破壊され続ける英文法

September 11 [Sat], 2010, 11:43
木原光知子さんは、東京オリンピックに出た水泳選手にして、その後タレントになり、歳でクモ膜下出血で亡くなってしまったのだが、この方の出した本に『レッツスイミング』ってのがあって、(もちろん)読んでないんだけどいまだに印象深いなんたってレッツスイミングであるの後は動詞の原形が来るのは中学でも習う英文法の基本であるデヴィッドボウイが歌ったのは、であってではないだいたい気持ち悪くないんかいレッツスイミングって本のタイトルになんかするなよ時はたち石川遼がの新曲を使ったロッテのガムのに出るらしいまあそれはどうでもいいんですが、遼くんがガムを手にひとこと「チューイング」なんだか頭がくらくらしてくる今後も海外での活躍が期待される若者にこんなこと言わせていいんか誰か止める人間がいなかったのか決定権のある人間がをけたがるのかもしかしたら、デヴィッドボウイも来日公演ではと歌わされたのではなかろうか行ってないけどなんかあり得る気がしてきた
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:auzyxvitea
読者になる
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/auzyxvitea/index1_0.rdf