大窪のせいろく

September 12 [Mon], 2016, 15:03
尾行について時間による代金設定がされている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、安い料金で行うことができます。ということは、尾行を探偵に頼むなら、相手の日々の行動を観察しておく必要があります。その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って尾行をしてもらうと、探偵にも余計な手間をかけずに済み、お互いにとってメリットのある依頼になります。

実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、平均で3〜4日かかるといわれています。

確認しておきますが、これはあくまでも平均的な日数です。

調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあると思っていてください。

一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が調査の前に分かっていれば、一日で調査が終わるなんてこともあります。不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、請求額でもめるケースがないわけではありません。当初の見積りのほか、尾行の際の諸経費や別途加算代金などが組み込まれ、契約を破棄しようものなら、多額のキャンセル料が必要になることがあるからです。やはり、契約前にきちんとチェックすることを強くおすすめする次第です。料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、ほかのところを探せばよいのです。不倫の調査を興信所にさせるなら、個人情報を伝えずにやってもらうことはできませんから、少しでも良い会社を探したいと思うのは当然です。


コストダウンを追求して依頼したのは良いけれど、パートやバイトが調査をするような業者だったら、未熟な調査能力のせいで満足のいく結果が出なかったり、金銭トラブルになる危険性もあります。後悔しないために、あらかじめ情報集めをして、変な業者はふるい落としておくことが大事です。浮気の事実が判明し、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う際は、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。


たとえば、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、ラブホ入室の瞬間を捉えた写真とか、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みを証拠採用するケースが増えました。



不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまでになることもあります。

離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、額は低くなるのです。

さらに、不倫相手の方が浮気を否定するケースでは必要なのは証拠です。

無関係な人からみても明らかな浮気の証拠がなくてはいけません。
よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、もちろん、やっかみで言っているのではないです。

ただ自分がそうしたいからという理由で、よその家族を滅茶苦茶にしてきたわけで、めでたく結婚したところで、出会いのきっかけなんて言えませんし、知られたらみんな去っていくと怯えて生きていかなければいけないでしょう。不倫相手と結婚したって、興奮や癒しを求めて不倫が再発することだってあるでしょうし、安らかな気持ちには到底なれないでしょう。

同一電話番号との連絡をまた、掛けているその電話番号に掛けていたりしたらその電話の相手が浮気相手という確率はある程度間違いないと思われます。

そういったことが見受けられたらその電話番号の相手を見つけ出せばいいのです。
しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、電話での連絡を浮気相手ととったのちにはしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サクヤ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/autq4gulues6it/index1_0.rdf