな方法でしょう。興信所に持ち込まれる案件の多くは、浮気の追跡調査です。
それをベースに探偵の調査手法を具体的に説明しますね。

調査方法の基本としては、事前にクライアントから話を聞き、調査対象の追尾を行います。

対象に気づかれては元も子もないので、浮気しそうな日を絞って浮気の裏付けをとります。一番明らかな証拠は写真ですね。

完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と手を切らせる方法としては、きちんとした不倫の裏付けをとって、双方に慰謝料の支払いを求めるというのが最も効果的です。

浮気している当人たちはゲームのつもりだったり、考えなしにやっているケースも多いですから、慰謝料を求めることにより、彼らがやったことの反省を促すことができるのなら、ぜひやってみるべきです。
中堅どころの探偵社に探偵として勤務している者です。一番多いのは浮気の調査ですね。
もちろん、その証拠を集めるには調査に慣熟したプロであることのほかに、勘や要領の良さも不可欠だと思います。その上、突発的な事態に対し、速やかに対処する判断力も大事です。


なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、クライアントの利益を損なうことに繋がるため、常に細心の注意を払うことは言うまでもありません。


不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。


離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。
さらに、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要とされます。無関係な人からみても明らかな不倫の証拠を用意しなくてはいけません。
配偶者の浮気を興信所に調査してもらうときは、最終的に何を目的にしていて、どうしたいかをきちんと話し合っておく事が重要です。

パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかをあきらかにしておかなければなりません。


その希望次第で探偵の調査内容に違いが出てくるので、あらかじめ明確にしておきましょう。

一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、従来は発信機がありましたが、いまは高性能GPSの利用が進み、古い無線発信機に頼っていた頃と比較すると対象車両の追跡に効果を発揮しています。


いまどきのGPSの精度はとても高く、よほど電波の届きにくいところでなければ対象の位置の把握は難しいことではありません。
高性能の小型GPSを設置することにより、時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Teru
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる