債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)とは

December 25 [Mon], 2017, 0:34
債務整理で出来る法的手段は任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求の4つです。

任意整理とは、裁判所を通さずにお客様の代わりに司法書士や弁護士が 債権者(消費者金融・信販会社・カード会社・サラ金業者など)と任意の話し合いを行うことです。

個人再生とは、小規模個人再生と給与所得者等再生という2種類の手続が用意されています。
このうち、小規模個人再生とは、個人である債務者のうち、将来において継続的に又は反復して収入を得る見込みがあり、再生債権額が5000万円を超えないものが行うことを求めることができる民事再生法第13章第1節に規定する特則の適用を受ける民事再生手続のことをいいます(民事再生法221条1項)。

自己破産制度は借金(債務)を免除してもらう制度ですが、ただ借金の支払いを免除してもらうだけではなく、借金を免除してもらうために、さまざまな条件や制限を受ける場合があります。

過払い金請求とは、2006年に最高裁において事実上「グレーゾーン金利を認めない」という判決が下り、2010年には貸金業法の上限金利は利息制限法に一本化がなされました。
これにより、過払い金請求の訴訟が過熱し、請求に成功した人は100万円以上の返還を受けたり、返済中の借金が帳消しになったりと大きな話題をよびました。










P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タクミ
読者になる
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる