鈴木渉だけどフクロモモンガ

October 25 [Tue], 2016, 12:38
引っ越しに伴う作業は、かなりの手間です。片付けは急ぐ必要はありませんが、引っ越し準備は当日までに終わらせておくべきです。ものぐさな自分は、いつ準備を始めようかと思いめぐらしても、結局ギリギリになって慌ただしく準備をする傾向にあります。

住むのに手狭になってきたマンションを引き払い、家を買うことにしましたが、契約締結をするためには印鑑証明書(及び実印)がいるのを知らずにいたので、少々驚きました。
以前、印鑑登録だけは親が代理で済ませておいてくれましたけれど、この状態、つまり別の市から転居してくる場合ですと、転居先の市で役所に赴きまた登録をしておかなければならないのです。

それを知って、急いで登録に行きましたがかなり慌てふためいたものでした。引越し業者へ引っ越し依頼をすると、見積書をもらえると思います。

問題はないケースがほとんどですが、一応確認をしておくことをオススメいたします。

その見積書にない内容にいたっては、追加料金をとられてしまう場合もありえます。



小さなことでも疑問を持った場合には、できることなら契約前に、問い合わせてみてください。年金生活になれば、誰でも今までとは全く違う生活になります。

この機会に、生活環境を変えてみるのも良いかもしれませんね。退職前のお住まいがどんなところであっても、生活パターンが大きく変われば、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。これまでのお住まいが借家や賃貸住宅の場合は月々の家賃負担について、改めて考える必要があります。

退職金などを元手に、引っ越しを考えるのも選択肢の一つでしょう。

今の住まいについては満足していますが、ここをどうやって見つけたかというと、私は近くの不動産屋さんの店舗に出向いて、物件探しをお願いしました。その不動産屋さんで、私の担当をしてくれた人が、とても懇切丁寧だったので、すぐ信頼し、おすすめとして提示された部屋の一つに決めたのでした。
近所に何軒かある他の不動産屋さんへも訪れて、部屋探しを手伝ってほしいと依頼する気でしたが、他の違う店での物件情報も、紹介できると担当の方が仰るので、お店のハシゴはせずに、帰ることにしました。


引っ越ししようと決めたのに伴い、エアコンを処分しなくてはならなくなりました。通常の賃貸物件ですと、エアコンが有ります。自分が住んでいる場所は、昔の寮だったため、エアコンは自分で付けることになっていました。今頃になって寮じゃなく、賃貸にすべきだったと後悔しきりです。引っ越しをした時に、行う手続きの一つに、転出届の申請があります。ただ、その申請が必要なのは現住所と新しい住所が違う市長村の場合です。


同様の場合は、転居届を申請します・手続きを行う日程は、引っ越しの2週間前とか引っ越し先が決定後すぐなど、市町村によって違いがありますので、早めに確認することをおすすめします。
引越しのガスの解約は、転居する日よりも前から申し込めるので、忘れないよう計画性をもってインターネット等から依頼しておう方がベストです。気をつける事は、引越し当日に立ち会いを要することがあるので、時間帯の約束に注意を払うようにしてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaede
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/auhycacrarz5zc/index1_0.rdf